ザイデルダム から見た虹

2017年7月4日(火) 

クルーズ 12日目。

6:00am 下船日の朝にも変わらず早起きして朝の一服。

コーヒーを飲みながら海を眺めていると、虹が見えた!! 

とは言え、ここシービューバーは雨に濡れている。
今回凄く天気に恵まれたとは言えないが、それでも良い旅だった。


7:00am ザイデルダムは、コペンハーゲンの港に接岸した。
もうすぐ下船だ?!

とりあえず、一旦自室に戻って残りの荷物をまとめてから朝メシ喰ったら下船しなければ。
今回、下船後はすぐ空港に向かい、そのまま日本へ帰る。
なのでのんびりしていられない。

最後の朝食はビュッフェレストランのリドで

ザイデルダムのリドでの朝食
7:30am 下船日の朝メシもビュッフェレストランのリドでいただく。

メニューは、今回はまったお粥(CONGEE)。
サイドメニュー、俺は、オリジナル・オムレツ。
12日間のクルーズ中、メインダイニング意外は必ずほぼ同じメニューを貫いた。

ザイデルダムのリドでの朝食
かあちゃんも同様、お粥とスモークサーモン、フルーツ。
ただ、今朝はいつもお粥をよそってくれたクルーじゃなかった!

その後、かあちゃんが彼( CONGEE SERVER )に会うと、『( You miss my congee. )』と言ったそうだ。
短期間とは言え、連日顔を合わせてると、お互い親近感が沸くものだ!! (^^v


リドでクルーズ最後の朝メシを食った後、一旦自室に戻る。

今回、事前に申し込んだ港から空港までの送迎プランは $39/人と決してお安くはないが、自力で移動するよりはお得!!

コペンハーゲン空港へはシャトルバスで楽々移動

9:00am ザイデルダム から下船する。

ただ下船時はマジであっさり?!

今回、港で荷物の引取りはないので、そのまま空港行きシャトルバスに乗車。

定員になったので出発!

港を出てしばらく進み、市内中心部に近づくと左側にローゼンボー離宮が見えた。
2年前、アメリエンボー宮殿の衛兵交代式を見たが、衛兵達はここからアメリエンボー宮殿に向かう。


更に地下鉄の駅がある市内中心部を進んでいく。

車窓からしか見たことがないが、この辺りもブラブラしてみるも面白そうだ。
ニューハウン、チボリ公園、人魚姫など等..、所謂一般的な観光名所は見たつもりだが。
でもやっぱ、コペンハーゲンは良いよね (^^v


10:10am コペンハーゲン空港(Copenhagen Kastrup International Airport) に到着した。

バスを降り、ターミナル前のテントでバッゲージを引取る。
今回利用したシャトルでとても便利だと思ったのは、空港で荷物を引取れることだ!!
これはマジで楽だ (^^v

ショップが充実しているコペンハーゲン空港


昨夜、通路に出しておいた2個のバッゲージも無事ピックアップし、ターミナルへ向かう。

ここ、コペンハーゲン国際空港は出発/到着ロビーが同じフロア(1F)にあるため、とても多くの乗客でごった返している。

で、まずは自動チェックイン機で搭乗手続きを行う。
搭乗券とバッゲージタグが印刷され、バッゲージにタグを付けてからカウンターへ向かう。


2個のバッゲージを預け搭乗手続きも終り身軽になったので、ちょっと一服することに。
2年前も思ったが、コペンハーゲンはとにかくセブンイレブンがとても多い。当然、空港にも!!

また、ここ(空港)のセブンイレブンのドリンク・コーナーはとにかく驚くほどの量が陳列してる?!


Terminal-2 にあるグローバル・ブルー・カウンター。
300DKK(¥5400)以上の買物をした人は税金の払戻しができるが、我が家はそれほど買物をしていないので関係ない(対象外)。
2年前もそうだったが、ここのカウンター、とにかく日本人が多い?!

コペンハーゲン国際空港はターミナルの改修工事が行われている。
Terminal-2 にある喫煙所の周りも工事用の壁で覆われていた。

一服後はセキュリティを通過する。



2年前も利用した、セキュリティの FAST TRACK(優先レーン)を出ると、そこは免税店!
我が家は特に何も買わないが、セキュリティ後に即、免税店があるとは、この商売根性は凄いよね?!

搭乗フロアーには、REGO や北欧雑貨を扱う illums Bolighus や Marimekko。
そして、Royal Copenhagen など沢山のショップが。
かあちゃん、かなり興奮気味?!

