Walt Disney World ★WDW極上バケーションガイド★
   Walt Disney World★極上バケーションガイド★

TOP > Park Info > EPCOT 〜World Showcase〜


1982年に開園したEPCOT(エプコット)は、最新のテクノロジーを体験する展示やアトラクションを体験できるFuture Worldと、日本を始めとする世界11カ国のパビリオンが立ち並ぶWorld Showcaseの2つのゾーンで構成されています。

World Showcaseは、大きなラグーンを取り囲むように11カ国のパビリオンが建っています。各パビリオンには、それぞれの国の建築物を再現し、その中にはアトラクションやレストラン、ショップなどが入っています。 モロッコやノルウェーなどあまりなじみの無い国のパビリオンなどおもしろいですよ。

それでは、Disney's Hollywood Stuiosやヨットクラブ行きのボートが着くインターナショナルゲートウェイからご案内します。


   EPCOT 〜WORLD SHOWCASE〜   世界一周の旅を!

EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のInternational Gateway(インターナショナル ゲートウェイ) International Gateway (インターナショナル ゲートウェイ)

EPCOTにはエントランスが2つあります。ディズニーのパークはエントランスは1つだけしか作らないというポリシーだと聞いたことがあるのですが、EPCOTは広いので、ここだけは例外なのかもしれません。
ここはメインエントランスではないので、ゲートも小さく、またチケットブースも2つしかありません。 International Gatewayのすぐ脇には、Hollywood StudiosやYachtClub、BoardWalk行きのボート乗り場があります
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のDisney Traders(ディズニー トレーダーズ) Disney Traders (ディズニー トレーダーズ)

International Gatewayを入ってすぐにあるショップです。 そんなには大きくありませんが、ディズニーグッズやウェアなどが置いてあります。
EPCOTには他にもMouse Gearなどの大きなショップがあるので、買い忘れたものがあった時などに立ち寄ることが多いです。また、ショップの入り口脇には、パークガイドやタイムスケジュールが置いてあります。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のFrance(フランス館) France (フランス館)   さらに詳しくは>>>

International Gatewayから入って時計と反対に回りに進みましょう。
セーヌ川(に見た立てるらしいです)にかかる小さな橋の先にフランス館があります。
パリの町並みが再現されており、遠くにエッフェル塔が見えます。香水やかわいいキッチン用品、タルトやケーキなどがあるショップもあります。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のMorocco(モロッコ館) Morocco (モロッコ館)   さらに詳しくは>>>

タイルで囲まれたエキゾチックな建物が並びます。細かい路地が縦横無尽、網の目のようにどこまでも続くモロッコの古都「フェズ」のように入り組んだ作りになっています。 ショップにはモロッコの芸術品やじゅうたんなどの民芸品が並んでいます。 カウンターとテーブルの2つのレストランがあり、馴染みの無いモロッコ料理を楽しめます。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のJapan(日本館) Japan (日本館)   さらに詳しくは>>>

法隆寺の五重塔、厳島神社の鳥居、そして世界遺産に指定された姫路城など日本の代表的な建築物が立ち並びます。姫路城の中は三越が運営するショップやレストランが入っています。日本人にはあまり評判が良くないショップですが、日本では見られない珍しいお菓子などもあって、ちょっとおもしろいですよ。 和食が楽しめる2つのテーブルレストラン、カウンターレストランがあります。


EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のThe American Adventure(アメリカ館) The American Adventure (アメリカ館)   さらに詳しくは>>>

アメリカ建国当時の議員会館をモチーフにしたと言われる建物の中に、アメリカ200年の歴史を紹介するアトラクションと、ハンバーガーなどのファーストフードレストランが入っています。 また、クリスマスシーズンには、湖側にあるAMERICA GARDENS THEATREで、聖歌隊と50人のオーケストラの演奏からなるエプコット・キャンドルライト・プロセッショナルが行われます。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のItaly(イタリア館) Italy (イタリア館)   さらに詳しくは>>>

