Deck-6 Aft Verandah View

2013年7月13日(土) 7日目 AKST 7:15am。今朝はセットしたアラームで起きられなかった。
さすがに少し疲れも出て来たか。かあちゃんもまだベッドの中なので、さっと着替えて朝の散歩だ。
天気は曇り、極僅かだが小雨も降ってる。Navigator には、気温は17℃となってるが、寒そうだ!!
そうそう、右上の サルちゃん は、昨夜俺が作ったタオルアート.. 自慢(?)じゃないが上手いでしょ?!


朝の散歩とコーヒー&一服から戻り、しばらく部屋でのんびりしながら、Ketchikan 到着を待つ。
9:30am 過ぎ、DISNEY WONDER はトンガス海峡を航行していく。それにしても狭い海峡だ!
しばらくすると、右前方にケチカン国際空港が見えてきた。1機の水上飛行機が離陸して行く..
バンクーバーでもそうだったが、意外に短い滑走距離で離陸して行くものだ。気をつけてね~ (^^/


Deck-9 Aft
Beach Blanket Buffet

10:00am。今日は Beach Blanket Buffet で朝メシだ。Beach Blanket Buffet での朝メシは2回目。
メニューは基本的に3日前と同じなので、詳細は割愛させて頂きます。我が家は決して、グルメ(?)じゃないが、そう言えばそもそも グルメ って、どう言う意味よ..?? 語源はたぶん(?)フランス語だろうけど.. (^^;


いやいや、余計なこと(?)はさて置いて。とりあえず、この後のスケジュールを考慮して、今朝は軽めにする。
今回、クルーズの朝食で出来立てのオムレツを喰ってない。なので、今朝は Omlette Station へ向かい、出来立てのオムレツ を食べることにした (^^v
かあちゃんは、俺より更に軽めにフルーツだけにした。で、かあちゃん曰く.. フルーツ類、特にメロンは西カリブクルーズの時よりも甘くて美味かったそうだ!! (^^;


Beach Blanket Buffet での朝食を終えると、DISNEY WONDER は3番目の寄港地 Ketchikan (ケチカン)の港に接岸していた。2年前は一番端の BERTH-4 に停泊したが、今回は繁華街(?)に一番近い BERTH-1 に停泊した。で、その一番遠い BERTH(4番埠頭)には1隻の中型(?)クルーズ船が停泊している..?!


デジカメのズームで 拡大してみると.. シルバーシー・クルーズ社の SILVER SHADOW が停泊している。
バハマ船籍のクルーズ船で、総トン数は 28258ton, 乗客定員384名と、それほど大きなクルーズ船じゃないが、俺の記憶が正しければ.. って、これが一番怪しい・・?? いずれにしても、シルバーシーは $$$$ だった筈..?!


自室に戻り、しばらく休憩.. 今日、Ketchikan ではエクスカーションには参加せず、土産の買出しと街を散策する予定だ。ベランダから外の景色を眺めていると、港の対岸に 小洒落た家が見える..!!
玄関先から繋がった桟橋の先には小型ボートが係留されており、恐らく(?)水上飛行機もあったりして。2年前にも書いたが、自宅前から水上飛行機(飛行艇)に乗って出掛ける.. なんて、ちょっと憧れる (^^;

更にしばらく外を眺めていると、1隻のクルーズ船が近づいてきた。ノルウェイジャン・クルーズライン社の NORWEGIAN SUN だのようだ。2001年11月に就航した、総トン数78300ton, 乗客定員2400名。で、この船も DISNEY WONDER, SILVER SHADOW と同じくバハマ船籍のクルーズ船だ。


Deck-3 Midship
Triton’s

0:00pm。朝メシ喰ってからそれほど時間は経ってないのだが、早くも昼メシにする (^^;
と言うのも、元々の予定で今日のランチは、ここ Triton’s で食べる予定にしていた。折角のクルーズ、やっぱりいろいろなレストランに行って(喰って)みたいと思いません..?!
今回(DCL2013) Triton’s は頻繁に利用しているが、ランチで来る(喰う)のは初めてだ。


ランチの営業(0:00 – 1:30pm)が始まったばかりなので、さすがにレストラン内はまだ空いている。
先述したが、ここでのランチは今回初めて。あとは朝食に来れば、Triton’s は制覇するのだが (^^;
Triton’s はランチもディナー同様、フル・サービス.. ちょっと贅沢な気分でランチを味わうことができる。


