北欧・バルト海クルーズで搭乗したANA機

コペンハーゲンを出発し、北欧・バルト海の7都市を巡る12泊13日クルーズの旅行の始まりです!

今回の旅行は、自然、世界遺産、歴史的建造物、洗練された町並みと数多くの見どころがある北欧・バルト海。
12泊13日で、5カ国、6都市を巡ります。
寄港地はキール(ドイツ)、タリン (エストニア)、サンクトペテルブルク(ロシア)、ヘルシンキ (フィンランド)、ストックホルム (スウェーデン)、ヴァルネミュンデ(ドイツ)。

どのようなクルーズ旅行になるでしょうか?

 このクルーズの概要については次の記事をご覧ください。
バルト海クルーズ旅行記 | 北欧バルト海7都市を巡る旅

 

北欧・バルト海クルーズ旅行へ出発

北欧・バルト海クルーズ用の手荷物
2015年8月24日(月)
なぜか、またも玄関先に置かれたバッゲージとハンドキャリー。

3ヶ月前のゴールデンウィークにディズニークルーズ ライン(Disney Cruise Line)の東カリブ海クルーズ(旅行記は「ディズニーファンタジーで行く東カリブ海」に行ってきたばかりだが、なぜか(?)、突然(?)、しかも初のヨーロッパ、北欧・バルト海クルーズに行くことになった。

さらに今回は慣れたディズニークルーズではなく、ホーランドアメリカラインのクルーズ船に乗る!!

さて、今回初のヨーロッパ(北欧)に初めてのクルーズシップ。
果してどうなることやら (^^;


Narita International Airport
Terminal-1 South Wing

6:00am オーランドに行く時と同様の時間に自宅を出る。
火の元、戸締りの確認は確実に..?!

最寄駅から京浜xx線に乗り日暮里へ。
いつも通り(?) 7:15am のスカイライナーを予約したが、京成の窓口に行くと、『 1本早いスカイライナーにまだ空席がある 』 と駅員さんが教えてくれた。
それならば.. と言うことで、日暮里発 6:55am スカイライナー5号で成田国際空港へ向う (^^v

7:40am 成田国際空港第1旅客ターミナルに到着した。
まずは2日前に予め発送しておいた2個のデカいバッゲージを引取り、ANA カウンターへ向い、搭乗手続きを行う。
それにしても出発ロビーは物凄い人だ。年末年始/GW より多い気がする!?

だが、搭乗手続きは即完了!! 早々に保安検査を通り、出国審査場に向うと、フロアは出国を待つ人で満杯だ。
マジですげぇ!?

ANA LOUNGE ( 成田空港第1ターミナル第5サテライト4F )


免税店でいつものようにタバコを購入し、念のため本日の搭乗口(#56)を確認し、ラウンジへ。今回は久しぶりに、第5サテライト4Fの ANA LOUNGE で休憩する。

少し前に改装され、ソファーは以前のボックスタイプではなくなった。オープン過ぎてなんとなく落ち着かない..。
ラウンジ内の喫煙所も場所が移動し、眺めが良いとは言えなくなっちまったのは残念だ..?!

ANAビジネスクラスでデュッセルドルフへ

デュッセルドルフ行きのANA機
Boeing 787-881 JA827A 
Narita Terminal-1 South Wing
Satellite-5, #56 Gate

10:35am 搭乗開始時刻になったので、ANA LOUNGE を後に #56番搭乗口へ向う。

ところが予定時刻を過ぎても、搭乗が始まらない。

しばらくして、機材整備のため15分ほど搭乗が遅れるとアナウンスがあった。

ちなみに本日の搭乗予定機は Boeing 787-8、JA827A だ!! 実は Boeing 787 は初搭乗。
以前、あまり好みでないと言ったが、やっぱり新しい旅客機に乗るのは楽しみだ!!

ま、B777-300ER が1番だけどね (^^v


10:55am 機材整備も終り、搭乗開始。この機体は、3クラス仕様(C/PY/Y)だが、今日のこの便(NH209)は、BUSINESS, ECONOMY の2クラスで運用されるようだ。

B777-300ER だと、左のボーディング・ブリッジは FIRST CLASS 専用だが、今日はFIRST CLASS はないので、左側のボーディング・ブリッジを渡り L1ドアから搭乗する。

座席に着くと、CAさんが Welcome Drink を持って来た。
今日もシャンパンを頂く。

11:08am 早くも Door Close され、ボーディング・ブリッジが機体から離れていく。

11:12am そして定刻より12分遅れで、#56番スポットより Push Back を開始した。


NH209 は、誘導路を滑走路に向って地上走行して行く。

空港南側の駐機場には、ANA の B787-881(JA820A)と、貨物専用機 B767-381F/ER(JA602F)が。

だからなに? と言われても仕方ないが、なんとな~く飛行機の写真を撮ってしまう (^^;


自分で言うのもなんだが、俺は決して上級航空ファンと言えるほど造詣は深くない?!

