スコットランドのポートリー

2017年6月29日(木) 

クルーズ 8日目。

6:00am 今日も早起きしてデッキ9のシービューバー(Sea View Bar)へ出場する。

今日の寄港地、ポートリー(Portree)への到着は 8:00am の予定。
コーヒーを飲みながら周辺の景色を望む。
広陵とした緑が拡がる綺麗な景色だ!!

ところで、ポートリーってどこ?!

メインダイニングで優雅な朝食

ザイデルダムのビスタ ダイニング ルームでの朝食メニュー
7:50am 今日の朝食は、デッキ2にあるビスタ ダイニング ルーム(Vista Dining Room)でいただく。

ビュッフェレストランのリドと違って営業している時間は短いが、騒がしくなく落ち着いて食事ができる。

まずは、コーヒーとオレンジジュース。
ここのオレンジジュースは絞り立てで美味い!!

今朝のメニュー、かあちゃんは、Buckwheat Pancake Stack。
失礼ながら、見た目はとても良いのだが、パンケーキとは言え「そば粉」なのでお味は今ひとつ?!


俺は、かあちゃんが勧めるので Pan Asian Breakfastにしてみた。
サーモンに玉子焼き、味噌汁とごはん、見た目は至って和朝食だ。

Miso Soup、出汁はそれなりに効いてるが。
玉子焼は普通(?)。
鮭..? 

正直、不味くはないが決して美味くない!!

9:30am 出場準備を整え、テンダーチケットをもらうべくクイーンズ ラウンジ(Queen’s Lounge)へ。
クイーンズ ラウンジはデッキ2にあるのだが、なぜかデッキ3 をウロウロ。
もう1週間も乗ってるのに、今回は何となく船内の位置関係がいまひとつ把握できていない (^^;


クイーンズ ラウンジに着くと人数を聞かれ番号札を渡された。
乗船の順番がくるまでしばらく待機。
10分程待って、デッキA ギャングウェイからテンダーボートに乗り換える。

今日は、ROTTERDAMに積載されていたテンダーボートに乗る。
しかしよく揺れる!!

ポートリーへ上陸(Portree, Scotland)

スコットランドのポートリーの港
10:00am 今回7番目の寄港地、ポートリーに上陸する。

昨日のラーウィック同様、この街(ポートリー)も今回のクルーズで初めて知った。
スカイ島と言う島の中心地で、人口は1万人弱。
主な産業は、観光/農業/漁業とウイスキーの蒸留が有名らしい。


港に面してカラフルな建物が立ち並ぶ。
その内の1軒はどうやらホテルのようだ。
それほど大きなホテルではないが、No Vacancies のサインが。満室なんだ?

その隣には、ボート観光のチケット売場。
また Fish & Chips もいただけるようだ。


まずは、観光案内所へ向うため細く急な坂道(階段)を登っていく。これが結構辛い?!

観光案内所の近くにある、ROYAL HOTEL
創業はなんと1700年、300年以上の歴史があるホテルだ。何度か建替えれているようだが、失礼ながら設備は古そう。


観光案内所に到着。
港から歩いて10分弱の距離だ!! 

まずは街の地図をゲットする。
館内に入ると、観光案内は勿論だがお土産物も販売している。
またここは Free WiFi なので、我が家はもちろんザイデルダムのゲストやクルーと思われる人でいっぱいだ!!


観光案内所で地図とネット・データをゲットし、次はすぐ近くにあったウイスキーの店へ。

店内には所狭しといろいろなウイスキーが並んでいる。
呑みてぇ~!! 

そう言えば、ここはスコットランド!スコッチ・ウイスキーの本場だ?! 
以前言った(書いた)が若い頃、よく高円寺のショット・バーに通った。
いろいろと試す(呑む)内に自分好みの物が何となく解ってくる。
中でも1番のお気に入りはスコッチではなくカナディアン・ウイスキーのCROWN ROYAL だ!!
これは受売りだが、好きな小説の一説にこんなのがあった。
「 クラウン・ロイヤルのなめらかな味が喉を潤した.. 」 

たまにはウイスキーも良いね (^^;


ウイスキーの店を見学した後、道路を挟んだ向かいにあった公衆トイレ(Public Toilets)へ立寄る。
パブリックなので無料で使えるが、あまり綺麗ではなかったが、用を足し次の場所へしばらく行くと、小洒落たカフェ/レストランが。
石造りの重厚な建物がとても印象的だ。


ポートリーの繁華街(?)をひと通りブラブラし、港を見下ろせる高台にやってきた。

意外と言ったら失礼だが、ポートリーにはホテルがかなり点在する。
主要産業は観光/農業/漁業とのことだが、ここでの観光ってなんなのだろうか。

船に戻ろうと通りを歩いていると、スーパーマーケットが。
海外のスーパーは意外に面白い。

結局、スーパーは覗いただけで何も買わず、港に戻りテンダーボートで船に戻る。

スコットランドなのにインディアンランチ

ザイデルダムのリドに掲げられたインド国旗
0:00pm ポートリー散策を早々に切り上げ、早くもリドでランチにする。
今日のリドのランチテーマは、Indian Food。

