ザイデルダムのデッキ

2017年6月30(金)

クルーズ 9日目。

6:00am 今朝も早く起きちまったので、サッと着替えを済ませ、デッキ9へ出場。

天気は曇り、昨日の夕方から雨が降ったようで、デッキが濡れている。
まぁ、船が揺れなったから良いか?!


雨は降ってないが、とにかく風が冷たい。
今日の船内新聞によると上述したが、天気は曇り/気温は16℃と記されていた。

今日はエクスカーションに参加するので、暖かくして出掛けた方がよさそうだ?! 

もう一服するか。

朝食は2日ぶりのリドで


8:40am 2日振りにビュッフェレストランのリドで朝メシをいただく。

メインは夫婦揃って お粥(CONGEE)。
俺のサイドはいつも通りオリジナル・オムレツ。

かあちゃんのサイドはこれまた Smoked Salmon。

ほぼ連日同じだが、飽きない物だ (^^;

そういえば、もの凄くヒドいわけではないが、昨日の夕方から(?)かあちゃん、鼻水が止まらない。
更にここ数日、朝起きるのが少し辛そうだ。少し疲れが溜まって来たのかな?!

旅行に来ていて ” 疲れた ” も何だけど、旅先では常に(?)緊張の連続だからね。


朝メシを喰った後、一服するため後方にあるシービューバー(Sea View Bar)へ向う。

もうすぐ、8番目の寄港地インバーゴードン(Invergordon)に到着する。
今日の到着予定は8:00am だったが、天候の影響(?)で到着が2時間遅れ10:00amになった。

インバーゴードン(Invergordon)に到着

ザイデルダムから見たインバーゴードン
10:25am エクスカーションの集合場所、デッキ2/3にあるビスタ ラウンジ(Vista Lounge)へ向う。
参加者が揃ったところで下船、インバーゴードンに上陸する。

インバーゴードンの港でのバグ・パイプ 奏者
埠頭では、バグ・パイプ 奏者が、あの有名な曲(?)でゲストを出迎えてくれる。
バグ・パイプの演奏と言えば.. 皆さんもご存知の通り(?)あの曲ですよね?! 

もちろん、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、後に調べたら Scotland The Brave と言う曲だった。


バスに乗って出発!
今日参加するエクスカーションは、あのネス湖とその畔に立つアーカート城の見学だ。

港を出発してしばらく行くと草が生い茂る広大な土地の脇を走っていく。
牛や羊の放牧地なのだろうか?! とにかくなにもない?!


港から40分くらいでインバネスの街に入った。
ネス川の河口に位置するこの街はハイランド地方の中心都市らしい。

ネス川畔の高台に立つのはインバネス城だ!! 
11世紀建造の要塞で、破壊と再建を繰り返したらしい。
ちなみに現在は裁判所。


ネス川の畔でしばらく休憩。
でも少し雨も降っているのでバスからは降りなかった。

窓から外を望むと、フライ・フィッシングをしている人が..。デカい魚釣れるのかな?!

ネス湖でネッシー現れるか?

ネス湖とアーカート城
港から約1時間半、今日の目的地、ネス湖に到着した!! 

ネス湖にあるビジターセンター
まずはビジターセンターでアーカート城の歴史などを紹介するビデオを観る。

ビデオが終るとスクリーンが上がり、目の前にネス湖が拡がると言う演出が施されていた。

早速アーカート城へ向ってみる。


アーカート城は13~16世紀にかけて建造され、14世紀にスコットランド独立戦争の舞台となったようだ。
1692年、敵の手に落ちるのを阻止すため部分的に破壊され、荒廃していったようだ。

中庭(?)には巨大な投石機とその弾(?)が飾られていた。

ネス湖


アーカート城の見学を終え、ネス湖のほとりまで歩いてみる。

さて、出てくるかな?!

湖のほとりでしばらくネッシーを探していたが、少し雨が降って来たのでビジターセンターに戻り、出発時間までしばらく休憩。
お土産も売っていたが、いまひとつ?!

Beaury Priory修道院跡を見学

再びバスに乗り、ネス湖から約30分。
Beaury(ビューリー)と言う街でバスは停車。

Beaury Priory と言う修道院跡を見学する。
1230年に建造されたようだが、現在はここも廃墟となっている。
アーカート城同様、廃墟はとても虚しい感じがする。


Beaury Priory の周辺には土産物屋もあったが、停車時間が短かったので断念。

再びバスに揺られ、インバーゴードンの港に戻ってきた。

港に1軒だけあった土産物屋へ立寄り、DCL で知り合いすっかり仲良くなったGさんご夫妻への土産を物色する。
ここは英国、今回と言うより人生で初めて、£(ポンド)でお支払い (^^v

とりあえず(ネス湖らしい)良さげな土産をゲットできたので、船に戻る。


埠頭の端になにやら無数の貝殻(だったと思う)があり、多くの水鳥がいた。
よく見ると、ヒナが何羽もチョロチョロしてる。
この辺り、天敵とかいないのかね~。何故か心配になる?!