今日の担当サーバーはインド人.. だた、大変失礼ながらこのサーバーの話す英語が解らん?!
とりあえず、まずはドリンクをオーダー.. かあちゃんは Apple Jiuce, 俺は Ginger AleAppetizers(前菜)は.. と言い(喰い)たいところだが、さすがにそこまで腹は減ってない (^^;

Appetizers(前菜)はパスしたが、かあちゃんのスープは Chilled Strawberry Soup。スープと言うより、まるで Strawberry Juice のような味わいだ。また香りもすごく良い!!
俺は French Lentil Soup。野菜やソーセージも入ってるので、若干だがボリューミー(?)


メインディッシュ.. サーモン好きな、かあちゃんは Poached Salmon。脇に添えてあるソースは、Lemon Hollandaise。マヨネーズのように見えるが、Triton’s は French Cuisine Restaurant。なので、このソース(Hollandaise)はフランス料理ではポピュラーなのだろう.. 詳しくないからね (^^;
俺のメインは Fettucine Pasta。フレンチ・レストランで、パスタってぇのも如何な物か(?)と思うが、メニューに載ってるし、美味けりゃ良いんじゃねーの..?! 少し硬めだが自家製ミートボールが美味かった。


3rd Port of Call,
Ketchikan, AK

Deck-3 Gangway

1:25pm Deck-3 Gangway から下船、3番目の寄港地、Ketchikan に上陸だ~!!
船を降り埠頭を歩いていると、トラックが近寄ってきた。Alaska Seafood と書かれている..!?
クルーズ船はそれぞれの寄港地で食材を仕入れると聞く。今夜も美味い物が喰えそうだ (^^;


当然だが、2年振りのケチカン。まずは名所のひとつ、Creek Street(クリーク通り)に向う。
埠頭から歩き出してすぐに、前から見たことのある人が歩いてきた。なんと、PALO のSasha だった!!
声を掛け話を聞くと、彼は 『(家族への電話と電子メールを書いてきた)』 と言う。クルーは本当に大変だ。

街中で消防署(Ketchikan Fire Department)を発見。シャッター越しに配備車両を覗いて見る。
まずは SUPERIOR社製のはしご車 .. さすがにはしご車はデカい!! でも30m級くらいかな..?!
アメリカの消防車は車体が黄色の物がある。何処となく違和感(?)を感じるのは俺だけだろうか (^^;


お次は CHEVROLETのRESCUE車。日本のようにトラックベースではなく、後ろにコンテナ車を連結するようだ。俺の(勝手な)想像だが、災害の種類によって連結するコンテナを換えるのだろう。
最後は FORDの救急車。ま、特にウンチクは書かないが、確か20年位前には日本でもフォードやベンツの高規格救急車が配備されていたことがあった。とりあえず、この位にしておきますか (^^;


Creek Street, Ketchikan, AK

埠頭から歩くこと約10分で、Creek Street(クリーク通り)に到着した。意外に速い(?)
ここは、とある有名なガイドブックやクルーズ誌に紹介されている、ケチカンの名所のひとつだ。川沿いにはカフェや土産物屋が軒を連ねており、有名な Dolly’s House Museum もこの先にある。


で、今日の我が家の行先はここ(Creek Street)ではない。まずは上に登るためトラムに乗る。
トラム乗場には $2 と表示されているが、辺りには何処にも運賃を払うような場所は見当たらない..?! ボタンを押さないと上からトラムが降りてこないようだ。定員12名の小さなトラムに乗って上に登る。


麓から約2分ほどで、山頂(と言ってもすぐそこだが)に到着。トラムを降りると小洒落た建物の中。
ここは Cape Fox Lodge と言うホテルの中だった。木をたくさん使った作りはとても落ち着きがある。
で、結局トラムの運賃 $2 は払わず降りちまった。麓に書いてあった料金表示は何だったんだろう (^^;


Cape Fox Lodge の外に出ると建物前には、トーテムポール(?)が建っている。
上手く表現できないが、個々のポールに刻まれた独特の紋様.. きっといろいろな意味があるのだろうが、とても興味深い。本来は旅行前にそういうことを調べてから、その土地を訪れるべきなのだろうが (^^;


地図を見ると我々の目的地はこの先にあるようなので、案内板に従い向おうとすると..!!!

