Le Cirque (ル シルク) _ Dinner | ホーランドアメリカ フレンチレストラン

Le Cirque (ル シルク)は、ニューヨークにある高級フレンチレストランです。
ホーランドアメリカのクルーズ中に1度だけ、ステーキレストランの Pinnacle Grill (ピナクルグリル)で、ル シルクのメニューを楽しむことができました。
ですが、残念ながら現在(2019年時点)は提供していません。

私たちは、2015年 Eurodam (ユーロダム)でのバルト海クルーズ、2017年 Zuiderdam (ザイデルダム)でのノルウェーフィヨルドクルーズ時にル シルクでディナーを楽しみました。
Canaletto (カナレット)や Pinnacle Grill (ピナクルグリル)よりも高いですが、とても好きなレストランだったので、無くなってしまったのはとても残念です。

それでは、懐かしのル シルクをどうぞ。



この旅行を申し込んだ旅行代理店の担当の方から、この ル シルク のステーキが美味しいと聞いていたので、乗船する前にWebから予約を入れました。クルーズ中に1回しか行われないので、早めに押さえておいたほうが良いと思ったためです。


ル シルク はフランス語でサーカスという意味だそうです。ニューヨークの店内では、サーカスに出てくる象や猿などの動物のモチーフが用いられているそうです。

高級レストランということもあり、オシャレをしているゲストも。


今夜のソムリエ。
彼(インドネシアン)は日本で働いたことがあると。それも東京の北区王子。旦那のことを「社長!」と呼んでいました。どこで働いていだんだ?笑


ウェルカムプレートも普段のピナクルグリルとは違い、ル シルク 専用のものになります。
このプレートには猿が描かれていました。


まずはアミューズ。


前菜は2人とも同じ物を。Lobster Salad “Le Cirque”

レストランの名前を冠したロブスターサラダ。大降りのロブスターはぷりぷり。これだけでも十分。


旦那のスープ。Garden Pea

グリーンピースとほうれん草のグリーンがとてもきれい。
目の前で注いでくれます。


そしてメインが登場!
クルーがテーブルの脇で切り分けてくれます。切った断面を見て、クルーも Perfect! と言っていました。


その切り分けられたものは、Chateaubriand。
これが食べたくて、ル シルク に来たといっても過言ではないほど。


一人二切れで200gくらいありそうです。
私には量が多いので、1/3ほどを旦那に食べてもらいます。
焼き加減もちょうど良く、旦那曰く、今までの中で食べたシャトーブリアンの中で一番美味しかった!!!と。

ちなみにメインはこのシャトーブリアン以外にも、Seabass、Lamb、Chicken などがあります。


旦那のデザート はStrawberry Pavlova


私は Creme Brulee “Le Cirque”

このクリームブリュレは食べ終わると、こんな感じ になるのです。レシピですね。


この時はあまり混んでいないようで、ゆっくり食事を楽しむことができました。

今夜のル シルクのメニューは こちら


部屋に戻ると Le Cirque からお礼の手紙とチョコレートが届いていました。
こんなサービスも高級レストランならでは。

いや~、大満足のディナーでした。
有料レストランなので追加フィーがかかりますが、それ以上の価値がありました。
ぜひ、また復活してほしいと切に思います。


★ホーランドアメリカの旅行記★

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブ海で Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります

Related Post

German Bierfest (ドイツ ビアフェスタ) | ホーランドアメリカ ディナーイベント... ホーランドアメリカでは、クルーズ中にその航路に合わせたディナーイベントが行われることがあります。 今回ご紹介するのは、サンクトペテルブルク、ストックホルム、ヘルシンキ、タリンなど巡った12泊バルト海...
LIDO MARKET (リド マーケット) | ホーランドアメリカ コーニングスダム (Konin... 2016年に就航し、2019年現在ホーランドアメリカにとって2番目に新しいKoninsdam (コーニングスダム)。 就航したその年にコーニングスダムに乗船し、西カリブ海へ行ってきました。 今...
日本風ランチ | ホーランドアメリカ ランチイベント... ホーランドアメリカのVolendam (フォーレンダム)で中国・韓国・日本を巡る14泊クルーズの最終日の昼に行われた日本風ランチ。 日本風ってなに? 一体どのようなものか?と興味津々で参加してみまし...
A TASTE OF ASIA (アジアンディナー) | ホーランドアメリカ ディナーイベント... ホーランドアメリカでは、クルーズ中にその航路に合わせたディナーイベントが行われることがあります。 今回ご紹介するのは、横浜発着で上海・釜山・奄美大島・那覇など巡った14泊クルーズで行われたアジアンデ...
メインダイニングでの朝食 | ホーランドアメリカ... ホーランドアメリカでは、朝食はブッフェレストランのLido Market の他に、メインダイニングでもとることができます。 Lido のように混雑していることもなく、落ち着いて食事をすることができま...
船上でのカウントダウン | ホーランドアメリカ Koningsdam (コーニングスダム)... 寒い日本を飛び出し、常夏のカリブ海でカウントダウン! 年末年始をまたいで贅沢な船旅を楽しむ年越しクルーズはまた格別です。 前回の ホーランドアメリカのZuiderdam (ザイデルダム)で行っ...