のんびり船で過ごす午後

ザイデルダムのリドのピザ
あ~、すっげぇ腹減った~!

時刻は、3:30pm 過ぎ。
今日は自室に戻ることなく、速攻でリドへ。
既にランチタイムは当に過ぎているため、暖かい物を選ぶことは難しい。

かあちゃんは ピザ。焼き立てだったので、とても美味かったようだ。

ザイデルダムのリドのパスタ
俺は トマトソース・パスタ。


パスタ と一緒に バゲット もいただいた。

本当に日に日に胃袋がデカくなって行くようだ?!
今日は長時間(?)外にいたので、デザートは夫婦揃って(いつも通り?)たっぷりいただく (^^;

食後は恒例の、GREENHOUSE SPA へ。
今日も貸し切り状態(大統領は除く) のThermal SuiteとHidro Pool。

連日のように約2時間、本当にのんびり&リラックスした。 

プレゼン資料
スパから戻ると既に6時過ぎ。

7時から明日の寄港地、エジンバラ(Edinburgh)を紹介するプレゼン「What to See and Do in Edinburgh」に参加すべく急いで準備をし、デッキ2 クイーンズ ラウンジ(Queens Lounge)へ。
会場は今宵もほぼ満席だ!!

プレゼンの前、6:40pm 過ぎにザイデルダムはインバーゴードンを出港した。
かあちゃんが支度をしている間、俺はデッキ9にあるシービューバーで一服していた。
すると、埠頭で7~8人のバグ・パイプ奏者が、Scotland The Brave を演奏して、ザイデルダムを見送ってくれている。
いまでもあの音色を忘れることができない!!

今夜はガーラナイトでサーフアンドターフ

ガーラのディナーメニュー
Evening Attire : Gala

8:00pm 今宵の夕食は、メイン・ダイニングでいただく。

また今夜は、ガーラなので、夫婦揃ってちょっとおめかし。

ザイデルダムのガーラディナー
ホーランドアメリカ ラインに乗ってまだ3回目だが、年々ゲストのフォーマル度が落ちているように感じる。
かあちゃんいわく、ロングドレスを着ている女性は皆無、男性もタキシードを着てる人が減った。
折角なのにね?!


今宵前菜は夫婦揃って、Jumbo Shrimp Cocktail。
俺のスープは、???
メニューは写真に撮ってあるのだが、2種類ある内のどっちだったかすっかり忘れた。

メインも夫婦揃ってSurf and Turf。
フィレステーキとロブスター!最高だね!!


食後のデザート。
かあちゃんは、Warm Flourless Chocolate Cake。
俺は、Almond and Orange Cake にした。

他のクルーズ船でもあるのだろうが、ガーラの夜はプロのカメラマンが全ての席を回り写真を撮ってくれる。
デッキ3にあるフォト ギャラリー(Photo Gallery)には、クルーズ中撮影したゲストの写真が展示されている。
後日この夜の写真を見たら、とても写りが良かった?!

それを見て俺は閃いた!! 
『 かあちゃん、この写真.. 俺の遺影に良くねぇか? 』


ザイデルダムのメインステージでのショー
10:00pm ディナーの後、今夜のショー「FIVE O’ CLOCK SOMEWHERE」を見るためにデッキ2/3のビスタ ラウンジへ。

今宵は男女のデュオ.. はて、この2人.. 何処かで見たような?! 

思いだした!! 

数日前にイタリアンレストランのカナレット で、Magdalena と Helrina が唄を披露した時にいた人だ!!
てっきりゲストだと思っていたが、エンターテインナーだったとは…。
ただまったく知らない曲ばかり (^^;


今夜のタオルアート
何度も言うが、デッキ2/3 ビスタ ラウンジでのショーを観終え、自室までは徒歩1分!!

ベッドの上にはタオルアート。今宵は、サルちゃんが待っていた。

自慢じゃないが(?) 猿のタオルアートなら俺は負けない?! 
これは、数日前に作った猿のタオルアート!!

さて、明日はエジンバラ。
またも自力観光だが、楽しみだ!! 

それでは、また明日 (^^v


エジンバラ城

to be continued 11th day
Edinburgh, Scotland

次の旅行記へ(day11)

前の旅行記へ(day9)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

オススメ記事