突然、茂みから鹿が現れた~!!



これにはマジでいろいろな意味で驚いた。茂みでゴソゴソ音がしてるな~ とは思ったが、まさか動物(鹿)が出て来るとは思いもしない。次に考えたのは 熊 だったらどうしよう..?!
そ、そ、それにしても.. こんな人里でも平然と鹿が出て来るんだ?! あ~、びっくりした (^^;


突然の鹿のご登場に驚きを隠せず、しばらく唖然としていると.. 茂みからもう1頭出てきた..!!
2頭は何をする訳でもなく、ホテル前の中庭を悠然と闊歩していた。日本だと鹿は農作物等を喰い荒らしたり、あまり良いイメージはないが、ここ(Ketchikan)ではそう言う事ないのかな..?!


案内表示に従って目的地を目指そうとすると、その先には長くて急な階段が待っていた。折角トラムで上まで登ってきたのに、また階段で下るんじゃ、登って来た意味ねーじゃん!!
当たり前だが、地図はあくまで平面(2D)表示.. 高低差まで記してある訳じゃない (^^;


急な階段を下り、通りに出ると地元の女の人が 『(Park Ave. に出るように)』 と教えてくれた。
地図を頼りに川沿いの道(Park Ave)をあるくこと約10分.. 目的地らしき建物が見えてきた。が.. なんとな~く、様子がおかしい.. 上手く言えないが、人の気配や活気(?)を感じない..?!


Deer Mountain Salmon Hatchery

最初の目的地は Deer Mountain Salmon Hatchery.. ここは自然公園内にあるサーモンの孵化やその詳しい生態を観察したり、また傷ついた白頭鷲を保護している施設だ。
2年前(DCL2011)訪れることができなかったので、是非見学してみよう思っていたのだが..?!


エントランスに向ってみると窓口に張り紙が.. Tours Closed Until Further.. と書いてある。
その雰囲気からも、休館日 と言うことではないらしい。遥々アラスカまでやって来たのに (^^;
とある有名なガイドブックにも載ってた施設だったが、なにかの事情で閉館になってしまったようだ。


サーモン孵化場の休館を嘆いていても仕方ないので、小さな川を挟んで向いにある第2の目的地、Totem Heritage Center(トーテム遺産センター)に行ってみる。
とある有名なガイドブックにも載ってたが、ここではいろいろなトーテムポールが見学できる。


Totem Heritage Center

エントランスに向うと、窓口も開いており、他に訪問者もいるので、ここは営業してるようだ (^^;
入場料を払い館内の説明が書かれた冊子をもらう。日本語訳された物があるようなので頂戴する。
館内に入るとまずは大きなトーテムポールが出迎えてくれる。いずれもかなり年代物のようだ..?!


この他にも館内にはたくさんのトーテムポールが展示されており、中には朽ち果てそうな物もある。恐らくひとつとして同じ物は無いだろうし、それぞれの図柄は部族(で良いのかな?)毎に異なったり、表現している意味が違うのだろう。事前に予習して来れば、もっと深く理解できるんだろうな~?!


また館内の一角には、伝統的な(?)衣装やお面、狩猟の時に使っていた(?)道具なども展示してある。
2年前アラスカに来た時は何とも思わなかったが、今回 こう言う図柄 に心魅かれるのはなぜだろう..?!
とても長い時間、見学していたように見えるかもしれないが、実際には30分弱で見学は終了した (^^;


街に戻ろうとトーテム遺産センターを出ると、雨が降って来ちまった。しかも割と本降りだし..!?
一応傘とレインコートは携行して来たが、しばらく軒下で待機。多少小降りになったところで出発する。
通り(Park Ave)を歩いていると、川沿いに小洒落た家が幾つもある。でも川が氾濫したら怖いよね?!


庭がすっげー広い家が売りに出されている。日本だったら、ここにあと2軒くらい家が建ちそうだ..?!
日本と違って国土の広い北米大陸。きっと価格も安いのだろうが、アラスカに家買ってもね~ (^^;
復路は山の上に戻らず、川沿いを歩いて Creek Street に向う。それにしてもこの道、狭くね~?!


