ノルウェー・スタヴァンゲル

2017年6月25日(日)

6:45am いつものように、朝のコーヒー&一服に出場する。

熱いコーヒー片手にデッキ9の後方から辺りを見渡すと、ザイデルダムはすでにスタヴァンゲル(Stavanger)の港に到着していた。

天気は雨。
で、さらに寒い!!


港の西側は旧市街。
白壁に三角屋根の家が立ち並んでいる。

スタヴァンゲルはノルウェー第4の都市。
北海油田の基地として急速に発展したそうだ。

また、ここスタヴァンゲルは有名なリーセフィヨルドへの観光玄関口として、世界中から多くの観光客が訪れるらしい。

ビュッフェレストランのリドで朝食


8:00am 今朝もビュッフェレストランのリドで朝メシにする。

で、メニューは昨日の朝見つけたCONGEE(お粥)を夫婦揃っていただく。
サイドメニューとして、かあちゃんはSmoked Salmon。
俺はいつもように(?)オリジナル・オムレツ を頂く (^^v

ノルウェー・スタヴァンゲルへ寄港

ノルウェー・スタヴァンゲルに停泊するザイデルダム
9:15am 雨も止んだので今回3番目の寄港地、スタヴァンゲルに上陸する。

先述したが、ここはリーセ・フィヨルドへの玄関口として、知られているが基幹産業は石油とガス。
今日これから向うのも石油(北海油田)に関する場所だ!!

雨は止んだとは言え、どんよりとした空模様。
昨夜もらった船内新聞にも今日の天気は雨、気温は12℃と記されていた。

ちなみに今日の我が家の服装は真冬仕様。
夏といえども、ノルウェー旅行には半袖シャツにフリース/冬用ジャケット、ヒートテックは必需品だ (^^;


埠頭には数軒の土産物屋が軒を連ねている。
帰りに覗いて見ることにし、先を急ぐ。

7-11 の隣にバーガーキング。
建物がとてもシックでファストフードらしくない(?)

で、デンマーク(コペンハーゲン)もそうだが、ここノルウェーもとにかく 7-11 が多い?!


船着場には長蛇の列。
恐らくリーセフィヨルド観光に向う船だろう。

リーセフィヨルドで最も有名な場所が、プレーケストーン。
海面から垂直に600mもの高さがある切り立った断崖だ!!
是非この断崖の上から下を眺めてみたいものだが、プレーケストーンへ行くにはフェリーとバスを乗継ぎ、さらに徒歩2時間の山登りが必要らしい。とてもじゃないが無理!!


船着場の前には数軒のレストランやバーが並んでいるが、まだ営業前なので人はいない。

港から1本裏の路地を歩いてみる。
ここにもレストランやショップなどが立ち並んでいる。

しばらく進むと左右にカラフルなショップなどが立ち並ぶ、オブレホルムガータ通りに出た。
日曜日の午前中なのでまだ開店前..?
天気の良い日曜の午後はきっと賑わうのだろう?!

ノルウェー石油博物館(Norwegian Petroleum Museum)


9:40am 港(ターミナル)から歩くこと約20分弱。
今日の目的地に到着した。
ここは、ノルウェー石油博物館(Norwegian Petroleum Museum)だ!!

先述した、リーセフィヨルド観光のエクスカーションを申し込んでいれば、おそらくノルウェー石油博物館には来なかったかな。何せ自力観光なんで (^^;

ノルウェー石油博物館の開館は 10:00am なので、あと20分。
暫く待機する。

都合良く(?)エントランス脇には灰皿があったので、早速一服させてもらうことに。

すると雨が降ってきた。
我が家も含め数組が軒下で雨宿り。

開館まであとは10分。
すると、この光景(?)を見かねた博物館のスタッフが10分早くオープンしてくれた!


ノルウェー石油博物館の入館料は、120NOK(¥1884)。

館内の案内図などが載ったパンフレットは、なんと日本語(バージョン)!!
またパンフレットをくれたスタッフが日本語で話しかけてきた。かなり(?)拙い日本語だが、大学で日本語を勉強しているようだ。

館内に入るとまずは掘削の際に使う(だろう)数種類のドリル・ヘッド(?)やローター(?)等が展示されている。
また3種類の異なる原油(?)が並べてあり、詳しくは解らないが、採掘できる場所などによって、グレードが異なるのだろう?!


宇宙船(円盤?)のような形をしたものは、28人乗りの救命カプセルだ。
実際に内部に入ってみると意外に広い?!

ただその横にはこの救命カプセルが事故に遭った時の物が展示してある。
水がもたらす力は本当に計り知れないものだ。


この他にも潜水艇(?)や、どのように使われるのか全く解らない機材があったり、掘削リグの操縦室(?)など実際に使われていた設備が所狭しと展示されている。

また北海(海底)油田の設備を精密に再現した模型がたくさん展示されていた。


ここからは個人的見解になるが、館内には地球環境に関する展示もされていた。

石油(原油)の埋蔵量とは一体どの位なのだろう。
また、地球上で1日に消費される量はどの位なのだろうか。

化石燃料(石油/石炭/etc,.)を燃焼させることによって、排出される二酸化炭素。原子力発電ではほとんど二酸化炭素は排出されないが。

ノルウェー石油博物館の展示物


太陽光/水力/風力などの方法もあるが、現状需要を満たす発電量ではないはずだ?!

地球温暖化対策。言葉で言うのは簡単かもしれないが、少なくとも我が家の生活は化石燃料なしには考えられないはずだ。

ならば、なにをどうすれば良いのだろうか?!

鼻炎薬の影響なのか、かあちゃん眠気とだるさが出てきてしまい、ちょっと辛そうだ。
石油博物館も概ね見学したので、船に戻る事にした。


オブレホルムガータ通りから港へ出る途中で雨が降ってきた。
雨の止み間を縫って、埠頭の前にあるショップやホテルの軒下などに退避しながら、なんとか無事にザイデルダムに戻ってきた。

たっぷりいただく船でのランチ

ザイデルダムのリドでのランチ
0:00pm 短時間のスタヴァンゲル散策を終え、一旦自室でちょっと休憩した後、リドでランチにする。

今日は俺も 巻き寿司 にした。
さらにアジアン・コーナーで炒め物 をもらって来た。

かあちゃんはもちろん今日も 巻き寿司 と フルーツ。そして、生ハム の小皿をチョイス!!
でもお腹減ってないって言ってなかった (^^;


クルーズも今日で4日目。
連日の暴食(?)の影響か、俺の胃袋がデカくなってきたようだ。
巻き寿司2皿と炒め物を平らげたにも関らず、もう少し喰えそうだ?

と言うことで、第2出場。
貝のサラダ と モッツアレラ・チーズ を頂いた (^^v


リドでたっぷりランチを頂いた後は、いつも通り GREENHOUSE SPA へ。

Thermal Suite は誰も居らず貸し切り状態。
かあちゃん、1時間くらい爆睡していた。

そうそう、我が家は連日(毎日)スパに来ているが、やはり連日スパに来ている韓国系のご婦人が2人いる。
先に罷免された隣国の女性大統領になんとな~く似ているような。。。(^^;


GREENHOUSE SPA でリラックスした後は、リドでアイスクリーム!!

