ハーフムーンケイ沖に停泊するザイデルダム

 

/ 2017年12月28日(木)

5:30am おはようございます。
(ここからは旦那に代わって かあちゃん が執筆します

夜明け前のザイデルダムのシービュープール


クルーズ2日目、旦那の早起き生活が始まりました。
なぜかクルーズ中は、朝早く起きるのです。

まずは朝の一服。
一つ上のデッキにある唯一の喫煙所でのんびり一服する旦那。

日の出前、まだ辺りは真っ暗だが、既に働いているクルーがいます。お疲れさまです!

from Today’s Navigator

Weather: 80°F/27℃, Scattered Showers
Arrival : 8:30am  Last Tender : 2:30pm

朝食はビュッフェレストランで


今日はホーランドアメリカラインのプライベートアイランド、ハーフムーンケイ(Half Moon Cay)に寄港します。

6時30分過ぎに朝食をとりにデッキ9にあるビュッフェレストランのリド(Lido)へ。

この時間だとまだほとんどゲストはいません。静かに食事ができます。

今朝は、前回のクルーズからはまったお粥(Congee)を食べます。
残念ながら、お粥の担当は前回とは代わってしまっていました。

お粥のトッピングは鰹節、ゆで卵、ネギ、お肉のそぼろ、ガーリックチップなどが用意されています。
お粥自体はクルーがよそってくれますが、トッピングは自分で好きにのせることができます。


旦那はお粥の他にオムレツも。
オムレツは、中に入れる具材を選ぶことができ、オリジナル・オムレツを作れるのです。

オムレツコーナーはいつも混んでいて朝一番の人気コーナーですが、旦那には欠かせないようです。

私のサイドメニューは、スモークサーモン。


窓の外を見るとホーランドアメリカの船が見える!

昨日フォートローダーデールの港で、このザイデルダムの隣のバースに停泊していた コーニングスダム(Koningsdam)です。

コーニングスダムは昨年末のカウントダウンクルーズで乗船した船。
懐かしい~。

恐らく年末のカウントダウン カリブ海クルーズ中で、ザイデルダムと同じくハーフムーンケイに寄港するのでしょう。

プライベートアイランド・ハーフムーンケイへ

ハーフムーンケイの看板


8:30am 出場準備を整え、テンダーボートのチケットをもらいにデッキ2 へ。
すぐにチケットはもらえました。

そしてデッキ1のギャングウェイ(Gangway)からテンダーボートに乗り換えます。
ハーフムーンケイには接岸する埠頭がないので、上陸するためにはテンダーボートが必要なのです。
ちょっと面倒くさいですね (^^;


ハーフムーンケイの地図
ちなみにハーフムーンケイは、ナッソーから約16km(10マイル)の距離にあります。
10平方km程度の小さな島ですが、島の2%しか手を入れていないそうです。

また、数あるプライベートアイランドの中でも美しいと言われているハーフムーンケイは、ビーチが半月型になっているからこの名前が付いたそうです。

昨日乗船したばかりでまだ心の準備(?)ができていないまま、ハーフムーンケイに上陸です。


さあ、上陸します!

でもお天気がいまひとつ良くない。
天気予報では 雨 となってるし。。

おまけにテンダーボートの最終乗船(Last Tender)が2時半ということで、滞在できる時間が短いのです。


昨年も今回と同じ時期にきましたが、日差しが強くても海水は冷たくて海には入れなかったので、今回はビーチで遊ぶのは諦めました。

ということで、今日は島内散策をすることに。

昨年も見ましたが、ここでは鶏が島内を自由に闊歩(?)しています。よーく見ると、親鳥の後に可愛いヒヨコが付いていっています。

途中、教会を発見。
中に入ってみると、こんな感じ

窓の向こうに船が見えます。まるで1枚の絵を切り取ったようです。


まずは、今いる場所とは反対側にある Stingray Adventure をめざします。
ハーフムーンケイの地図はこちら

うっそうとした緑の中を進んでいきます。

多くの人はビーチにいると思われるので、ビーチを外れるとほとんど人影はありません。

コーニングスダムのゲストの定員は2,500人以上、それに約2,000人のザイデルダムのゲストを合わせるとかなりの数になります。
全員が上陸するわけではないと思いますが、それでもハーフムーンケイは混雑するだろうなあと思っていたのですが、ここは静かです。

美しい海でエイと一緒に泳ぐ

ハーフムーンケイのStingray Adventure の看板


小さな島なのですぐに島の反対側に到着。

海辺の一角が囲われていて、その中にたくさんのStingray(エイ)が泳いでいます。
ここではエイと遊ぶアクティビティがあります。

ハーフムンケイのエイ
それにしても海が透き通っていてとてもきれいです。


海を見下ろす場所に屋根付きのベンチがあり、しばらくここで休憩。

まだアクティビティが始まっていないため誰もおらず、静かです。

上陸した時は曇りだったのですが、たまに太陽が顔を出すと蒸し暑い!
でもここは風が通ってとても気持ちいいのです!

しばらくすると、昨日ザイデルダムを紹介するプレゼンで隣に座っていたカリフォルニアに住む女性に遭遇。

なんと彼女の旦那さんは日系3世で少し日本語を話すということ。
また夫婦揃って大学の Professor だそうです。
(これ以降、彼らとはしばしば遭遇することに)

ハーフムーンケイでのランチ


次はStingray Adventure から少し北上した場所にある Water Sports Center という場所をめざします。

途中 「Nature Walk」という看板を発見。

そういえば、自然観察をするというアクティビティもあったような。
Nature Walk は舗装されていない道を進まなくてはいけないようです。

ハーフムーンケイでのアクティビティといえば、乗馬(Horseback Riding)ですよね。
一度は馬に乗りたいと言っている旦那に勧めているのですが。。。
海辺を馬に乗って走る、なんて素敵ですよね。


あまり見る所もないのでビーチに戻ってきました。

残念なことに空は雲で覆われています。
晴れていれば海ももっとキレイに見えていたことでしょう。

沖を見ると、
おおーー! コーニングスダムとザイデルダムが見えるではないですか!

