エジンバラ

2017年7月1日(土)

クルーズ 10日目。

5:40am 何故か、クルーズに来ると早起きしてしまう?!

なんでやねん??(因みに俺は関西人ではないが)

で、お天気は曇り。
今日の船内新聞では、気温は18℃。今は風が冷たいが、昼間は大丈夫かな?!

朝食はリドでお粥とオムレツ


ザイデルダムのリドの朝食のお粥
8:00am 今日も朝食はビュッフェレストランのリドでいただく。

そして、メニューはいつも通りお粥(CONGEE)。
担当クルーは今朝も何も言わずにお粥をよそってくれる。

ザイデルダムのリドの朝食のオムレツ
サイドメニュー、俺はいつも通り オリジナル・オムレツ。

かあちゃんは、Smoked Salmon で、腹を満たす?!


8:40am 朝食を終え、シービューバー(Sea View Bar)で一服する。

のどかな風景が見えてきた。

今日でスコットランドは4日目だが、連日のように周辺はのどかな風景が広がっている。
何もない(訳じゃないが)海上に大型の船が停泊している。

何してるのな??

あくまで想像だが、海底油田から原油をタンカーに積んでるのかもしれない?!
何か凄くねぇ?!

サウス クイーンズフェリー(South Queensferry, Scotland)へ


サウス クイーンズフェリーの港
9:15am 上陸準備を整え、まずテンダーチケットをもらうべく、クイーンズ ラウンジ(Queen’s Lounge)へ。

ところがクイーンズ ラウンジへ行ってみると、チケットは必要ないとのこと。
と言うことでギャングウェイからテンダーボートに乗り港に向う。

それはそうと今回3度目のテンダーだ。


約10分程で、エジンバラ(Edinburgh)への玄関口、サウス クイーンズフェリー(South Queensferry)に到着した。

港を出たところで現地ガイドに地図をもらい、エジンバラへの行き方を聞くと、『(シャトルバスを使うと良い)』 とのこと。
港のすぐ近くにシャトルバスの案内料金は、GBP10, USD15, EUR15。
本当に USD はどこでも通用するものだ?!

少ない脳味噌をフル稼働させ、計算してみる。
当初、USD で払った方が良いかな?!

と思ったが、計算(?)してみると GBP(£)が1番安いと判断。GBP20 をお支払い。


バスは港(サウス クイーンズフェリー)を出発し、これまたのどかな風景が広がる場所を通り、高速道路に入る。

しばらく行くと都会の風景が広がってきた。
左側最前列の座席を確保したので眺めがとても良い!!

ここは英国なので車両は当然左側通行。
ただ何となく海外は右側通行と勝手に思い込んでいるのか、俺の勝手な先入観の問題だろうか?!


サウス クイーンズフェリーから約40分、バスはスコットランド国立公文書館前に着いた。

復路は午後3時からとのアナウンス。
時刻は午前11時前なので、4時間以上ある訳だ?! 
まぁ、こればかりは仕方ない。
とりあえず、午後3時まではあちらこちら散策出来るかな。


バスに同乗していたガイド(?)にエジンバラ城への行き方を聞いた。
とても親切に教えてもらい早速エジンバラの街を歩く。

イギリスに限らず、ヨーロッパは本当に石造りの建物が多い。
教えてもらった通り、歩くこと約10分。
エジンバラ城が見えてきた!!

エジンバラのシンボル・エジンバラ城へ

エジンバラ城


エジンバラ城へ向って歩いて行くと、段々人が増えてきた。


お城なので参道とは言わないだろうが、沿道にアコーディオンを弾いた女性がサングラスをかけた犬を連れている。余計なお世話かもしれないが、ワンコも迷惑な話かもしれないね?!

