ホテル ネップチューン (Hotel Neptun) は、デンマーク・コペンハーゲン カストロップ国際空港からタクシーで約30分位の場所にあるホテルです。
因みにこのホテルの近く(徒歩圏内)にはコペンハーゲンでも有数の観光名所であるニューハウン(Nyhavn)があります。

2015年8月、私たちは翌々日からのバルト海クルーズの前々泊として利用しました。
私たちにとって初めてのヨーロッパ.. 日本を午前中に出発しドイツ経由でデンマーク(コペンハーゲン)に着きました。
コペンハーゲン到着は午後8時過ぎ.. 勝手が解らない空港から何とかタクシーでホテルに到着したのは午後9時30分過ぎでした。


ホテルに着いた時、外は既に暗かったのでホテルの外観は良く見えませんでしたが、驚いたのはホテルの入口に階段があること?!
チェックインを済ませ、エレベータに乗りゲストルームに向かおうとすると、なんと通路(廊下)に段差がありました。更に通路は狭くまた床が傾いて(斜めって)いました.. ゲストルームに入るとなんとも歴史を感じさせられる(?)雰囲気に少々戸惑いも。。。
あくまで個人的感覚かも知れませんが、ゲストルームの床も傾いている感じで、立っていると平衡感覚が狂いました。
これまで幾度も(数えられほどですが)海外のホテルを利用しましたが、このようなホテルは初めての体験です。


ゲストルームにはシングルベッド2台とデスク/椅子/クローゼット(?).. バス/トイレ/洗面は狭くとても使い辛いです。
また、バスと洗面の境に段差はなく、飛沫避け(?)のガラス板があるのみ.. そのため、シャワーのあとは床がビショビショでした。
これまで海外では北米(アメリカ/カナダ)系のホテルに慣れていただけあって、今回は本当に戸惑いを隠せませんでした。
初めてのヨーロッパ、更にこの日は私(ダッコの夫:旦那)の誕生日.. また個人的に思い入れ(?)のあるコペンハーゲンで迎える初めての夜なのに。。。


戸惑いを隠しきれないホテルですが、ここからコペンハーゲンの観光名所であるニューハウン(Nyhavn)はすぐ近くにあります。
到着翌日の朝は、ニューハウン(Nyhavn)を夫婦で散歩しながら街角のカフェでお茶をして.. これはどこか夢のような感じでした。またこの他の観光名所では、有名な人魚姫の像やゲヒィオンの泉/アメリエンボー宮殿なども徒歩圏内にあります。
アメリエンボー宮殿はデンマーク女王陛下のお住まいですが、宮殿の中庭では毎日午後0時に衛兵の交代式を見ることができます。


ホテルにはレストランがあり、午後3時過ぎにはコーヒー/紅茶とデザートのサービスがありました。
近くにコンビニエンス・ストアがありますが、500mlの水(ペットボトル)2本とサンドウィッチで、50DKK(¥1050 : 2015年8月)。
コカコーラ(350ml)が15DKK(¥315)と北欧の物価の高さには大変驚かせられました。

 喫煙者の方へ


ヨーロッパは日本や北米に比べると喫煙には寛容なところがあるようですが、このホテルのゲストルームは禁煙です。
喫煙はホテル玄関横に設置された場所でした。 コーヒーなどを飲みながら一服するためのテーブルがありましたが、 テーブル上の灰皿にはなぜか植木鉢(?)が逆さになって置いてありました。
またホテルの屋上にも喫煙所がありました。

 

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!