クルーズ旅行で必ず持って行くもの

初めてクルーズに行くことになった時、閉ざされた船の中での数日間を快適に過ごすために一体何も持って行ったら良いのだろう? と悩んだものでした。
それでなくても旅行に行く時の持ち物はいつも悩むもの。ましては未知の世界のクルーズ。

ここでは、何度かクルーズを経験した私たちが、必ずクルーズに持って行くもの、役に立つものをご紹介します。

クルーズ旅行に必ず持っていくもの

歯ブラシ/歯みがき粉


海外のホテルもそうですが、外国船で歯ブラシと歯みがき粉がアメニティとして用意されていることはまずないと思います。私たちが乗船したホーランドアメリカやディズニークルーズの各船にもありませんでした。

以前スカンジナビア航空のSAS Plus というプレミアムエコノミーに搭乗した時に、アメニティとして歯ブラシと歯みがき粉が用意されていたのでクルーズ中に使おうと思ったのですが、どうも合わなくて結局日本から持っていたものを使っていました。
やはり使い慣れているものが良いですよね。

*SAS Plus のアメニティの歯ブラシと歯みがき粉。残念ながら私には合いませんでした。

*ホーランドアメリカのZuiderdam の洗面台。アメニティは 固形せっけん、ボディーローション、ヘアーキャップ。さらにシャンプー、コンディショナー、シャワージェル。


スリッパ


歯ブラシと同じく外国船ではスリッパも用意されていることはないと思います。(スイートルームなどの料金が高い部屋は別ですが)

何泊も過ごす部屋の中では靴を履いていたくはないですよね。かといって何も履かずに部屋を歩くわけにはいかない。

ということで、必ずスリッパも持参しています。
といっても旅行の際に飛行機の機内でもらったものや、100均で売っているようなペラペラのものです。そのため、クルーズ終了時には、スリッパもお役御免ということで廃棄してきます。


携帯洗浄器(ウォシュレット)


これも必ず持参している 携帯ウォシュレット。
現代人の必須アイテムというか、旦那の必須アイテムです。笑
どこでも、いつでも使えるよう手動式のものを使用しています。価格も1,000円前後でお安いです。

外国のクルーズ船にもウォシュレットを装備してほしいものですね。

旦那愛用の携帯ウォシュレットは こちら>>>
★タンクには十分な水が入り、自分で水圧を調整できるのが良いとか(旦那談)★

 

洗濯用洗剤/洗濯バサミ


どうせ行くのであれば少しでも長く!ということで、私たちのクルーズ期間は最低7日間。さらに最近はどんどん長くなってきています。
そうなると困るのが、どれだけの洋服や下着を持って行くか。7日間であれば日数分の下着を持って行くこともできますが、2週間分となるとそうはいきません。

ランドリーがある船では、旦那の下着やアンダーシャツなどはランドリーで洗っています。(ランドリー担当は旦那)
ですが、最近乗船するホーランドアメリカの船の多くはランドリーがありません。そのため部屋にある洗面台で洗っています。(部屋で洗う場合は私が担当)
洗面台はそんなに大きくないので、周囲に水が飛び散らないように気をつけて洗います。

旅行用の小分けをしてある洗剤などもありますが、わざわざ購入するのももったいないので、自宅で使用している洗剤を持参しています。また、洗濯ばさみ、洗濯ロープなどちょっとした洗濯グッズもあると便利です。
室内は結構乾燥しているので、洗濯物をハンガーで吊ることで乾燥対策にもなります。

 

厚手のカーディガンやフリースなどの羽織るもの


船内は空調が効きすぎてかなり寒い時があります。(あまりにも寒くて、クルーズ後のアンケートにそのことを書いたこともありました)
そのため、常夏のカリブ海に行く時でも、フリースなど羽織るものやストールは必ず持って行きます。

以前、あまりにも船内が寒くて、旦那が体調を崩してしまったことがありました。
せっかくのクルーズ、体調を崩すことなく、楽しみたいですよね。

*船内は結構寒い

温泉バッグ


最近のクルーズでは必ずスパを利用しています。そのためビニール素材で濡れても気にならない温泉バッグを持参しています。

最初はスパ用だけだったのに、近頃は旦那が船内用バッグとしても使っています。ピンクの派手な花柄なので最初は恥ずかしかったようですが、今ではすっかりお気に入りのよう。船内で外国人のゲストに「cute!」とほめられたとか。
スパ用だけではなく、船内バッグとしても活躍中です。

 

目覚まし時計


室内には時計が用意されていることが少ないです。船によっては室内のテレビで時間を確認することはできますが、いちいちテレビをつけるのもめんどくさいですよね。
我が家は自宅でも使っているアラーム付きの目覚まし時計を持参しています。

 

特にフライ&クルーズの時は飛行機の預け入れ荷物の重さ制限もあるので、なるべく荷物は少なくすることを意識しています。ですが、ここで紹介したものは快適なクルーズ生活を送るために必ず持って行っています。
逆に持っていったけど、意外に使わなかったものもあります。次回はそんな持っていかなくなった物をご紹介します。

 

★クルーズ旅行記★

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブ海で Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります