【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記㊳ Day13-1】桜島を見ながら鹿児島へ

2019年4月12日(金)クルーズ13日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ13日目は、鹿児島に寄港します。

ウェステルダムでのクルーズでの最後の寄港地となってしまいました。
本当に14日間なんて、あっという間ですね。

私たちにとっては、昨年のホーランドアメリカのVolendam (フォーレンダム) での日本発着クルーズで奄美大島に行って以来、二度目の鹿児島県への寄港となります。
とはいえ、昨年の奄美大島が”初” 鹿児島だった私たち。今回は鹿児島市の観光がメインとなるため、今回も事前に綿密な観光プランを作りました。
でも、ほとんどプラン通りにはいきませんでした。笑

from Today’s Navigator

Weather:  61°F/16°C、Partly Cloudy
Arrival:  8:00am  All Aboard:  5:30pm
Tonight’s Dress: Smart Casual



朝6時前。
ウェステルダムは、薩摩半島と大隅半島に挟まれた鹿児島湾(錦江湾)を進んで行きます。
正面に見えてきたのは 桜島 でしょうか。

毎回クルーズでは早起きしていた旦那ですが、今回はクルーズ初日から体調を崩してしまい、なかなか早く起きることができませんでしたが、ようやく後半になって早起きもできるようになってきました。


朝8時、ウェステルダムは鹿児島港 マリンポートかごしま に到着しました。

マリンポートかごしま は、大型クルーズ船も接岸できるように整備された国際観光船ふ頭です。
船が接岸するだけではなく、錦江湾や桜島の雄大な景観を見ながら散策できる緑地空間としても整備され、さらに災害が発生した場合の防災拠点ともなっているそうです。

桜島がとても近くに見えますね。
桜島から噴煙が見えるような。。。


今日の朝食もリドで。
お皿の隙間がないほどのてんこ盛りな旦那の朝食。


さらに足りないのでペストリーも食べる。


私はエッグベネディクトに、野菜無しのサイドメニュー。
エッグベネディクトはオーダーするとその場で作ってくれます。
以前はエッグベネディクトは数種類のメニューが用意されていたのですが、今は1種類だけになってしまっています。


船から見たクルーズターミナルです。
手前に見えるバスが無料のシャトルバスです。

ここ鹿児島でも無料のシャトルバスサービスがありました。
マリンポートかごしま から市内のドルフィンポート間を運行していました。所用時間は約25分、朝は8時30分から、最終バスは5時です。


さあ、鹿児島上陸です!

クルーズターミナルビル内ではパスポートチェックがありました。
チェック後、なぜか税関の担当官に話しかけられ、しばらく話しをしました。(初めはパスポートに不備でもあったのかとビクビクしていたのですが)
クルーズ船は揺れるのかなどクルーズのことを聞かれたり、また鹿児島では今年は桜の開花が遅く、ちょうど今が見頃だと教えてもらいました。
また桜島から噴煙が見えたと伝えたら、噴煙は毎日だよと。


シャトルバスに乗ってドルフィンポートに向かいます。

と、ファンキーな男性のファンキーなお見送りがありました。笑

バスの車内では、後ろに座っていた女性がひどい咳をしていて、風邪がうつらないかとヒヤヒヤしていました。
今回のクルーズは、神戸では真冬並みの寒さ、台湾では真夏並の暑さという体調管理が難しい旅行でしたが、今のところ体調を崩すことなくきたのに、ゴールを目前にして体調を崩したくはない!

昨年のフォーレンダムでのクルーズ旅行では、風邪を引いてしまったのか半日寝込んでしまったのでした。そのため、今回は旅行中に寝込むようなことがないよう体調管理には気を使ってきたのでした。
ですが、こんな間近で咳き込まれると防ぎようがありません。。。

実はこの日、ドルフィンポートから船へ戻るシャトルバスの中でも、再びひどい咳をしているゲストが乗車していたのでした。(恐らく往路とは別人?)
すると、通路を挟んで隣に座っていた海外から来たゲスト(恐らく欧州の人)がマスクを着用したのでした。アジア以外の人でマスクをする人がいるのを初めて見ました。


約25分の乗車後、ドルフィンポートに到着。

(A) :マリンポートかごしま (B):ドルフィンポート

ドルフィンポートは、鹿児島市のウォーターフロント 北埠頭にある複合商業施設です。
ウォーターフロントなので、目の前には鹿児島湾が広がり、フェリーなどの行き来を、さらにその先には 雄大な桜島 を眺めることができます。


でもドルフィンポートに寄ることなく、次の場所へ向かいます。

向かった先は、桜島フェリーターミナルです。

(A) :ドルフィンポート (B):桜島フェリーターミナル

ドルフィンポートから徒歩で約5分です。一本道なので迷うことはありません。
そう、フェリーで桜島に渡るのです。


鹿児島港
桜島港約15分で結ぶ桜島フェリーは、年中無休で24時間運行しています。
料金は大人が¥160、SUICAなどの電子マネーやクレジットカードも利用できます。料金は桜島港で支払います。
日中は一時間に3〜4本運行しています。


桜島が近づいてきました。
それにしても今日はお天気が良く、桜島がきれいに見えていますね。


約15分の乗船後、桜島に到着。
もちろん初めての桜島上陸です。

さあ、桜島で何をしましょうか?


to be continued 13th day

次の旅行記へ (day13-2)

前の旅行記へ (day12-4)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事