通り(Park Ave)を歩いていると、前から DISNEY CRUISE LINE のツアーバスが来た。
これからトーテム遺産センターに行くのだろうか..?! そうそう.. サーモン孵化場はやってないよ~!!
Creek Street 入口前にあるトンガス歴史博物館には、いろいろな絵画や彫刻などが展示されている(らしい)が、少し疲れて来たのでパス。雨も上がり、このあとは土産物を物色して、船に戻ることにする。


クリーク通りに戻り、早速土産物の物色を始める。まずは橋を渡ってすぐのアートギャラリーだ。
このショップ、2年前は中に入らなかったが、窓越しに筋子の箱 が置いてあったショップだった。店内を覗いてみるが、我が家が望むアラスカ・チックな絵(?)もあったのだが.. お値段が $$$$ !!
そうそう、写真はないが店内には今でも 筋子の箱 があった。中に筋子は入ってないけどね (^^;


お次は Salmon Market。クルーズ誌のアラスカ特集で、ケチカンが紹介されるとよく出る店だ。ただ実際の店は写真で見るより(大変失礼ながら)小さい店だ。でも、そこそこ(?)お客さんがいる。
3軒目は2年前にスモークサーモンを買った、Mill St. にある Salmon Etc。とてもフレンドリーなショップで、2年前凄い大盤振る舞い(?)のオマケをしてくれた。今でも大盤振る舞いなのかな? (^^;


ケチカンの街を歩いているとよく見かけるのが、変な形をした水陸両用のバス( or 船? )だ。車体には Ketchikan Duck Tour と書かれている。海の上をガンガン行くのだろう..?!
そうそう、水陸両用バスの後ろに移っている建物。去年(DCL2012)、西カリブで何度も見た Diamonds International だった。アラスカまで進出してるとは.. 商売熱心だね~?!

埠頭の周辺にはたくさんの土産物屋が軒を連ねているが、結構同じ物を売ってたりする。我が家も2年前に Skagway で買った土産と全く同じ物が Ketchikan に売ってたしね..!?
今年も交差点には歩行者を安全に渡らせるよう、交通整理をする若者がいた!! ありがとね (^^v


KETCHIKAN, AK

埠頭中央の広場(?)には、ケチカンを象徴する銅像が飾ってある。ひとり人間が混じってますが (^^;
また広場には真新しい(?) Information Center があった。2年前にはなかったような気がする..?!
その脇に 年間降雨量や過去獲れた一番大きなキングサーモンのサイズ が書かれた案内板もある。


あれこれとショップを巡り、アラスカ・チックな絵を探し回っていたら、かなり疲れちまった.. (^^;
それでも最後にもう一軒.. と思って入ったショップで、そこそこ希望するような図柄の絵を発見した..!!
本当は昨日、ジュノーのロバート山(頂上)のショップで、とても気に入った図柄の絵を見つけたのだが、何しろ昨日は時間がなかったので、購入をあきらめた。しかもフレーム付きで35ドルと、お買得(?)..
で、その絵がどんな感じかと言うと、バンクーバー国際空港の壁にあったこんな感じの図柄 だった!

まぁ、それでもそこそこアラスカらしい(?)図柄だったので3種類購入。お値段は $$$+ (^^;
で、レジに持っていくと、そのショップのおばちゃんが包装してくれたが、それがまぁ雑だこと..?! 更におばちゃん、お釣りをくれる気配が全くない。 俺が 『(お釣りをくれ)』 と言うと、” いるの? ” と言う顔をして、皺くちゃで今にも破れそうな1ドル札数枚と小銭をくれた。それも如何な物よ..?!


3rd Port of Call,
KETCHIKAN, AK

4:15pm 約3時間の Ketchikan 散策を終え、DISNEY WONDER に戻って来た。
アラスカクルーズ最後の寄港地での上陸を終え、次に船を降りるのは2日後のバンクーバーだ。


旅を振り返るにはまだ早いが、今回はすべての寄港地で、残念ながら天候に恵まれなかった。
広場にあった案内板 じゃないが、何しろアラスカ.. 特に Skagway, Juneau, Ketchikan は、世界で一番降水量が多い地域と聞く。そう考えると2年前(DCL2011)は本当にラッキーだった (^^v


Deck-9 Midship
LIDO MARKET

一旦 Stateroom に戻り、荷物を置いて、手洗いやうがいを済ませ、Deck-9 に出場する。
出場目的はすでにお解りの通り、Deck-9 Pinocchio’s Pizzeria で、おやつタ~イム!!
因みに ピザの種類は4種類 あるが、Cheese, Pepperoni, Hawaiian をオーダー。


吹き曝しのデッキは寒いので、Deck-9 Aft の Beach Blanket の屋内テーブルに移動する。
Beach Blanket は営業時間外でも一部のテーブルを開放している。ここなら寒くないし (^^v
そうそう、ドリンクは勿論 Beverage Station で、コーラ&コーヒーを調達。さて、頂きますか?!

