Tamarind (タマリンド) _ Lunch | ホーランドアメリカ アジアンレストラン

現在、タマリンドでの無料ランチは提供されていません

Tamarind (タマリンド) は、日本、中国、東南アジアなどから影響を受けたというアジア料理を提供する有料レストランです。
現在(2019年1月)はディナーのみを下記のホーランドアメリカの船で提供されていますが、以前は無料のランチがありました。

Eurodam(ユーロダム)
Koningsdam(コーニングスダム)
Nieuw Statendam(ニュースタテンダム)
Nieuw Amsterdam(ニューアムステルダム)
Volendam(フォーレンダム:一部航路のみ)
Amsterdam (アムステルダム:一部航路のみ)


タマリンドの無料ランチは美味しくそしてお得感もあったので、無くなってしまいとても残念です。
では、懐かしのタマリンド ランチをどうぞ。



2015年にEurodam でバルト海クルーズに行った時にタマリンドのランチを利用しました。
乗船前に予約することはできず、船に乗ってから予約しました。


これはウェルカムプレート。タマリンドの名前が入っていてステキですね。


デザート以外はすべて決まった料理が提供されます。
まずは Hot & Sour Soup。
少し酸味の効いた玉子スープです。


続いて Asian Herb Szechuan Salad。
アジアンハーブとあるので、恐らくパクチーが入っているのではないかと思いますが、あまり感じませんでした。(実はパクチーなどのエスニック食材は苦手なのです)


ワンプレートで 前菜、主菜、ご飯が提供されます。
小籠包やシュウマイ、餃子などの点心、そして野菜春巻き、エビ春巻き、クラブラングーンなど食べ慣れたものばかりです。ソースは、BBQ、ココナッツ系など4種類用意されています。
ご飯は Chinese Style Fried Rice。いわゆる炒飯ですね。


デザートは4種類の中から1品を選びました。
私たちは2人とも Coconut Ice Cream。

タマリンドのランチメニューはこちら

いずれも美味しいお料理ばかりでした。これらが無料とは本当にお得ですよね。
でも翌年の2016年末に乗船した時にはタマリンドの無料ランチは無くなっていました。また復活してくれないかなあ。



★ホーランドアメリカの旅行記★

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブ海で Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります