オラニエスタッド/アルバ

 

2017年12月30日(土)

5:30am おはようございます。

クルーズ4日目、今日も早起きの旦那は、いつものように客室一つ上のデッキにある喫煙所で一服。

喫煙所と同じデッキにあるビュッフェレストランのリドにはまだゲストの姿はありません。
静かなひとときを過ごす旦那。

今日はアルバ(Aruba)の首都のオラニエスタッド(Oranjestad)に寄港します。

アルバはオランダの自治領で、近隣にある同じくオランダ領のボネール(Bonaire)、キュラソー(Curaçao)と共にABC諸島といわれています。
(場所はこのあたり

アルバは、私たちにとって初めて訪れる国です。

from Today’s Navigator

Weather: 82°F / 28°C、Scattered Showers
Arrival: 1:00pm All aboard: 10:30pm

朝食はビュッフェレストランのリドで

ザイデルダムのリドに飾られた花


リドにもクリスマスの飾りが残っています。

いつかはクリスマスも船の上で迎えてみたい!
きっと盛大なパーティーがあるんだろうなあ。


7:30am この日も朝食はリドでいただきます。

到着が遅いためなのかゲストの出足も遅いようで、そんなに混んではいません。
静かでいい。

今朝は若い女性クルーとおしゃべりをしました。
彼女は、半年前のノルウェーフィヨルドクルーズの時にはいなかったよね。
(その後、彼女とは何度も会い、とても仲良しに ^^)

このようにクルーとおしゃべりするのも楽しい時間です。

アルバ到着まではクロウズネストで過ごします


アルバへの到着予定は1:00pm。

まだまだ時間があるので、朝食後はクロウズネストで過ごします。

でも冷房が効きすぎて、長居していると身体が冷えてしまう。。。

船内は冷房が効きすぎている場所があるので、暖かい場所へのクルーズでもフリースやストールなどは必須です。

再びリドで、今度はランチ


11:30am  ランチをとりに再びリドへ。

さっき朝食を食べたばっかりだよな〜と思いつつ、いつものように食べてしまう。笑

旦那はお気に入りのアジアン料理とサラダ。
私はお寿司とフルーツ。

お寿司は毎日異なるネタが用意されており、飽きることがありません。
(たまに ハズレ もあるけど ^^)


あれ〜、お腹空いていないはずなのに、デザートも食べてしまう。
それも2個も。

まあ、小振りだからいいか。


船はアルバに近づいてきました。

海の中の浅瀬に木が生えています。
不思議な光景です。

天気予報では雨となっていますが、なんとかお天気はもちそうかな。

カリブ海の楽園 アルバに到着

アルバの看板


1:00pm  アルバの首都オラニエスタッドに到着。

船を降りてターミナルビルへ向かいます。

ターミナル内にはInformation があり、そこで地図をもらいます。


ターミナルビルの中には数軒のショップも入っていました。

その中のアロエのお店。
アルバはアロエでも有名だそうです。

ターミナルビルを出ると、カラフルなバス(トラック?)がとまっていました。
Kukoo Kunuku というパーティーバスで、島内ツアーをしたり、バー巡りをするらしいです。
そういえばディナー付きのエクスカーションもありました。
元はスクールバスで、それを日本人がペイントしたバスもあるそうです。


ターミナルを出ると、メインストリートと思われる通りに出ました。

ショッピングモールや高級ブランド店、カジノなどが立ち並ぶ賑やかな通りです。
このあたりはカラフルな建物が多いですね。

もっと都会かと思っていたけど、高層ビルなどもなく、どことなくグランドケイマンに似たのんびりとした雰囲気です。


メインストリートを横断した先にバスターミナルがあると聞いたので、そこに向かいます。

アルバはビーチが美しいと聞いたため(さらに小さな島なのにビーチが10以上もあるらしい)、クルーズターミナルに近いイーグルビーチに行くことにしたのです。

それも路線バスを使って!
ドキドキ!!

このショップの脇にチケット窓口があります。

心配性なので、事前にどのバスを使えばよいか、また金額や時刻なども完璧に調べました。(笑)

でも路線バスでイーグルビーチに行くクルーズゲストも多いようで、彼らについていけば大丈夫でした。

イーグルビーチまでは、往復で一人$10です。
アルバの通貨はアルバ・フロリンですが、米ドルも使えました。

白い砂とターコイズブルーのカリブ海のイーグルビーチ

アルバのイーグルビーチ


イーグルビーチに行くバスは頻繁に出ているようで、すぐにバスがやってきました。

驚いたことに乗車した前のドアを開けたまま走り出したのです!

ドアのすぐ後ろに座っていた私たちはビックリ。
おまけにものすごいスピードを出して走る!!

10分ほどアトラクションのようなバスを楽しんだあと、イーグルビーチに無事に到着。

車内放送がないので、いつ降りれば良いのか心配でしたが、ドライバーがちゃんとアナウンスしてくれました。


バス停からすぐに砂浜が広がっていました。

白くてサラサラの砂浜が続きます。

そしてターコイズブルーの海。
カリブ海は本当にきれいです。

砂浜はきれいですが、靴は真っ白に。。。

アルバのイーグルビーチの木
ビーチに生えている木は、潮風の影響?で面白い形に変形しています。


ビーチの向かいにはホテルやレストランが並んでいます。
アルバはアメリカ人にとって人気の観光地の一つだそうです。

泳ぐわけでもなく、ビーチでのんびりするわけでもない私たちは、すぐに町に戻ります。

爆竹が炸裂!アルバのメインストリートが大騒ぎ


バスに乗って再びクルーズターミナルの前のメインストリートに戻ってきました。

すると通りに何なら人だかりが。

見てみると、大量の爆竹!!
それもかなり遠くから続いているようす。。。

どうやらここが最終点で、大量の爆竹が山積みされています。

と、始まりました!
始めは遠くから始まった爆竹が徐々に近づいてきます。


目の前の爆竹が炸裂し始めました。

がんばって動画をとっていたのですが、大音響に耐えられず途中で断念。

そして最後の山積み爆竹が破裂し、あたりは真っ暗。
火の手もあがり、セキュリティが消火していました。

帰国後、調べてみたのですが、結局なんのイベントだったかは不明。

その時にがんばって撮った動画はこちら(1分7秒)

年末の博物館は休館でした


爆竹イベントで道が一時封鎖されてしまったため、周辺では交通渋滞が発生。

私たちはその渋滞の脇を抜け、考古学博物館をめざします。
考古学博物館には、陶器、殻、石、骨、ガラスなど10,000以上のアメリディアン工芸品のコレクションがあるのです。

でも行ってみたら、閉館中!

よく考えてみたら、今日は12月30日。
博物館も年末はやってませんよね。


次にアルバ歴史博物館に向かいます。

途中、「I ❤ Aruba」という看板の前で記念写真。
事前にアルバの見所を調べていた時に、多くの旅行ブログ内で見かけた看板です。

アルバ歴史博物館まで徒歩で約10分。

ここは元々はゾートマン砦として1796年に建てられました。
要塞としての必要が無くなった後は、灯台の役割も果たしていたそうです。

ですが、ここも閉館中でした。。。
年末年始の旅行は注意が必要ですね。

その後は民芸品などを売っているお店をブラブラ見たりして船に戻ります。


町中にはこのような青い馬のモニュメントがあります。
いくつかあるようです。
(右の写真は馬ではありませんね ^^;)

船に戻ってのんびり過ごす


4:30pm  船に戻り、疲れた身体をいやすためにリドへ直行し、糖分補給。

その後はスパへ。

今日のall aboard は夜の10時30分のため、この時間は多くのゲストは外に出ているのでしょう。
昨日とはうってかわってThermal Suite もHydro Pool も貸し切り状態です。

部屋に戻ろうとした時、昨日会ったスパのクルーに再度会い、20分ほど話し込んでしまいました。
彼女は来月この船を降り、次はノールダム(Nordam) に勤務するそう。

そうそう、彼女に、日本語は「漢字」「ひらがな」「カタカナ」の3つのキャラクターを持っているけど、話している時はどれを使っているの?と聞かれました。
う~ん、そんなこと考えたことないよ~。

ディナーはメインダイニングで

ザイデルダムのディナーの前菜


8:00pm ディナーをとりにメインダイニングへ。
今夜のドレスコードは、Smart Casualです。

今日もオープンシーティングですが、時間の予約だけは入れてあるので、待つことなくテーブルに案内されました。

旦那の前菜、Seafood Deviled Eggs。
いわゆるゆで卵料理です。
アメリカでは有名なパーティー料理ですね。


私の前菜は Crispy Soft Shell Crab with Asian Slaw。
蟹のフライです。
Soft Shell Crab は殻も柔らかくて美味しい!

旦那のスープは Antillean Seafood Soup(恐らく)、
メインは Broiled New York Strip Loin です。

Broiled New York Strip Loin は、Signatures Menu といってGala 以外は毎日提供されるメニューです。
旦那はこのクルーズ2回目です。
他に美味しそうなものがなかったから?


私のメインは Chorizo and Shrimp Paella。
チョリソとエビのパエリアです。
ですが、どちらかというとリゾットという感じ。

旦那のデザート、Chocolate Delight。
写真ではなんだかわかりませんね。(笑)
チョコレートケーキにチョコレートムース、チョコレートガナッシュというチョコレート三昧のデザートです。

私のデザートは、Blueberry Sundae。
3日連続のサンデーですが、フレーバーが毎日異なるので飽きません。

今日のサーバーはとても面白く、旦那がスープを飲んでいる時、私は何も食べる物がないだろうということで、同じ前菜(Soft Shell Crab)を再度サーブしたのでした。

え~!もう食べれないよ!!

ということで、旦那に食べてもらいました。

その他にも、旦那のNew York Strip Loin をベジタリアンと言ったり、Blueberry Monday と言ったり。
楽しいディナーでした。

今夜のお食事のメニューはこちら。デザートメニューはこちら

今夜のタオルアートは?


今夜のメインステージは、9時30分からの Frozen Planet Live の1回のみ。
ディナー中だっため、見ることはできませんでした。

本日のタオルアートは、??

明日は、ABC の C です。


to be continued 7th day
Willemstad, Curaçao

次の旅行記へ(day7)

前の旅行記へ(day5)

旅行記の目次へ

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロが希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれる「タウンライフ旅さがし」

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の旅行会社から金額やプランなど自分の希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。

提案されたプランを契約しなくても費用がかかることはありません。

もちろんクルーズ旅行も依頼できますよ。

自分に合った最高の旅行プランを見つけましょうね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事

 

オススメ記事