ザイデルダムの旗

 

2018年1月7日(日)

とうとう下船日の朝を迎えました。
11泊12日のパナマ運河クルーズもこれで終わりです。

今日は、下船後そのままフォートローダーデール空港に向かい、ヒューストンに移動。
ヒューストンで一泊し、翌日日本に帰る予定となっています。

最後の朝食もビュッフェレストランのリドで


7時、食事をとりに再びビュッフェレストランのリドへ。
最後の朝食も結局リドです。

いろいろと見て回ったけど、食べたいものがない。
下船する寂しさで食欲もわかないのかな。


お粥やエッグマフィンなども見てみたけど、どうも食べる気がしないのです。


毎朝たくさん食べたのに、今朝はフルーツとペストリーだけです。
今回もフルーツは甘くて美味しかった。^^
海外で食べるフルーツは味がない印象しかないのに、ホーランドアメリカのフルーツは毎回美味しいのです。

一方、旦那はお粥です。

昨日会えなかった Rob やWayan に会いたかったけど、残念ながらリドにはいませんでした。
Wayan は次に乗船する船はコーニングスダム(Koningsdam)だと言っていたので、次のクルーズはコーニングスダム にしようかな。
(といっても何の予定もたっていませんが)
次に合う時には、さらに立派なクルーになっているだろうな。


食事をしている間に、船はフォートローダーデールに到着していました。

隣のバースには同じくホーランドアメリカラインのユーロダム(Eurodam)が停泊していました。

ホーランドアメリカでの初クルーズは3年前のユーロダムでした。
その時のクルーズがとても楽しく、それ以降ずっとホーランドアメリカ ばかり。その時知り合ったクルーとはいまだに連絡をとりあっています。

ユーロダムは思い入れのある船なのです。

ザイデルダムからの下船


事前に下船後の予定などを提出しており、それによって下船時間が決められます。

私たちは、ホーランドアメリカが用意するバスでフォートローダーデール空港に向かいます。
一人$19。
ただし飛行機が米国国内線が11時30分、国際線が12時30分以降の出発の場合に限ります。

下船時間まで部屋で待つこともできるけど、私たちはラウンジで待つことに。
周囲にいる外国人たちは、旅行の思い出を話しています。

けれども、待っても待ってもなかなかコールされません。
結局約1時間遅れてコール。
こんなに待たされたのは初めて。待ち疲れた。。。

Gangway ではCruise Director のトム・クルーズがゲストを見送っていました。
ブリッジを渡り、船を離れます。
あ~、寂しい。

ターミナルでスーツケースをピックアップし、さあ入国審査に向かおう!と思ったら、なんと今までに見たことがない長蛇の列。
どう見ても1時間以上はかかりそう。

フォートローダーデール空港までは、ホーランドアメリカで手配したバスを予約しています。
特に時間が指定されているわけではありませんが、そのバスに間に合うか心配。。。

私は長蛇列に並び、旦那に偵察に行ってもらったところ、どうやらUS とNon US で列が分かれているらしい。
そしてNon US の列はかなり短いよう。

急いでNon US に並びます。
ようやく順番がまわってきても、指紋スキャンがなかなかうまくいかず、最後には審査官が飲んでいたボトルウォーターの水で湿らせてなんとかパス。

結局、下船時間から2時間もかかって外にでることができました。
それにしても列が分かれているということの案内もなく、オペレーションが悪い。
最後にこんなことがあるとは。

急いでバス乗り場へ。
ちゃんとバスは待っててくれました。
乗車後、すぐに満席になり、出発。

フォートローダーデールからヒューストンへ


15分程度でフォートローダーデール空港に到着。

まずは端末でバッゲージに付けるタグを出し、チェックインもこの端末で完了。
日本語表示もあるので、そんなに難しくありません。

その後バッゲージを預けるために、手荷物にしていた荷物をスーツケースに詰め直します。
なんと、詰め直したら規定の23kgジャスト!
セーフ!

でも預けるために1個$25必要。2つで$50はきつい!

搭乗時間は2時過ぎ。
まだまだ時間はあるので、搭乗口で休憩します。

UA 832 2時40分。ヒューストン行きの搭乗開始。
約3時間の飛行です。

そして今回もほぼ満席。。。


17時過ぎ、ヒューストン到着。

空港内で夕飯を調達して、タクシーで今夜のホテルへ。

シェラトン ノース ヒューストン アット ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル
今夜のホテルは、シェラトン ノース ヒューストン アット ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル(Sheraton North Houston at George Bush Intercontinental)です。

空港からタクシーで10分弱くらいでした。

シェラトン ノース ヒューストン アット ジョージ ブッシュ インターコンチネンタル
ホテルに到着した時には、もうあたりは真っ暗。
結局今日はフォートローダーデールからヒューストンへの移動だけで一日が終わってしまいました。

それにしてもタクシーは猛スピードだし、おまけに目的地を行き過ぎてしまうし、でちょっとドキドキでした。


こちらが今回宿泊した部屋です。
ホリデーシーズンを過ぎているためか、クラブルームなのに前泊したベストウエスタン(Best Western)より安かったです。
クラブルームなのでビジネスラウンジが使えます。また朝食も無料です。

ただ、ラウンジに行ってみても、コーヒーメーカーは故障中、食べ物もなし。
ボトルウォーターがあるのみでした。(日曜日の夜だから?)

荷物を片付けた後、近くにスーパーがありそうなので外を散策してみることに。
でも行ってみると、スーパーでもコンビニでもなく、サブウェイやレストランがあるだけ。
しかもほとんどのお店はやってない。(日曜日の夜だから?)

仕方なく、先の方にガソリンスタンドが見えたので、そこに向かってみることに。
と、GSに併設されてコンビニがあり!


そしてこれが今夜の食事。
ヒューストン空港で買ったSpicy Tuna と、Salmon のお寿司です。
お店のお兄さんに「No.1!」とお勧めされたものです。

あ~、夕べはステーキだったよな~。


ANAビジネスクラスでの食事

to be continued 15th day
Fly to Narita 

次の旅行記へ(day15)

前の旅行記へ(day13)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事

 

オススメ記事