Sheraton North Houston
at George Bush Intercontinental

2018年1月8日(月)

パナマ運河カウントダウンクルーズもとうとう最終日を迎えてしまいました。
あとは日本へ帰るだけです。

今日のフライトはヒューストン発10:15のANA NH173。朝食は空港でとりたいので、ホテルは7時に出発する予定。



荷物を持ってロビーに下り、チェックアウト。
ロビーにはGrab ’N’ Go Coffee Shop がありましたが、営業していませんでした。ここではスターバックスのコーヒーが飲めるようです。
またDrifters Bistro(レストラン)もあります。営業時間は朝6時(土日は6時30分)から午後2時まで。

朝7時のホテルシャトルバスで空港へ向かいます。(確かシャトルバスは30分おきに運行していたような)
特に予約する必要はなく、ロビーで待っているとバスが来たことを教えてくれます。

今回はヒューストン空港から近いということでこのホテルを選びました。実は空港からホテルへのシャトルサービスもあるのですが、空港で電話連絡してなくてはいけないということでタクシーを利用しました。

シャトルバスは他のホテルと共同のようで、既に何人か乗客がいました。ANAが入っているターミナルDまで10分程度。


George Bush Intercontinental Airport


朝早いためか空港は混んでいません。チェックインもすぐに完了。

セキュリティもEconomy / Business & First / Gold Trackとわかれていましたが、係員が1人しかいないためどこに並んでも同じ。
そもそも誰も並んでいないし。
月曜日の朝は空いている?


搭乗口を確認しに行きます。
途中、TUMIを発見。でもまだ営業前。。。
デューティーフリーもありますが、あまり購入意欲がわかない。。。


搭乗口を確認後、United のラウンジへ向かいます。
搭乗口とラウンジのターミナルが違うため、10分弱くらい歩きました。飛行機に乗り遅れないようにしないと。。。


チェックインカウンターやセキュリティは空いていたのに、ラウンジはかなり混んでいました。どこにこんなに人がいたのか!と思うほど。
空いている席を探すのも大変。

さあ!朝食です!!
と思ったけど、あまり食べる物がありません。せっかくホテルの無料朝食をとらずにきたのに、残念!
ペストリーやクロワッサンとフルーツをいただきます。

ラウンジ内ではフリーのWifiが使えます。
でもそのパスワードがわからない。。。
と思ったら、部屋の隅にはり紙がありました。(わかりづらいよ~)

さて、搭乗開始の時間が近づいてきたので、そろそろ搭乗口に向かいますか。


All Nippon Airways
NH173 to Tokyo/Narita,
Boeing 777-300ER JA781A

今日の出発は10時15分、搭乗開始は9時45分です。

搭乗口に行ってみると、かなりの人が待っています。(写真は空いている時のもの)
でも搭乗開始時間になってもなかなか搭乗が始まりません。
そのうち、車いすの方やベビーカーを使っている方たちの優先搭乗を待つ列ができ、これが今までに見たことがない大行列に!
さらにコンピュータの不具合が起こったということで、出発が遅れるという案内が流れる。。。

ようやく搭乗開始になっても、マニュアルで搭乗者リストと搭乗券を照らし合わせて確認しているので、機内に入るのも時間がかかること。。。
結局約2時間遅れで離陸となりました。


ようやく機内に入り飲み物とおしぼりをもらったら、ホッとしてしまい寝てしまいました。。。。
「温かいおしぼり」と言って配っていたけど、すっかり冷めていました。(マニュアル通りなのね~)


First Meal Service


さて1食目です。
すっかりお腹が空いてしまいました。食べるぞ~!
私は洋食をチョイス。
前菜は、グラブラックスサーモンとスモークトラウト 生ハムとメロンサラダ添え。これだけでお腹いっぱい。
メインは牛肩肉の煮込み マッシュルームソース。ブレッドはあまり美味しくなかったな。。。

< 洋 食 >
前 菜 グラブラックスサーモンとスモークトラウト 生ハムとメロンサラダ添え
主 菜 牛肩肉の煮込み マッシュルームソース
3種のブレッド バターとオリーブオイル

 



旦那は行きと同じく和食をチョイス。

< 和 食 >
前 菜 鯖千草焼き、鮟肝ゼリー寄せ、鴨味噌焼きと杏煮、とろ湯葉 べっこう餡掛け
お造り 鮪の炙り、烏賊湯引き
小 鉢 牛肉の叩き ポン酢ジュレ

 


まだまだ続きます。和食は品数が多いですね。

< 和 食 >
主 菜 金目鯛煮付け
ご 飯 ご飯、みそ汁、香の物

 


デザートはコーヒークリームエクレアと和菓子をいただきました。エクレアはちょっと固かった。。。
旦那はチーズを肴に一杯やっているようです。

でもこのあと、旦那はひどい頭痛に襲われてしまい、2食目も食べずにずっと寝ていたのでした。飲み過ぎ?


Second Meal Service


ということで、私だけ2食目をいただきます。
去年のカウントダウンクルーズの帰りの飛行機でもいただいた「とうふ屋うかい」の豆腐料理とカレーライスという組み合わせ。
旦那の頭痛は治まらず、着陸の直前まで寝てました。


2018年1月9日(火)17時成田に到着。
予定より1時間45分遅れです。

成田から乗り継ぎのある人は係員に誘導されていっていました。
私たちは電車を乗り継いで帰ります。



今回も特にトラブルも無く、無事に、楽しく旅行を終えることができました。
1年前から予約し、そして一生に一度のファーストクラス搭乗ということで、大いなる期待を持ってのぞんだパナマ運河クルーズ。終わってしまえば、あっという間の15日間でした。
そして何といっても多くのクルーとの再会や、新しいクルーとの出会いがあり、今回も彼らのおかげで楽しいクルーズとなりました。 しばらくは他のクルーズ会社には乗れそうもないですね。

★★というわけで今回のクルーズ旅行記はこれで終了です。 お読みいただき、ありがとうございました。

 

【クルーズ旅行記】

私たちが実際に体験したクルーズの旅行記はこちら。アラスカ、東カリブ海/西カリブ海、バルト海、ノルウェーフィヨルドなど楽しさいっぱい。

【空港ラウンジ体験記】ユナイテッド ポラリス ラウンジ:シカゴ国際空港

2016年12月にオープンしたシカゴのポラリス ラウンジ。これまでのユナイテッド・クラブラウンジとは本当に比較にならない位、料理の種類が大変増え、しかもとても美味しかったです。

【空港ラウンジ体験記】

成田ANA SUITE LOUNGE、成田ANA LOUNGE、ヒューストンUNITED LOUNG、JFKブリティッシュ エアウェイズ、ワシントンルフトハンザ ビジネス・ラウンジなどの体験記。

【旅行記】フィヨルドに感動!ノルウェとスコットランドを巡るクルーズ
ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。ノルウェーのフィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。