滑走路が近づいて来た。
この時期としては珍しくRWY34L から離陸するようだ。

とその前に南から着陸機が..。
機影からは B767-300ERだと思うんだけど (^^;


11:38am NRT RWY34L より離陸。

今回は初めて乗る欧州路線。
北米路線だと RWY34L離陸後、程なくして大きく右旋回するが、欧州路線は旋回せずに高度を上げる。

離陸後5分ほど経った時、左側の遥か先に雲から突き出た物が..。

なんと富士山だった!!

本当に有名な童謡(ふじの山)の歌詞通り、
” ♪ あたまを雲の上に出し ♪ ”
ていた (^^;


そうそう、今日は久しぶりに窓側の席だ。

ANA, BUSINESS CLASS の シートがBUSINESS STAGGERED になってから、B777-300ER の座席配列は 1-2-1 だったため、中央列に座っていた。
本日搭乗 B787-8 の座席配列は少々変則的。

奇数列は 1-2-1, 偶数列は 1-1-1 と言うパターンだ。
今回偶数列を予約したので、かあちゃんは通路を挟んで中央列をひとり占め。
両側にテーブルがある 贅沢な席!!

で.. 久々の窓側だが、窓との間にテーブルがあるので、写真撮影は少々難儀だ (^^;


成田を離陸して約25分、NH209 は日本海上空へ。

程なくして、Drink Service 。
俺はいつも通りシャンパンを頂き、かあちゃんもいつも通り 香るカボス を頂いているようだ。

ちなみにシャンパンの銘柄は、フランス産 シャンパーニュ・アンリオ・ブリュット・スーヴェラン
(Champagne Henriot Brut Souverain)。
あれ、確かゴールデンウィークのクルーズ旅行にも呑んだような?!

シャンパンと一緒に頂くアミューズは、彩り穴子寄せ・ターメリック風味のマヨネーズソース, サーモンの昆布巻き, あんずの鳴門, くるみの飴, 2種のオリーブとチーズ・ハーブオイル。

ANAビジネスクラスの機内食

First Meal Service

ANAビジネスクラスの前菜ANAビジネスクラスの前菜

 

< 洋 食 >
アペタイザー京鴨生ハム 梶木のスモークの叩き仕立て・2種の大根のシフォナード風とともに
< 和 食 >
前 菜きす風干し, 鮭燻製蓮根挟み, かます黄味焼き, 合鴨ロース塩焼き枝豆
お造り鱸昆布〆
小 鉢合いまぜ

 

 

< 洋 食 >
メイン国産牛フィレ肉のステーキ・シシリアングリーンオリーブ添え ガヴィワインソース
3種のブレッド・蒜山ジャージーバターとオリーブオイル
デザート桃のムースとコンポート

 

 

< 和 食 >
メイン小鯛酒焼き
御 飯生姜御飯, 香の物 
汁 物味噌汁


デザートはかあちゃんと同じ、桃のムースとコンポート。

チーズと一緒に白ワインを頂いたが、さすがにこの便(NH209)はヨーロッパ路線。
カリフォルニア産のワインは積んでなかった (^^;


First Meal を食べ終え、コーヒーを飲みながら窓の外の景色を眺める。

大変失礼ながら今日は、個人的に興味をそそるTVプログラムがない。
LIFE 以外は、ドラマ GOOD LUCK! があるが、GW(DCL2015)に全10話観たので、さすがに10時間かけて観ようとは申し訳ないが思えない。

そう言う時は、飛行機に乗った時の俺の流儀(?)として、Flight Navigation を流しておく?!


因みに今はロシア:ハバロフスクの上空、高度 40,000f を飛行中だ。

またあくまで個人的な見解なので誤解無きよういただきたいが、レンタル可能なTVプログラムよりも、窓から見える景色を眺めるのがとても好きだ。
だってさぁ、今俺はロシア上空を飛んでるんだぜ~ ロシアだよ..?!

そうそう.. ちなみに Boeing 787 の窓には、手動のサンシェードはない。
その代りに電子カーテン(?)が備わっており、窓の下のあるスイッチを操作すれば、こんな風に暗くなる!!

また トイレにも窓がある。

さすがに用を足しながら外の景色を眺めることは無理(?)かな (^^;

Boeing 787の電動カーテン付き窓


Second Meal Service

First Meal Service の後、今回はひたすら寝た。
熟睡ではないが、合計で6時間(3hx2)!!

で.. そうこうしている内に、デュッセルドルフ到着の約2時間前になり、食事はどうするか? と、CAさんが聞いてきた。
いつもながら2食目は、時間の感覚(時差)がずれるので良く解らない?!


とは言いつつ、かあちゃんは洋食を、俺は和食を頂くことにする.. まだこの先があるしね?!