ヴェネチアにあるサン・マルコ広場をモチーフにしたイタリア館。ピンク色の建物ドゥカーレ宮殿や、トレビの泉を模した噴水、ローマの教会にある真実の口などが再現されています。
表にあるワゴンではティラミスやパンナコッタなどのデザートも売っています。このデザートが美味しい!
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のGermany(ドイツ館) Germany (ドイツ館)   さらに詳しくは>>>

メルヘンチックな町並みは、今も残る17世紀のフランクフルトなどがモチーフになっています。童話の世界に迷い込んだようです。ショップには陶器製のビールジョッキ、ガラス製品や、ドイツワイン、お菓子などもあります。
ドイツビールとソーセージやザワークラストなどのビュッフェ形式ドイツ料理レストランもあります。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のOutpost(アウトポスト) Outpost (アウトポスト)   さらに詳しくは>>>

アフリカの太鼓などが置いてある休憩所。
Tシャツやぬいぐるみなどや、飲み物フルーツなどを売っているワゴンが出ている時もあります。
WorldShowcasの世界1周で歩き疲れた時にここでちょっと一息入れましょう。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のChina(中国館) China (中国館)   さらに詳しくは>>>

鮮やかな色の建物は、北京にある天壇公園の祈念堂がモチーフ。建物の周りには美しい庭園が広がっています。
360度のサークルビジョンで中国の歴史や自然を紹介するアトラクション「Reflections of China」では、紫禁城や万里の長城など有名な中国の景色が楽しめます


EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のNorway(ノルウェー館) Norway (ノルウェー館)   さらに詳しくは>>>

バイキング船や教会などノルウェーの代表的な建築物が並んでいます。以前あったバイキング船は撤去されてしまいました。
World Showcase一番人気「Maelstrom」は、唯一ファストパスがあるアトラクションです。ボートに乗ってバイキングの海に出るのですが、途中の仕掛けには驚きますよ ^^;
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のMexico(メキシコ館) Mexico (メキシコ館)   さらに詳しくは>>>

メキシコの遺跡をモチーフにしたピラミッド型の建物の中に、夜空が広がるメキシコの町が広がっています。(そう、中はちょっと暗いです)中にはアトラクション、レストラン、ショップがあります。ショップにはメキシコの民芸品やアクセサリーなどもあります。「Gran Fiesta Tour Starring The Three Caballeros」は、ボートに乗ってメキシコの歴史をたどるアトラクションです。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のCanada(カナダ館) Canada (カナダ館)   さらに詳しくは>>>

首都オタワにある有名なシャトー・ローリエ・ホテルをモデルにした建物の前には、ブリティッシュ・コロンビア州の公園をイメージした庭園が広がります。 「Le Cellier Steakhous」は、WDWの中でもステーキが美味しいと評判のレストランです。なかなか予約がとれないことでも有名です。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のUnited kingdom(イギリス館) United kingdom (イギリス館)   さらに詳しくは>>>

チューダ王朝時代の様式の古い建物が並ぶイギリス館。奥に広がる庭園の一角で行われる、ビートルズのコピーバンドの演奏も楽しめます。 ショップにはタータンチェックのかわいい洋服や、サッカー関連のグッズなども置いてあります。
イギリス庶民の代表的なファーストフード、白身魚のフライとポテトフライのセットが美味しいカンターサービスもあります。
EPCOT WorldShowcase(エプコットのワールドショーケース)のTapestry of Nations(タペストリー・オブ・ネーションズ) Tapestry of Nations (タペストリー・オブ・ネーションズ)   さらに詳しくは>>>

いろいろなパペットを操りながらワールドショーケースをぐるりと一周するパレード。ミレニアムを記念して1999年10月から始まりました。 2001年には、Tapestry of Dreamsという名前に変わりました。パレードが短くなったようですが、基本的な内容は同じでした。 ディズニーキャラクターは一切登場しないのですが、とても雰囲気のあるパレードでした。ぜひ復活して欲しいです。^^

世界1周の旅はいかがでしたか? 初めのころは、あまりEPCOT(エプコット)に興味が無かったのですが、最近はWDW滞在のほとんどの時間をEPCOTで過ごしています。
特にお天気の良い日にのんびりと散策するのがお気に入りです。



   お役立ち情報!


   menu