ピザを頂きながら、Ketchikan の景色を眺める。どうやら、また少し雨が降って来たようだ。
丘の上に Cape Fox Lodge が見える。Creek Street 側に面したゲストルームからは、クルーズ船が停泊するケチカン港がよく見えるだろう。結局、あの料金表示は何だったの..?!


埠頭には、DISNEY WONDER 乗船前のセキュリティ・チェックを待つゲストの行列が出来ている。
我が家が船に戻って来た1時間ほど前は、雨も止んでおり、セキュリティ・チェックもガラガラだった。最終乗船時間までまだ充分時間はあるが、雨の中待ってるのも嫌だよね.. 早く乗せてあげてくれ!!


Pinocchio’s Pizzeria で、おやつを食べた後、Deck-4 Future Cruise Sales Desk へ向う。
実は数日前に、来年の全クルーズ・スケジュールが掲載されているパンフレットを仕入れて置いた。あくまで来年のことなので、どうなるかは全く解らない。とりあえず(?)予約だけと言うことで (^^;

ただ、ちょっと気分が悪いのは、この時の Future Cruise Sales Desk のキャストの態度だ!! 多少(?)訛りのある英語なので、何度か聞き返した。勿論、我が家の英語力にも問題はある..

だが.. あんた、それでも営業マン..? お客の話をふんぞり返って聞いてんじゃねーよ!!
俺らが支払うクルーズ代金は、あんたの給料の一部になってることぐらい解るだろ..?
あんたのそう言う態度.. ずっと続けてたら、ディズニーの評判落とすことになるぜ..!?


この時応対した横柄な態度のキャストへの不満をブチ撒いてしまいました。で、次は東カリブに行ってみたいが、スケジュールが合わないので、とりあえず、来年春の西カリブ(DISNEY FANTASY 7泊8日)を予約した (^^v


Deck-4 Forward
Walt Disney Theatre

Michael Holly’s
” Physical Comedy “

6:00pm Walt Disney Theatre へ。今夜は Michael Holly の Physical Comedy ショーだ!
去年(DCL2012)初めてこの人のショーを観たが、その時2部構成だったので、ショートバージョンだった。
でも、今日は彼の独演会(?).. フルバージョン(?)で観ることができるが、懸念材料は英語力の問題だ?!

ボウリングの球を使ったジャグリングなどなど.. あまり英語力が無くともこの人のショーは楽しめる。途中、我が家の後列に座っていたおばちゃん(?)達.. (実は我が家の隣のステートルームのゲスト)
このおばちゃん達の笑い声(笑い方?)のほうが、とてもおもしろいこともあったけど.. (^^;


7:45pm Michael Holly の Physical Comedy を観終え、自室のベランダからケチカンの港を眺める。
小雨も降っており、トンガス海峡はすっかり霧に包まれている。我々のすぐ後ろの BERTH に停泊している NORWEGIAN SUN はまだ出港していないが、BERTH-4 にいた SILVER SHADOW はすでに出港済だ。
DISNEY WONDER もまもなくケチカンを出港する。たっぷり Ketchikan の景色を目に焼き付けますか?!


Deck-3 Midship
Triton’s

Evening Attire : Cruise Casual

8:15pm 今宵のディナーは Triton’s。そして、今宵のディナーは Taste of Alaska だ。
そう言えば今日の午後、Alaska Seafood と書かれたトラック が、荷物を搬入していた。きっと、これから出てくる料理の食材は、彼らが運んで来てくれたのだろう。う~ん、楽しみだ!!


