成田国際空港からANA便(NH174)を利用し、フロリダ州フォートローダーデール国際空港(FLL)へ向かう際に経由したヒューストン・ジョージ・ブッシュ・インターナショナル国際空港での乗継についてご案内します。

注)古い情報もあります。ご了承ください。 最新情報はご利用各航空会社、空港ウェブサイト等で確認してください。


ANA便(NH174)は、ヒューストン・ジョージ・ブッシュ・インターナショナル国際空港(IAH) Terminal-D #5 Gateに到着します。

飛行機を降り、入国審査場に向かいます。
入国審査場に入ると、ESTAを取得している人とそうでない人に分かれます。我々日本人は米国入国に際して、ESTAは必須ですので、ESTA(有)に進みます。

この空港は機械による自動入国システムが導入されています。
画面の案内に従い搭乗便名、パスポート/指紋のスキャン、顔写真の撮影を行います。その際、搭乗便名が表示されない場合もありますので、その場合は係員に尋ねると良いでしょう。
機械審査完了後にはこの機械から搭乗券と同じようなサイズの用紙が発行されます。
入国審査がOKならば、用紙に丸印( ○ )が印刷されます。その場合は入国審査官のいるブースに並ぶ必要はありません。

因みに我が家は過去2回ヒューストン国際空港を利用しましたが、2016年12月、私(だっこの夫)はこの入国審査機を無事通過..。しかしながら、かあちゃん(だっこ)はマスクをした上に、指に絆創膏を貼ったまま指紋をスキャン.. 当然ですが結果は、NG( X )。
2017年12月、またもかあちゃん(だっこ)は NG だったので、したかなく私も入国審査官のいるブースに並ぶことになりました。 (^^;


入国審査完了後はエスカレーター( or 階段?)で階下のバッゲージ・クレームで荷物を引取ります。 

次は税関検査です。
税関検査官に書類を提出した後、乗継がある方は右側へ。ヒューストンが最終目的地の方はそのまま出口に向かいます。
さて、我が家は乗継です。税関を出て右側には乗継の為の手荷物際受託カウンターがありますので、再び荷物を預けます。
荷物(バッゲージ)の再受託を終えたらエスカレーターで上階へ向かい、セキュリティ・チェックを受けます。

このエスカレーターで上階のセキュリティチェックに移動します

 喫煙者の方へ

ヒューストン国際空港内に喫煙所はありません。また、乗継の場合は入国審査/税関通過後すぐにセキュリティ・チェックがあります。
よって入国審査/税関通過後、一旦空港屋外に出れば喫煙は可能かも知れませんが、その後の手続きなど面倒になるかもしれません。
世界的に喫煙(愛煙)者は日々肩身の狭い思いを強いられていますが、今のご時勢仕方ないのかも知れませんけどね?! (^^;


さて、セキュリティ通過後は乗継のためターミナルの移動です。
セキュリティを通過するとターミナル E に出ます。

セキュリティ通過後、電光掲示板があるので、乗り継ぎ便の搭乗ゲートを確認します

ヒューストン・ジョージ・ブッシュ・インターナショナル国際空港(IAH)は5つのターミナル(A/B/C/D/E)があります。
ターミナル C/D/E は徒歩での移動が可能ですが、ターミナル A/B はそれぞれ独立したターミナルなので、空港内交通システム(トラム?)での移動が必要です。
我が家は過去2回フォート・ローダーデールまで United を利用、ターミナル C からの出発でした。 
セキュリティ通過後、案内表示に従い徒歩でターミナル C の搭乗口まで向かいました。


さあ、フォート・ローダーデールまでは約3時間のフライト.. 喫煙者の方、もう少しの辛抱です。 (^^;