城内に入ろうとすると、「The Royal Edinburgh Military Tattoo」と書かれた案内板。
ご存知の方も多いと思うが、Military Tattoo とは ” 刺青 ” ではなく軍隊の帰営ラッパのこと。

ここでは各国の軍隊(音楽隊)の演奏が毎年行われる。
陸上自衛隊中央音楽隊は2017年8月4~26日まで自衛隊として初参加するらしい。


Military Tattoo のゲートを通り抜け、チケット買おうとすると物凄い長蛇の列?! 購入するまでに30分位並んだ。
待っている間に、ザイデルダムのエクスカーションのゲストが悠々と城内に入って行く。

う~ん、こんなことならエクスカーションを申し込んでおけばよかったかも?!
ただ、船のエクスカーションって、$$$ 何だよね (^^;


チケットを購入しようやく城内へ。

岩山の上に建つ城だけあって、眺めがとても良い!!

ただ、とにかく人が多い。
我々の周辺に韓国の若者が多くいて、皆はしゃいでるので話し声がとてもうるさい。

まぁ、若者はそんな物?! きっと自分もそうだったのだろう?!

エジンバラ城でスコッチ・ウィスキーのテイスティング


あまりの人の多さに少し疲れてきた。

すると、土産物屋のような建物が。
どうやらウィスキーのお店らしい。

「Tasting Today」の看板を発見!!
呑まない訳に行かないでしょう?!

テイスティングした物の銘柄は忘れたが、スコッチ・ウィスキーも美味いね (^^v

で.. 店内には色々なスコッチ・ウィスキーが所狭しと並んでいる。
ただ俺が知ってる銘柄は1種類のみ。
中でも1番高い物は、GBP3400!! 6/30 時点の為替相場で計算すると¥482,086。

「よんじゅうはちまんにせん円 」だぜ~?!

さすがに35年物は高いのか。


テイスティングを終え景色を眺めていると、韓国人のカップルが写真を撮ってくれないか? と言ってきた。
スマホの操作に慣れてない俺だが、撮影後に確認してもらい何とかOK?

ついでと言っては何だが我が家も撮影をお願いした。
すると、韓国人の彼は構図を変え3枚も夫婦の2ショットを撮影してくれた!!
民間レベル(?)では全く問題はないのだが..。

午後1時前、大砲が置いてある場所に多くの人が集まってきた。
暫くすると、兵士が現れ、大砲に弾を込めた。

1:00pm 兵士が大砲を発射!!
もうすっげー音なんてもんじゃない!!
もちろん空砲だが、これは元々船の航行を助ける目的で始まったらしい。
でもこれは必見。

プリンセス ストリートで一息


ひと通りとは言えないが、ある程度エジンバラ城を見学した。

本当はまだまだ見所は多くあるのだが、あまりの人の多さに疲れがでてきた。
今思えばもっと見ておけばよかった?!

エジンバラ城を後にし、参道にバグパイプを持った2人の若者が演奏中。
これが、中々上手い!!
失礼ながら、観光客相手に小遣い稼ぎかもしれないが、頑張れよ!!


エジンバラ城から急な坂道を下り、街で1番(?)の繁華街のプリンセス ストリート(PRINCES ST)にやってきた。
土曜日と言うこともあってか通りは人が多い。

プリンセス ストリートから見る、エジンバラ城。
あくまで個人的意見だが、お城は中も良いけどある程度離れた所から見るのが1番かも?!


さすがに腹が減ってきた。

Marks and Spencer の地下にフードコートを発見!!
サンドウィッチとジュースで小休止。

隣の土産物屋を物色する。
かあちゃん、お気に入りの銘柄のストールもあったようだが、欲しい柄が無いようだった。
昨日、ネス湖のビジターセンターに気に入った柄の物があったようだが、それを買わなかったことにとても後悔していた。

3:00pm 帰り(復路)のシャトルバスに乗り、船に戻る。
サウス クイーンズフェリーの埠頭からテンダーボートに乗り込み、ザイデルダムへ戻る途中、ヨットの集団が前を横切る。

20隻位だったかな?
ヨットが通過するまでテンダーボートはその場で待機?!

好きな時に好きな物が食べれる?