今宵の Bread Selection は Dark Rye Bread。それと、Cucumber Yogurt Dip
ソフトドリンクはいつも通り、かあちゃんは Pineapple Juice 俺は Ginger Ale
前回、前々回もそうだったが、初日こそ好みを聞くが、それ以降サーバー達は何も聞かずにゲストが好むソフトドリンクをサーブしてくれる。まぁ、たまに間違えたりするけどね (^^;


Taste of Alaska, まずは前菜だ.. サーモン好きなかあちゃんは Trio of Salmon。スモークサーモン, グラヴラックス&サーモンカナッペロール。とにかくサーモン尽くしの一皿で、2年前(DCL2011)も食べた、かあちゃんお好みの前菜だ。
そして、甲殻類.. 特にエビ/カニ好きな俺は Alaskan King Crab Legs。記憶を手繰ってみると、やはり俺も2年前に喰っていた (^^;


俺のスープは Creamy Velvety Fish Soup。やはり2年前にも喰った、タラのクリームスープだ。
名前の通り、とてもクリーミーな舌触り.. なんて、気取った言い方は俺には似合わない。とにかく、美味い!!
メインコース、本当にサーモン好きなかあちゃんは Honey-Mastard Marinated Alaskan Salmon
2年前もそうだったが、今宵も前菜/主菜ともサーモンだ!! そう言えば、今日のランチもサーモン だった..!!


実は前から思っていたことがある.. それは、かあちゃんの前世は絶対、 だったんじゃねーかと言うことだ..?! なぜなら、まずは無類のサーモン好き.. また冬になるとやたら眠そうにしてる.. 更にかあちゃんの究極の夢は 冬眠する ことらしい。因みに秋から初冬に掛けて、食欲が増進し、身体に脂肪を蓄えるかは不明だが (^^;
え、俺の前世はなにかって..? それはもう、言うまでもなく.. もちろん、あれですよ。。。

いやいや、今宵のディナーの話に戻し.. 俺のメインは、Marinated Sirloin Steak,. 4日振りの だ!!
焼き加減はもちろん、Medium-Rare で.. さすがにサーロイン(?)だけあって、とても柔らかくて美味い (^^v
ただ今宵は Taste of Alaska なのだから、Seafood がお薦めなんじゃねーの..?! と、思うかもしれないが、Salmon 以外は、Chicken, Pork, Beef, Elk,. と言うのが今宵のメイン。今回も Elk が気になったのだが..。

最後のデザートは、今宵も夫婦揃って Taste of Alaska Sweet Temptations。その内訳は、Trio of Chocolate Truffle Torte, Poached Pear Hazelnut Cake, Vanilla Panna Cotta。

食事中、Sam や Jorge に、『(昨日の問題は解けた?)』 と尋ねるが、二人ともまだ解けないようだ。Sam はあまり解く気がない(?)ようだが、Jorge はかなり真剣に問題を解こうとしたようだ。どうだ、参ったか..?!
あまり焦らすのも悪いので Jorge にはこっそり答えとそのトリックを教えた。

すると、Sam が反撃(?)に出た..!! ” 10 10 10 = 950
10 10 10 の間に入る物を入れ式を完成させる、と言うのだが..??
隣のテーブル(あの超・可愛い娘の家族)はすぐ解けたようだが。解らん!!
かあちゃんは(iPodの)電卓で、計算してたらみんなに笑われちまった (^^;

そう言えば、この(↑)答えって、なんだたっけな。すっかり忘れちまった..?  ただ、日本人には馴染みがないので、非常に難題(?)だったような気がする。

Deck-6 Aft
Stateroom #6652

” Towel Art “

Stateroom に戻ると、いつものように Personal Navigator と Towel Art が待っている。
今宵のタオルアートは ゾウ.. さすがにこれは真似できない。と言うより(まだ?)作れない。フランシス.. このゾウ、なかなかやるじゃん!! マジでこれは見事なほどの芸術作品だ。
因みに サルちゃんズ.. 左側はフランシス、右側(サングラス)は俺が作ったサルちゃんだ (^^v

明日は早くも最終日.. 洋上日なので、船内アクティビティは勿論だが、荷物の片付けもある。
そうそう、今夜寝る前に時計を1時間進めて、PST(太平洋標準時)に戻さなければならない。。。

それでは、今夜はこの辺で.. おやすみなさい。


to be continued 8th day
At Sea, on North Pacific Ocean

Forward to 8th day

Back to 6th Day

Back to Index