どちらも乗った船だけに感激もひとしおです。

ビーチでは、この三輪車のようなもので海を走っている人もいました。
これは面白そう!
次にここに来た時には、絶対乗ってみよう!


11時になったので、ちょっと早いけどランチにすることに。

食事はフードパビリオンでビュッフェスタイルでいただきます。

私は、ハンバーガーに、野菜サラダ、シーフードサラダ、マンゴーサラダ。
ビッグなお肉の罪悪感を薄めるため、サラダをいろいろととってみました。(笑)
小エビがたくさん入っているシーフードサラダは我が家のお気に入りです。

ランチを食べていると、昨日旦那が船の喫煙所で会ったというアメリカ人と同席に。

彼は日本語を勉強しており、一緒にクルーズに来ているベトナム人のガールフレンドに日本語を教えていると言っていました。(でも彼との会話はすべて英語)

ランチの少し前から降り始めた雨は、この頃には土砂降りになっていました。
ただ、食べ終わる頃には少し小降りになったので、思い切って船に帰ることに。

ところがテンダーに乗る頃には、雨はすっかりやんで、太陽もでてきました。
もっと早くに雨があがってくれればよかったのに。。。

 

プライベートアイランドの中でも抜群の美しさハーフムーンケイの詳細についてはこちら
ハーフムーンケイ(Half Moon Cay ) | ホーランドアメリカ プライベートアイランド

 

船に戻ってのんびり休憩

ザイデルダムのリドのアイスクリーム


船に戻った後は、スパへ。

ここでも半年前のクルーズの時にもスパを担当していたクルーと再会。
その時は話したことはなかったのですが、なんと私のことを覚えていてくれたのでした。

旦那も同じように男性用のスパを担当しているクルーと再会したそう。
彼は近くこの船での契約が終了し、その次はアムステルダム(Amsterdam)に乗船し、2018年秋には日本に来るとか。
日本でまた会えたら楽しいですね。


スパの後は恒例のリドでアイス&デザート。

お腹を満たした後は、これまた恒例の展望ラウンジのクロウズネスト(Crows Nest)で読書&ゲームなどを楽しみます。

ただ、今回クロウズネストの冷房が効きすぎているのかとても寒い!
暑いカリブ海の上なのに、船内ではフリースが欠かせませんでした。

ディナーで記念日を祝ってもらう

ザイデルダムのメインダイニング
7:30pm、ディナーをとりにメインダイニングに行きます。

もちろん今日もオープンシーティングです。
待っている人も少なく、すぐに受付でペイジャーをもらえました。
待ち時間も15分程度らしい。
ラッキー!

と思ったのもそこまで。

30分たっても呼ばれません。

見かねてDoorman のクルーが調べてくれ、そのままテーブルに案内されました。

忘れられてた?
う~ん、もっと早くにこちらから確認すべきだったのか。。

とにかく今日も気分悪いディナーのスタートになってしまいました。


前菜は2人とも Calypso Shrimp Cocktail。

旦那のスープは Chicken and Callaloo Soup。
メインは Parmesan-Coated Veal Loin。これはカツレツみたいな感じ。


私のメインのShrimp Diablo は、ちょいピリ辛。

旦那のデザートは Lemon Torte。no sugar です。
でもホーランドアメリカのデザートは no sugar でなくてもそんなに甘くないです。

私のデザートは Pineapple Sundae。ホーランドアメリカのSundae は大好き!

今夜アサインされたテーブルを担当してくれたサーバーは超忙しそう。
普段はアシスタントサーバーが付くのですが、今日は見当たらない。
キッチンも忙しいのか、料理もなかなか出てきません。

夕方、リドを見た時、夕食時だというのにほとんどゲストがいませんでした。
今までのクルーズだとそれなりの人がリドで夕食をとっていたのに。

昨日再会したクルーのRob に聞いたところ、今回のクルーズには団体が乗船しており、その人たちでメインダイニングの予約はいっぱいになってしまったと。

そういえば、海外のクルーズの掲示板を見た時、Jazz の愛好家(?)らが乗船するという書き込みをみたっけ。。。

結婚記念日のお祝いのケーキ


実は今日12月28日は結婚記念日。
そのことを代理店を通じて事前に船側に伝えておいたら、食後に記念のケーキをいただきました。

サーバーは忙しいし、なんか手際悪そうだったので、お祝いなんてされないだろうなあと思っていたら、嬉しいことにこのケーキとお祝いの歌を唄ってくれました。

ホーランドアメリカのクルーズを経験されている方ならきっと聞いたことがある あの歌です。

♪ Panjang umurnya panjang umurnya
Panjang umurnya serta mulia
Serta mulia serta mulia ♪


でも食後のコーヒーはなし。
お願いするのもためらってしまい、この後リドでゆっくり飲みました。

今夜のお食事のメニューはこちら。デザートメニューはこちら

今夜のタオルアートは?
お腹いっぱいで部屋に戻ります。
今夜のタオルアートは、これは何?

明日は洋上日。ゆっくりしようっと。


ザイデルダムのリドに並ぶデザートto be continued 5th day
At Sea On the Caribbean Sea

次の旅行記へ(day5)

前の旅行記へ(day3)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事

 

オススメ記事