4:30pm 昨日よりも更に遅いランチ。

でもさすがに腹減った..。

夕飯まで3時間半しか無いが、何も喰わずにいる訳にはいかない。

でも、クルーズってマジ良いよね?!
好きな時に好きな物が食べられるなんて。

で、俺はパスタコーナーで魚介系の具を中心としたトマトソース・パスタ。
写真はないが、かあちゃんは フルーツ と アイスクリーム。


ふと外を見ると、今朝、停泊していたタンカーがまだいる。
で、よく見ると船の喫水線が随分と下がっている。
やっぱり、原油の積み込みをしていたんだろうか。

数日前、スタバンゲルで行った博物館。
我が家の生活で化石燃料は欠かせない?! 
だが、その化石燃料を運ぶのは本当に大変なこと。いかに節約するかなのだろうか。

ザイデルダム から見たタンカー


ランチの後は、恒例の GREENHOUSE SPA へ。

かあちゃんが先に Thermal Suite へ行くと、ラウンジャーに大統領とお友達がいた。
すると、大統領が声を掛けて来た。
『( 旦那はどうしたの? )』 と言われたらしい。また、大統領は今日我々をエジンバラ城で見かけたとのこと。
大統領達は LA 在住の韓国人だと話してくれた。

先述したが、民間レベルでは何もわだかまりはないのだが、外交は本当に難しい?!

今夜のディナーはメインダイニングで

Smoked Mackerel with Lentiles and Apple-orseradish
Evening Attire : Smart Casual


8:00pm  今宵もメイン・ダイニング( VISTA DINING ROOM )で夕食をいただく。

今日は7時からのプレゼン(明日の寄港地)もなかったので、時間的には余裕と思っていたが、スパでのんびりしすぎたかもしれない?!

まずかあちゃんの前菜は、Smoked Mackerel with Lentiles and Apple-orseradish。
名前が長過ぎる.. (^^;

Bay Shrimp Cobb with Celery Slaw
俺は、Bay Shrimp Cobb with Celery Slaw。


俺のスープは、???
昨夜に引続き、メニューの写真を撮ってあるにも関わらず、料理名が解らない。
見た目からコンソメ系のスープだと言うことは解るのだが?!

かあちゃんのメインは、Bloiled Halibut with Lime-Tarragon Aioli。
俺は、Slow-Roasted Strip Loin of Beef。と今宵も流儀(?)を貫く (^^;


また、今宵は食事中にバグパイプの演奏が行われた。
ただとても残念なことに我が家のテーブルには着てくれなかった。

デザートは、かあちゃんは Strawberry Cream – Cheese Tortchen。
俺は、German Chocolate Cake。

もう腹いっぱいだ?!

いろいろな砂糖
デザートも食べ終えてコーヒーを飲んでいると、サーバーの Daru が5色の砂糖をテーブルに並べ、『( ひとつ好きな色を選べ )』 と言う。

ひとつを選ぶと Daru は、コーヒーカップの下から同じ色の砂糖を取り出した。
これにはびっくり!!

種明かしはしてくれなかったのだが、かあちゃんとその方法を考え、Daru に仕返し?!
ところが、即効で種がバレ、3人で大笑い。
それにしてもあの手品は見事な技だった!!

そうそう、今宵食事の最中にスコットランドの伝統料理、ハギス が振舞われた。
ご存知の方も多いかと思うが、ハギスとは羊の内臓を羊の胃に詰めて茹でたもの。
少しだけ食べたが.. もういいや (^^;


今夜のタオルアート
10:00pm 食後の一服をすべく、デッキ9に行くとテンダーボートを収容していた。

テンダーボートの後部に表示されている、ROTTERDAM の文字。
数日前、この船はロッテルダム(MS ROTTERDAM)の積載船だと思ったが、ザイデルダムはオランダ船籍。HOME PORT(母港)はロッテルダムなので、ROTTERDAM と表示されている訳だ!!

食後の一服を終え、自室に戻るといつものようにタオルアートと明日のナビゲーターが。

明日はいよいよ最後の寄港地、ニューカッスル アポン タイン(New Castle Upon Tyne)。

では、また明日 (^^v


ニューカッスル アポン タイン

to be continued 12th day
New Castle Upon, Tyne, England

次の旅行記へ(day12)

前の旅行記へ(day10)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

オススメ記事