コスタリカのプエルトモンのレインフォレスト

 

/ 2018年1月4日(木)

今日は最後の寄港地 コスタリカのプエルトリモン(リモン)。

今までにコスタリカって意識したことがありません。
どこにあるのかも定かではなかったかも。

そのため旅行前に少し調べてみました。

コスタリカは ここ にあります。

北にニカラグア、南東にパナマと国境を接し、カリブ海と太平洋に面しています。
非武装国家であり、また地球上のすべての動植物種の約5%が生息し、国土の約4分の1が国立公園・自然保護区となっていてエコツーリズムが盛んに行われているそうです。

そういえば、世界一きれいな鳥ケツァールが見れるのもコスタリカでしたね。

船は、7時にはプエルトリモンに到着。

外を見ると、雲が広がり、風もちょっと強い。
天気予報では “雨” だし。

今回のクルーズはお天気に恵まれてないです。

from Today’s Navigator

Weather: 78°F/26℃, Cloudy with possible Showers
Arrival : 7:00am  Last Tender : 3:30pm

朝食はビュッフェレストランのリドで

ザイデルダムのリドの朝食のエッグベネディクト
いつものようにビュッフェレストランのリドで朝食をいただきます。

夕べ、ピナクルグリル(Pinnacle Grill)で食べ過ぎたせいか、お腹は空いていない。

と言いながら、仲良くなったクルーからパンを勧められて思わず レーズンパンをトースト してもらう。
さらにエッグベネディクトもオーダーしてしまう。

むしろ普通より量の多い朝食となってしまいました。

ザイデルダムのリドの朝食
旦那はいつものオムレツ。
さすがにお粥はやめて、ペストリーを。

今日はエクスカーションを申し込んでいるため、集合時間(11時30分)まで船内でゆっくり過ごします。

モンスタートラックに乗って出発!

コスタリカのモンスタートラック
今日のエクスカーションは、このモンスタートラックでレインフォレストなどをめぐる約4時間のツアーです。(詳細は こちら

事前にホーランドアメリカのWebサイトから申し込んだのですが、そこにあったゲストの評価も良かったので、参加するのを楽しみにしていました。

旅行を申し込んだ代理店からは、コスタリカお勧め観光として “エアリエルトラムに乗るジャングル探訪” を聞いていたのですが、ちょっと費用が高かったのでした。
また、現地ツアーも探したのですが、ほとんどはコスタリカの首都サンホセを起点とするものだったので、最終的にこのエクスカーションに決めたのでした。

コスタリカのモンスタートラック
このエクスカーションは、コスタリカの自然を紹介するためにガイドのエリックとドライバーのホセの2人で始めたビジネスだと言っていました。

ちなみにこのトラックは、eBay でアメリカの軍事用トラックを買って改良した、なんて冗談を言っていました。

そうそう、集合時間に遅れてきたカップルが、2人の席が離れてしまうことがイヤなのかエリックに交渉していたようですが、希望(わがまま)がかなわず、最後にはトラックを降りてしまいました。
降りた途端、乗車していたゲストからは拍手が!


港を出て、しばらくは海岸線に沿ってトラックは走ります。

その後、森の中に突入!

モンスタートラックは水陸両用です。
川にも入って行ったり

川を渡っている動画(14秒)


また、鉄道と車が兼用する橋を渡ったり

車内ではエリックがコスタリカの紹介をします。
ゲストからの質問にもスラスラと答え、自分だったら日本についてこんなに答えられないな、とちょっと反省。

ちなみにコスタリカの一番の産業は?
コーヒーやバナナなどの農業や観光業かと思いきや、ICチップだそうです。

コスタリカのレインフォレストへ


トラックを降りて、レインフォレストを散策します。
アイビーや竹でシャツやトイレットペーパーを作っていると言っていました。

コスタリカのナマケモノ
再びトラックに乗り次の場所をめざしていると、急にトラックが停まりました。

なんと、木の上に「なまけもの」がいたのでした。(写真ではわかりづらいですね)
野生のなまけもの なんて初めてです。

それにしてもホセは運転しながらよく見つけるな~。


次はバナナ農園です。
かなり広大でトラックで走っても走っても農園は続いています。
でもこれでもコスタリカでは小さい方だとか。

ここでエリックからクイズ。
バナナの実に青い袋がかかっているのはなぜか?

答えは、雨(水)から防ぐため。
human と答えたゲストがいました。(笑)

ちなみにコスタリカのバナナ生産量は世界でも10位には入っていないそうです。
紫色の花はバナナの花です。
バナナの花は初めてみました。

バナナ農園に寄って試食でもあるのかな~と思っていましたが、残念ながら車の中からの見学のみでした。

コスタリカ風ピクニック

コスタリカ風ピクニック


最後にコスタリカ風ピクニック(Costa Rican-Style Picnic)です。

ソフトドリンクやブラウンシュガーから作られているというお酒が用意されていました。
お酒のアルコール度数は、なんと20度!


トルティーヤもありました。
普段はトルティーヤなどはあまり興味ないのですが、これにサルサソースをのせると美味しい!

また、スイカやパイナップルも食べ放題! 
お昼ごはんを食べてなかったのでこれは嬉しかったです。

これでツアーは終了で、トラックは船に向かいます。

が、買い物したいというゲストのリクエストに答え、途中お土産物屋さんに寄ります。
特に欲しいものもなかったので、私たちは何も買いませんでしたが。

船酔いでダウン。。。

ザイデルダムのリドピザ


3時過ぎ、船に戻って来ました。
今日のAll Aboard は3時30分なので、ギリギリです。

船に着く直前から雨が降り始めました。
トラックから船までの間、傘をさしたのですが、その傘を入れていたケースをどうやらトラックの中に落としてしまったよう。

ケースがないことに気がついたのは、自宅に帰ってスーツケースの荷物を片付けている時。
あ~、ケースをとりにコスタリカにもう一度行かなくちゃ。(笑)

トルティーヤを食べたといっても、まだお腹空いている!
ということで部屋に戻ることなく、リドへ直行。

既に3時30分過ぎということで、料理はほとんどなく、旦那はピザを食べます。


私はデザートのみ。

All Aboard が3時30分ということで、昨日と同じように外から帰ってくるゲストの時間が重なりリドは大盛況。
パスタコーナーには行列ができていました。

この後は、いつものようにスパへ。
出航後、船がまた揺れてきました。
Hydro Pool が流れるプールのように波打ってる~!

部屋に戻ると、なんとなく気持ち悪い。。。

薬を飲んで少し横になろうと思ったら、そのままダウン。
旦那も疲れがでたのか、同じように寝てしまいました。

というわけで、本日はこれにて終了です。
ディナーも食べず寝てしまうなんて、クルーズ9回目にして始めてのこと。

今日のディナーはリドで食べると、仲良く成ったArinda(リドのクルー) に約束したのに。
約束を破ってしまった。。。

ちなみに今夜のメインダイニングでのメニューは こちら 

それに夜のショーもイリュージョンということで、見たかったなあ。


ザイデルダムのリドのパン

to be continued 12th day
At Sea On the Caribbean Sea

次の旅行記へ(day12)

前の旅行記へ(day10)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事

 

オススメ記事