船上でのカウントダウン | ホーランドアメリカ Koningsdam (コーニングスダム)

寒い日本を飛び出し、常夏のカリブ海でカウントダウン!
年末年始をまたいで贅沢な船旅を楽しむ年越しクルーズはまた格別です。

前回の ホーランドアメリカのZuiderdam (ザイデルダム)で行ったパナマ運河クルーズ中のカウントダウン に続き、Koningsdam (コーニングスダム )での西カリブ海クルーズ中に迎えたカウントダウンをご紹介します。
その年の春にデビューしたコーニングスダムにとって初めてのカウントダウン。どのような年越しになるのか楽しみ!


カウントダウン(大晦日)の夜のドレスコードは「Gala」です。
私たちはメインダイニングでGala Dinner をいただきました。

今回の9泊クルーズの場合、航海中Gala は2回行われます。普段、Gala は洋上日(航海日)に行われるのですが、大晦日のように特別な夜の場合は洋上日でなくてもGala となります。
この日は出港2日目で昼間はホーランドアメリカのプライベートアイランドのハーフムーンケイ (Half Moon Cay) に帰港していました。まだ出港して2日目、船にもクルーにもまだ慣れていない中、大晦日を迎えてしまいました。


カウントダウンの夜は、女性はヒラヒラが着いたティアラ、男性にはロングハット(どちらも紙製)が配られます。
メインダイニングへ向かう廊下で、このティアラやハットをかぶったゲストを見た時に、どこでこれらは配られているのかと思ったのですが、ダイングテーブルにちゃんと用意されていました。

私たちはいつものGala と同じ格好で。旦那はタキシード、私はちょっとオシャレ目のワンピースです。
男性はタキシードを着ている人が結構いましたが、女性はロングドレスの人はほとんどいませんでした。ちょっとオシャレ(派手)なワンピースやスーツの人が多かったです。この時のクルーズはホーランドアメリカにしてはゲストの年齢層が低めだったためか、Gala でもカジュアルな装いの人も多かったです。
船や航路によって雰囲気はずいぶんと変わりますね。

【フォーマルとドレスコードについて 】 

カジュアルすぎるのもダメ、反対にキメすぎるのも恥ずかしい。ドレスコードは普段の生活では意識することがないですよね。
ホーランドアメリカでのドレスコード(フォーマル)の様子をご紹介します。




さあ、大晦日のGala ディナーのスタートです。
私の前菜 Smoked Salmon and Caviar on Fingerling Potato
キャビア付き!


旦那の前菜Seafood Cocktail
ジャンプシュリンプにホタテ、クラム、カニのサラダ


メインは二人とも同じ Surf ‘N’ Turf
ロブスターとフィレミニヨンです!

テーブルで、サーバーがロブスターの身を殻から切り分けてくれるのかと思ったら、初めから取り出されていました。
前回乗船した船ではサーバーが切り分けてくれていたのに。


デザートのChocolate Decadence 2017

大晦日なので、このメインダイニングでも何かイベントがあるのかと思ったら、特に何もなく。。。
そして、食事の途中から激しい眠気が襲ってきて。。。今にも寝てしまいそうになってしましました。

今夜のGala Dinner のメニューはこちら


でも別の会場でイベントがあるのです。
カジュアルレストランLido Market でのNew Year’s Resolution Buffet。なんと深夜1時まで!

ディナーを終えたばかりなので食べることはできませんが、どのようなものがあるのか偵察にいきます。
デザートだけではなく、温かいお料理やサラダ、オードブル、パンなど、普通に食事ができます。

そして結構食べている人がいるのです。でもよく考えたらファーストシーティングの人たちは5時に夕食を食べているので、この時間にはお腹が空いてしまっているのかもしれませんね。でも夜食には量が多いような。。


イベントはバッフェだけではありません。
New Year’s Eve Party という、音楽に合わせてゲストが踊るというプールサイドがナイトクラブになったような感じです。
もちろん流れる音楽は70&80年代が中心。

ゲストの多くは私たちより年配の方が多いのに、みんな元気に踊っています。
私たちは疲れてしまい、椅子に座ってその様子を見ているだけ。(眠ってしまったりしたけど)
この時間はまだカウントダウンまで1時間30分以上もあるので、まだゲストの数も少なく、ギリギリ椅子を確保できたのでした。

途中、シャンペンがふるまわれました。
なんと、このシャンペンを配っていたのが、一昨年のEurodamで会ったクルーだったのです。彼女も私たちのことを覚えていてくれました。嬉しい再会です!
お酒を飲んだら、少し目が覚めました。(笑)


12時のカウントダウンが近づくにつれ、ゲストの数が増えてきます。ゲストだけではなく、クルーもカウントダウンを祝おうとプールデッキにやってきます。デッキは歩くのも難しいほどの多くの人で埋め尽くされています。

あらかじめ椅子を確保して良かった~。周りでは、激しい椅子取り合戦(?)が繰り広げられています。(笑)


そしてカウントダウン!
スクリーンにカウントダウンと花火の映像が流れただけ。そして結局カウントダウンまでずーっと曲がかかり、そして踊っているだけでした。特にキャプテンなどからの挨拶などもなし。

それにしても年配の方が多いのに、みんな夜中まで元気だな~。


★この時のクルーズ旅行記は こちら ★

【クルーズ旅行記】西カリブで Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。寒い日本を飛び出して、キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!


 

★ホーランドアメリカでのクルーズ旅行記は こちら ★

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!