2018年4月20日(金)- その2

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ10日目。

 ここまでの旅行記は こちら >>>

釜山(韓国)の散策が続きます。
チャガルチ市場から国際市場へ歩き、次は釜山タワーをめざします。
このエスカレーターで上ります。行きはエスカレーターがありますが、下りは階段です。



エレベーターを上ると龍頭山公園に出ます。
今日はお天気が良いけど、日差しが強く、少し暑いです。


こちらが釜山タワーの入口。隣にチケットブースがあります。

展望台だけだと、大人8,000ウォン。
さらに展望台にポップコーンバケツのセットが19,500ウォン。バーガーとのセットが14,900ウォン。(ポップコーンの方が高い)
私たちは展望台だけのチケットを購入。


展望台の高さは120m。
タワーからの眺めは最高!遠くにフォーレンダムが見えます。


それにしても、建物が密集しているのがわかります。


東京までは973km。近いですね。
ちなみにノルウェーまでは8,059km、デンマークまでは8,285km、アメリカまでは11,368km。


これはエレベーターの中。
幻想的な映像が映し出されていました。おもしろい演出ですね。

釜山タワーを下りた後、龍頭山公園内にあるDFS(免税店)に。後で知ったのですが、この免税店は1週間程前にオープンしたばかりだとか。
平日ということもあり、釜山タワーも免税店もガラガラでした。
ここでお土産を購入し、ついでにトイレもお借りしました。もちろんとってもきれいなトイレでした。


そろそろランチタイム。
ということで、どこか食べるところを探します。

ここは?大久保みたいな通りをぬけて、


再びチャガルチ市場に戻ってきました。
ビルの中に食堂があると看板に出ていたので入ってみますが見当たらない。。。さらに周辺も見てみますが、どうも食べたいものがない。
近くに屋台があるということなので、それを探してみます。


BIFF広場にきました。
おお、屋台が並んでいる。

「BIFF」とは「釜山国際映画祭(Busan International Film Festival)」の頭文字をとったもので、以前 映画祭の時にはこの広場近辺の映画館や特設会場でイベントが開催されていたそうです。


映画祭に参加した監督や俳優の手形が埋め込まれています。
あまり韓国映画は興味がないので、スルーです。^^


このような屋台が並んでいます。
よーく見ると、日本語でも書かれています。


屋台を行ったり来たりした後、決めたのはこちら。
エビのバター焼き(5000ウォン)とタコの串焼き(3000ウォン)。

タコ串焼き屋台の横に椅子があったので、そこに座らせてもらい食べることに。エビもタコも美味しい!

さらに甘いものも食べたかったがピンとくるものがなかったので、甘いものはいつものように船で食べることに。
疲れてきたので、そろそろ船に戻ります。


to be continued 10th day

次の旅行記へ(day10-3)

前の旅行記へ(day10-1)

旅行記の目次へ

関連コンテンツ

 

オススメ記事