スカンジナビア航空のビジネスラウンジへ

 

ウィンドウ・ショッピング(?)を終え、スカンジナビア航空のビジネスラウンジ(Scandinavian Airlines, Business Lounge)へ。

2年前にも利用した、SAS Business Loungeは、室内はとても明るく、とにかくお洒落!!

出発までは、約まだ4時間近くある。
とりあえず、のんびりしますか?! 
喫煙所もあるしね (^^v


ラウンジ内では2年前と同じ場所を確保し、軽く食事する。
ただ(失礼ながら)成田のようにあまり料理の種類が少ないのが少々残念なのだが。


一服するため、Terminal-B にある喫煙所に向かうと、2年前は屋外だったが、現在は改修工事中のため場所が変わっていた。
喫煙ブースは2つあるが、収容人数が限られてるので、ブースの外には渋滞ができていた (^^;

そうそう.. パスポートコントロールを過ぎた後、人魚姫のレプリカが。
コペンハーゲンだしね!! 

スカンジナビア航空のプレミアムエコノミーで成田へ

スカンジナビア航空
2:30pm 出発1時間前になったので、ラウンジを後にし、PASSPORT CONTROL へ。

前回はドイツ経由の帰国だったので、コペンハーゲンでの出国は初体験。
ただ、出国なので特に何を聞かれる訳ではない。

まぁ出国者に対しては、「さっさと帰ってくれ」って感じかな?!


搭乗口に着くと、そこには多くの日本人が。
まぁ日本行きの飛行機なので仕方ないけどね?!


3:28pm Boarding 
4:05pm Push Back 
4:20pm CPH RWY 22R から離陸した。

往路もそうだったが、本日の搭乗機は AIRBUS 340-300のプレミアムエコノミー。
もう随分前だが、カナダ出張の時 AIR CANADA の A340-300 に乗ったことかある。
しかも STAR ALLIANCE 塗装 (^^v

おっと、回想録じゃなくて。

で、復路もパーソナルモニターは使用不能。
CAさんが、往路同様 iPad を配り始めたが、『 No Thank you! 』 
だってさぁ、観る物ないし。
ただインターネットに繋がってれば別の話だけどね?!

Drink Service になったので、白ワイン を2本頂いた (^^;


Drink Service に続いて、First Meal Service になった。
俺は、Fish, かあちゃんは、Chicken をチョイス。

メインの他に パン, サラダ, デザート。
肝心の味は、まぁまぁかな?! 

白ワイン を呑みながら First Meal をいただいた後、自分でも驚くほど(?)とにかくぐっすり寝た。


JST 8:00am Second Meal Service が始まった。

往路はあまり良く眠れなかった。
過去の旅行もそうだったが、復路は疲れ(?) and/or 虚脱感(?)なのか比較的良く眠る。

で、Second Meal は選択肢がない。
今朝(?)のメニューは オムレツ, ハム, ポテト, パン


2017年7月5日(水) 9:27am SK983 は、NRT RWY16R に着陸。
地上走行の後、9:38am NRT Terminal-1 South-wing #31 に到着した。

飛行機をを降り、入国審査、税関はいつものように何事もなく通過。
到着ロビーで2個のバッゲージの宅配手配を行うと、今日の夕方には配達できるという。
え、マジで?! 
日本の物流能力は本当にすばらしい!!

過去出張を含め、海外旅行の復路、成田に午前中に着いた経験はない。何か調子が狂う?!

バッゲージの到着(配達)も夕方なのでまだ時間がある。
成田空港で暫く休憩し帰路に着く。

北欧ノルウェーフィヨルドクルーズを振り返って

ザイデルダム から見たノルウェーフィヨルド


2017年7月5日(水) 昼過ぎ、今回も何事もなく無事に帰宅。

今回は当初、少し体調が優れなかったが、船に乗った夜からはなぜかスイッチが入ったように心身ともに上向き(↑)になった!!

また今回はまさにトップシーズンとも言うべき、夏至の北欧を味わった。
数年前、アラスカで氷河やフィヨルドを見てきた。
あくまで個人的見解だが、もちろんアラスカはとても素晴らしい場所であることに変わりはない。
ただ、今回見たノルウェーのフィヨルドは少々スケールが違うように感じた。

初夏の北欧、北極圏ではないので完全に日が沈む事はない。
そのため、本当の白夜を味わうことはできなかったが、それでも日本では考えられないような時間に日が沈んだ。

ぎすぎすした日本と違い、北欧は本当に心が落ち着く場所だったような気がする。

それでは、また.. SEE YOU HAL2017 Winter (^^v

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

オススメ記事