瀬戸内海を航行するフォーレンダム

楽しみにしていた関門海峡クルージングは

2018年4月21日(土)

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ11日目。

昨夕、釜山を出港した船は再び日本に戻り、今日は広島に寄港します。

事前にもらったスケジュールには、広島到着の前に「 Kanmon Senic Crusing」 とあり、関門海峡の景色が見れるのだと楽しみにしていました。

でも、何と関門海峡を通過するのは明け方の3時から4時頃だということ。

そんな時間では何も見えない!
そもそも起きていられない(or 起きることができない)
あ~、残念。。。

それにしても、何も見えない時間でも Senic Crusing というのだろうか?

from Today’s Navigator

Weather: 70°F / 21°C、Sunny
Arrival: 12:00am All Aboard: 7:00pm

瀬戸内海に浮かぶ島々
毎日早起きの旦那だが、さすがに関門海峡を通過する時間には起きれなかったらしい。

この写真は6時過ぎに撮ったもの。
周防灘、国東半島沖あたりでしょうか。

朝焼けに浮かぶ島々。幻想的ですね。
私も早起きすれば良かった。

フォーレンダムのリドの朝食
8時過ぎ、いつものようにビュッフェレストランのリド(Lido)で朝食。

そして、いつものようなメニューの旦那。
お粥にアメリカンなサイドメニュー。

フォーレンダムのリドの朝食
私は、昨日と同じく仲良くなったクルーが焼くクレープ。

夜にたんまり食べているので、朝はこのくらいでちょうど良い?
でも朝から糖分取り過ぎ。

リドにあった今夜のディナーの案内
テーブルには、今夜行われる 「A Teste of Asia」の案内。
今日のリドでのディナーはアジア料理ということですね。
これは楽しみ!

穏やかな瀬戸内海クルージングを楽しむ

フォーレンダムから見た伊予灘
朝食後は、展望ラウンジのクロウズネスト(Crow’s Nest)にあるソファーに座って景色を楽しみます。

これは伊予灘あたりかな。

フォーレンダムから見た瀬戸内海の島々
次から次へと島が表れ、見飽きることがありません。
途中、岩国と思われる町並みなども遠くに見ることができました。

広島への到着時刻は12時。
それまでクロウズネストで穏やかな瀬戸内海クルージングを楽しみます。

広島に到着

広島港での歓迎の放水
広島港に入ってきました。
島々をバックに歓迎の放水があがっています。

広島港
11時過ぎ、着岸。
ここは広島港五日市埠頭です。

テンダーで上陸するわけではないのですが、入国審査があるためか下船するためにはまず船内でチケットをもらわなくてはいけません。

早く下船したかったので、チケット配布開始のアナウンスが始まる前に、配布場所であるオーシャンバー(Ocean Bar)に行ってみます。
と、すでに行列ができていました。@@

旅行代理店の添乗員の方によると、上海よりも今日の方が船外に出る人が多いとか。

広島港に停泊するフォーレンダム
チケット入手後、外に出ます。

今日も天気が良いです。
そしてちょっと暑い!まだ4月だというのに。

入国審査と税関を抜けると、ターミナルからJR五日市駅までの無料のシャトルバスが待っていました。
そう、私たちは今日も自力で観光です。

広電に乗って広島観光スタート

広島・五日市駅の広電
シャトルバスに乗り、15分ほどでJR五日市駅に到着。

バスを降り、広電の五日市駅へ移動。
JRと広電の駅は隣接していました。
広電の五日市駅は無人駅のようで、ホームにある整理券をとる必要があるよう。

ホームにある運賃表を見ていた外国の方が、なぜ料金が2つ(上段と下段)に書かれているのか?と聞かれたので、大人と子供料金だと教えてあげました。
確かに説明がないとわからないですよね。

広電車内から見た広島市内
広電に揺られ30分、原爆ドーム前駅に到着。

このあたりは以前仕事で何度も訪れた場所です。
空き時間にデパートで化粧品や洋服を買ったこともあったなあ〜。

原爆ドーム
今日の第一の目的は、原爆ドームです。

広島には何度も来たことがあるのですが、旦那も私も原爆ドームや平和記念公園に行ったことがなかったので、いつかは訪れたいと思っていたのです。
土曜日ということもあり、多くの人が訪れていました。

広島観光は続きます。


広島のお好み焼き

to be continued 11th day

次の旅行記へ(day11-2)

前の旅行記へ(day10-3)

旅行記の目次へ

 

オススメ記事