2018年4月17日(火)

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ7日目。

上海(中国)の2日目の朝。
夕べは上海に停泊。船が揺れることもないので ( 当たり前か)、ぐっすり眠ることができました。夕べからあった喉の痛みも少しは治まっているよう。

from Today’s Navigator

Weather:65°F / 18°C、Sunny
All Aboard: 2:00pm

当初All Aboard は6:00pmの予定だったのですが、2:00pmに変更になったという案内がきていました。理由は “Due to the tidal window…….” とあったので、黄浦江の潮位に関係することらしいです。 私たちは特に予定を入れていませんでしたが、ホーランドアメリカのエクスカーション以外のツアーで観光する人たちは時間調整が大変だったのでは?



船から見た外灘地区。
今日もお天気が良さそう!



こちらは浦東新区。
高層ビルが青空を突き抜けるようでダイナミックな風景。川をはさんで違った風景を見ることができまる絶好の場所に船が停泊しています。



7:30 朝食をとりにLidoへ。

普段ならLidoのラッシュアワーですが、今朝は5:30からオープンしていたのでそれほど混んではいません。
旦那はいつものお粥と増え続けるサイドメニュー。


一方の私は、ディスプレイを見てエッグベネディクトだと思いオーダーしたら、パンは自分で焼いてねと言われ、中にはさむ具だけもらった。それは卵を固めたもの?なんだかよくわからないが、エッグベネディクトにはほど遠いものだった。涙


黄浦江を見ると、ものすごい数の船が航行している。
まさしくラッシュアワー。河川が輸送の主力となっているのですね。


船から見たターミナルビル。
屋上に何かある? よーく見ると結婚式ができるスペースのようです。


エクスカーション用のバスでしょうか。
残念ながら私たちは今日も自力観光です。


クルーズターミナルからシャトルバスに乗り、Huangpu Garden という外灘(バンド)の近くにある公園まで来ました。
今日は黄浦江の対岸にある高層ビルが立ち並ぶ浦東新区へ行ってみることに。


黄浦江を渡る方法はいくつかあるようですが、私たちは Bund Sightseeing Tunnel(上海外灘観光隧道) を使うことに。
入口は昨日歩いた黄浦江の遊歩道の下にありました。


地下へ降りていき、このようなトラムに乗ります。
料金は片道50元、往復70元。
(渡し船だと1/10くらいの料金だったらしい^^;)

この日は平日ということもあるのか、並ぶこともなくすぐに乗車できました。


出発するとまもなくこんな感じになります。
トンネルの内壁には電飾の飾りがあり、いろいろな映像が映し出されます。
が、特に迫力があるわけでもなく、感動的という訳でもなく。

5分程度で対岸に到着。
さあ、浦東新区を歩いてみましょう!


to be continued 7th day – part2

次の旅行記へ(day7-2)

前の旅行記へ(day6-4)

旅行記の目次へ


オススメ記事