ついでに、ダイブイン(DIVE-IN)ポテトをもらって来た。
ただ揚げたてじゃなかったので、若干カリカリじゃない。

アイスは、昨日からスパの後に食べるようになったが、アイスをサーブしてくれるのはとても明るく感じの良い女性クルー、この日から我が家の顔を見ると必ず 『 Ice Cream? 』 と声を掛けてくれた。


ザイデルダムから見た北海


ザイデルダムは 3:45pm スタヴァンゲルを出港した。

その後、外洋(北海)に出た頃から少し海が荒れて来たため、船が揺れ出した。
リドでおやつを食べた後は、デッキ10の展望ラウンジのクロウズネスト(CROW’s NEST)で、またまた読書に耽る。

クロウズネストで寛いでいると、揺れが激しくなってきた。
以前、船の揺れには全く動じなかったかあちゃんだが、この所少し船酔いするようになった。

体調崩すのもバカバカしいので、一旦自室に戻り薬を飲んで夕飯まで横になる。

ザイデルダムでの初ガーラディナー

ザイデルダムのガラディナーのメニュー
Evening Attire : Gala

8:00pm 今宵のディナーもメインダイニング( Vista Dining )。
そして今夜は、ガーラナイト(Gala Night)だ。

ホーランドアメリカラインは今回3度目の乗船だが、前回に比べてフォーマル度が下がったように感じる。
ご婦人方もロングドレスを着ている人はほとんどいない。

で.. かあちゃんはワンピースを、俺はフォーマルスーツに蝶ネクタイで身を固めた?!

 

今宵はまず、イタリア産の スパークリングワインで乾杯する。

前菜は夫婦揃ってOrange-Jumbo Shrimp Cocktail。

今宵のガーラはメニューの種類が、意外に少ない。
ただエビの前菜はマジで美味い一品だ!!

今宵、俺はスープもパス。
ただ後に確認したらシーフードのスープがあったようだ.. もう大失敗だ!!


メインも夫婦揃って、Cracked Pepper Tenderloin with Grilled Shrimp。
牛ステーキとエビのグリルでSurf & Turf に似た一皿だ!!
これが美味いんだよね。

食後のデザート。
かあちゃんは、No Sugar Added の Black Forest Cake。俺は Chocolate Shuffle。
凄く甘そうに見えるが、甘さ控えめでマジで美味い!!

映画 007 のテーマ曲で始まった今夜のショー

10:00pm ショーを観にデッキ2/3 の船首にあるメインステージ(Vista Lounge)へ。

今夜は、David Schofieldによる「British Pianist performing a variety of arrangements」。
つまり英国人ピアニストによる演奏会。

これまで幾度となく言ってる(書いてる)が、音楽や芸術に疎い俺。
今宵も正直う~ん、ピアノ・リサイタルか~ と思ったのは事実。

そして、演奏が始まった!!
1曲目は何と、映画 OO7 のテーマ曲だ!!

さっきまでの気持ちは何処へやら?

ザイデルダムのメインステージでのピアノショー


その後もポール・マッカートニーが歌った ” OO7 死ぬのは奴らだ ” の主題歌 ” Live and Let Die ” や ” 黄金銃を持つ男 ” のテーマ曲などを披露する。

そして、俺が本当に大好きな曲が始まった。” 私を愛したスパイ ” の主題歌、Carly Simon が歌う ” The SPY Who Loved Me ” もうマジで鳥肌 (^^v

OO7 私を愛したスパイ で James Bond を演じた俳優のロジャー・ムーア。
今年(2017年)5月23日に癌で亡くなった。心からご冥福をお祈りいたします。


今夜のタオルアート
昨日も言った(書いた)が、ショーを観終えメインステージから自室まで徒歩1分!!

乗船当初、デッキ1と言う初めてのフロアにとても戸惑いを感じたが、何処に行くにも意外に便利な場所だと言うことがわかった。

いつもの通り、ターンダウンされたベッドの上には明日の Navigator と 熊(?)のタオルアートが置いてあった。


で.. それは良いけど(?)、海がかなり荒れて来た。
とにかく波が凄くデカい!!

特に1階なので、客室の窓に波飛沫が掛かるほど。
マジですげぇ?!

今夜、かなり揺れるだろうな~ ゆっくり寝れれば良いが。

では、また明日 (^^v


ノルウェーフィヨルド

to be continued 6th day
Flam, Norway

次の旅行記へ(day6)

前の旅行記へ(day4)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

オススメ記事