リドに並べられた香辛料
カウンターには多くの種類の香辛料が展示されている。
ただ、実は我が家は夫婦揃ってスパイシーな(辛い)料理が苦手。

とは言え、インド系(?)のシェフがお勧めするので、いただくことにする。


俺はシェフに勧めされた、シュリンプとチキンのカレー と タンドリーチキン。
先述した通り少々辛さが心配だったが、それほど辛くなくとてもまろやか味だ!! 
また添えられた、タンドリーチキン は味がしみ込んでいて、とても美味い (^^v

かあちゃんはいつも通り、寿司。
いつもの巻き寿司ではなく、押し寿司 かな?!

勿論デザートも欠かさない。今日は ピスタチオのカップケーキ と ??(忘れた)


日に日に胃袋がデカくなっていく俺。
シュリンプとチキンのカレー だけで物足りず、ラザニアを調達してきた。
そして、2種類のデザートを平らげた (^^;


食後はしばらくリドでまったりする。
数日前に知り合った Magdalena の男性パートナー・クルー、ROB(本名はもっと長い名前)としばらくおしゃべりする。
そうこうする内にリドが少し混んできたので、リド プールサイドへ移動。

リド プールサイドでのんびりした後は、いつもの GREENHOUSE SPA へ。
前回の西カリブ海クルーズと違い、今回スパは空いている時が多い。

大統領とお友達 にはほぼ連日お会いする。
でも何故か会話はしない (^^;


GREENHOUSE SPA で、2時間近くのんびりしている間に、ザイデルダムはポートリーを出港していた。

スパから自室に戻り、窓の外を見ると、天候が悪くなって来たようで、海も少し時化てきた。
今夜は船が揺れなければ良いが。

スパの後はクールダウンのため、リドでお約束のアイスクリーム・タイム。

が.. アイスクリーム・コーナーがオープンしていない?! 
ちょうど、そこへ ROB がきたので聞いてみる。

彼曰く、『( アイスクリーム・コーナー含め、5:30pmから )』 とのこと。
仕方ねぇ、暫く待つか。

アイスを喰った後、夕食まではデッキ10にある展望ラウンジのクロウズネストで読書にふける。

ル シルク(Le Cirque)で絶品シャトーブリアンを

ルシルクのウェルカムプレート

Evening Attire : Smart Casual

 

8:00pm 今宵はクルーズ中に1日だけ営業するル シルク(Le Cirque)で、ステーキ・ディナーだ!!

昨年末に乗船したクルーズ(旅行記「年末年始をカリブ海で|西カリブ海クルーズ」)では、ル シルクの営業はなかったので、2年振り。

ルシルムのソムリエ
テーブルに着くと担当クルーに続き、北区王子がやってきたが、今日は社長と呼ばない?!


テーブルに着いた時、メニューを持ってきてくれたが、何を食べるか既に決まっている。

まずは アミューズ。
クルーから説明を受けたはずだが、なんだか忘れちまった (^^;

前菜は夫婦揃って、Lobster Salad Le Cirque。
ロブスターは大ぶりで超美味い!!


俺のスープは、Garden Pea。
素材はグリーンピースだと思う。
若干(?)青臭さがあるが、でも美味い!! ル シルクやピナクルグリルでは目の前でスープを注いでくれる。

メインは夫婦揃って、Chateaubriand!! 
今宵、とても綺麗なサーバーが目前で切り分けてくれる。

焼き加減は Medium でオーダーしたが、彼女は 『 Perfect! 』 と言っていた。
切り分けてくれた Chateaubriand のお味は、マジでもう最高だった!!


最後のデザート。かあちゃんは、Creme Brulee ” Le Cirque “。
イチゴ好きの俺は、Strawberry Pavlova。
同じような物を、昨日の晩も喰ったように思うのだが、美味けりゃ2日ぐらい続いても問題ない!

それよりも過去に数回しか喰ったことがないChateaubriand。
今宵頂いた物はマジで、焼き加減/味など過去最高だった (^^v


ルシルクからのお礼
ル シルクで本当にこの上ないほど満足したディナーを堪能し、自室に戻る。

自室に戻ると、ターンダウンされたベッドの上には明日の Navigator, Towel Art と共に、Le Cirque からのお礼状と箱に入ったチョコレートが置かれていた。

今夜のタオルアート
因みに今宵の Towel Art は孔雀?!  

それでは、お や す み な さ い。 (^^v


ネス湖

to be continued 10th day
Invergordon, Scotland

次の旅行記へ(day10)

前の旅行記へ(day8)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

オススメ記事