< 洋 食 >
レモンの香りがするリゾット・小海老とアスパラガスを添えて
蒜山ジャージーバターとブラッドオレンジジャム、 フルーツ
< 和 食 >
口 取紫蘇稲荷寿司, チキン南蛮, 枝豆天ぷら, ポテトサラダ, 厚焼き玉子
主 菜蒸し鯛香り餡掛け
御 飯とうもろこし御飯
汁 味噌汁

 


先述したが、国際線に搭乗していると2食目は何だか良く解らない。
マジで腹減ってる?!

とりあえず、2食目もほぼ完食(?)し、初めてのヨーロッパ。
ドイツ入国に備えるとするか(?)

NH209 は、まもなく Dusseldorf への最終着陸態勢に。お~、ドイツだぜ~?! (^^;

デュッセルドルフに到着

Dusseldorf International Airport 

3:44pm NH209 は、DUS RWY23R に着陸した。

成田を12分遅れで出発したが、途中(と言っても航路のほとんどがロシア上空)で、スピードを上げ調整したのだろうが..?!
3:55pm Dusseldorf Terminal-A #76 に到着した。最終的には5分の早着だ (^^v

これまで幾度も海外旅行(出張含む)を経験してきたが、初めて降りる空港は本当に緊張する。
事前に予習はしてきたつもりだが、やはり現地に着くとドキドキの連続だ!!

で、ここドイツは俺にとって10カ国目の国だ。
ま、今回はこれからたくさん行くんだけどね (^^v


飛行機を降り、ターミナルに入ると乗継の乗客はすぐにセキュリティを通る。
だが現地係員が、日本語で誘導してくれたので、全く迷うことなく.. と言うより何も悩まずセキュリティへ進んだ。

セキュリティを通過するとそこには何と喫煙所が。
かあちゃんには申し訳ないが、早速一服!!

セキュリティのすぐ後に喫煙所があるなんて、さすが(?)ヨーロッパ。
迷惑な話かもしれないが、喫煙者にとっては誠にありがたい。

一服を済ませ、階下にあるパスポート・コントロールへ向う。


ここドイツはシェンゲン協定加盟国なので、まずは入国審査を行う。

初めてのヨーロッパだ!!
北米(アメリカ/カナダ)は、最初に到着した空港で入国審査&バッゲージ・ピックアップするが、ヨーロッパはそれ(バッゲージ・ピックアップ)がない。
ある意味で楽だが、不安要素でもある?!

とりあえず、入国審査も無事に済み、コペンハーゲン行(SK628)の出発までラウンジで休憩。

スカンジナビア航空でコペンハーゲンへ

スカンジナビア航空
Dusseldorf International Airport
Terminal-A #A91 Gate

6:05pm 搭乗予定時刻10分前になったので、ラウンジを後にし搭乗口(A91)へ向うと…。

あれれ、飛行機がない。

もしかして、バスに乗って駐機場にある飛行機に乗るのかな..?!

で、Scandinavian Airlines は ANA と同じ STAR ALLIANCE なので、搭乗券は往路の成田空港で発券済。
なので、ここデュッセルドルフでは、搭乗口の確認だけだった。


6:25pm #A91 からバスに乗り、駐機場で待機する Airbus 319 に乗りこむ。
6:53pm 定刻より8分遅れで、Push Back 開始。
7:05pm DUS RWY23L から離陸。

離陸後約20分、Drink Service に続き、軽食が出た?! あまり腹も減ってないが、今夜は恐らく何も食べないだろうから、夕飯代わりに食べて置く。

ローストビーフ が美味かった (^^v


Copenhagen Kastrup International Airport

8:05pm SK628 は CPH RWY04R に着陸。
デュッセルドルフから僅か1時間のフライトだった。

8:10pm Copenhagen Kastrup Intetnational Airport Terminal-2 #B5 に到着した。

さぁ、バッゲージクレイムはどこだ?
先述したがとにかく初めての空港なので、さっぱり解らない。


とりあえず、案内表示に従って、バッゲージ・クレイムを目指す。

途中のショップで水を調達した。
お値段は500ml(だったと思う)2本で、23DKK。
8月中旬両替時のレートは、¥21/1DKK。つまり水2本で約483円。

北欧は物価が高いとは聞いていたが、こんなに高いと思わなかった。


バッゲージ・クレイムへ向い、暫く待機。

北米と違いヨーロッパは最終目的地まで、スルーでバッゲージを運んでくれる。
若干不安だったが、無事に3個のバッゲージも到着した。

ここデンマークはドイツ同様シェンゲン協定加盟国なので、入国審査はなく税関審査だけで済む。

こうして11カ国目の国。デンマークに到着した!!

ホテルに向うためタクシー乗場を探す。
かあちゃんに荷物を見ててもらい、タクシー乗場を探すが一向に見当たらない..。
一体どこだ?!

一旦ターミナル内に戻ると、建屋の反対側にタクシー乗場があった。
なんだか、疲れた (^^;

9:30pm 今宵のホテル、HOTEL NEPTUN に到着したが、なんともすっげーお宿だこと?!


to be continued 2nd day
Copenhagen, Denmark

次の旅行記へ②(day2)

旅行記の目次へ

 

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事

 

オススメ記事