フォーレンダムの展望ランジのクロウズネスト

いよいよフォーレンダム船内へ

さあ、乗船です!

客室にはまだ入れないということなので、Deck-8のビュッフェレストラン・リド(Lido)へ直行!

フォーレンダムの船内


ゲストが少ないせいか半分しかカウンターが空いていませんでした。

まずは、どのような料理があるのか一回りしてみます。
ワクワク!

あれ?リドも今まで乗船したコーニングスダム(Koningsdam)やザイデルダム(Zuiderdam)より小さい?
(そりゃ乗客定員が違うので当たり前ですね)


さあ、フォーレンダムでの初ランチです!


まずいただいのは、数種類の具材やドレッシングから好みのものを選んで作ってもらうサラダ。
特にアジアン(ジンジャー)と呼ばれていたドレッシングが美味しくて、前回のクルーズではほぼ毎日食べていました。
今回も早速いただきます!

ビーフンのような麺と肉炒めは、味が良いのですが、辛くて辛くて。。。
それにお寿司も食べました。


こちらはデザートコーナー。
いつも多くの種類のデザートが用意されています。もちろんアイスクリームもありますよ。

無料のソフトドリンクは、コーヒーと紅茶(ティーバッグで数種類、緑茶もあり)、レモネード(ピッチャーに入っている)だけ。
朝食時にはいろいろな種類のジュースが用意されますが、昼や夜はちょっと少ないですね。


これが今回最初のデザートです。
さあ、クルーズ中に一体どれだけ食べることになるのでしょうか。

それにしても、つい先ほどまでは日本語一色だったのに、乗船した途端に外国になってしまい、頭を英語モードに切り替えるのが難しかったです。

客室に入ってみると、ビックリ!

フォーレンダムの客室のベッド
ランチの後は、客室(キャビン)へ向かいます。

私たちが14泊宿泊する客室は、デッキ1の先頭にあるハンディキャップルームでした。

ハンディキャップルームためとても広いです。
部屋が広いせいか、収納がたっぷりで良かったです。

ただ、ドアとベッドが近いため、ドアを開けるとベッドが丸見えに。
またオーシャンビューなので窓がありますが、ベッドの頭方向の奥にある小さな丸窓が2つです。窓から外を見るためには、ベッドを乗り越えていかなくてはいけません。

さらに冷蔵庫がありませんでした。

なお、今回はオーシャンビューのギャランティで申し込みしましたが、申し込み時のカテゴリーから少しだけアップグレードされていました。

 フォーレンダムの客室については次の記事で詳しく解説しています。
Volendam Cabin (フォーレンダム) | ホーランドアメリカ 客室

 

初めてのフォーレンダムを散策

フォーレンダムの展望ラウンジのクロウズネスト
スーツケースが届いていたので荷物を収納した後は、Deck-9の船首にあるラウンジ・クロウズネスト(Crow’s Nest)へ行ってみたり、リドに戻ったりと、船内をウロウロ。

上記写真はクロウズネストです。

クルーズ中は、ここで読書をしたり、音楽を聞いたりとまったりと過ごすことが多い、船内では好きな場所の一つです。
前回乗船したザイデルダムでも昨年船内の大改修があり、クロウズネストはかなりモダンな雰囲気に変わっていました。ただこのフォーレンダムは以前のザイデルダムのような落ち着いた雰囲気のままでした。


フォーレンダムのデッキチェア
船内散策中に見つけた船尾部分のデッキ。
ここでのんびりと海を眺めるのも良いかもしれませんね。


フォーレンダムから見た横浜大桟橋とベイブリッジ
デッキから周囲を眺めます。
乗船前に降っていた雨はすっかり止んで明るくなっていますが、風が強くて寒い。

あのベイブリッジを通過する瞬間を見たいけど、今日の出港は夜7時。
きっと暗くて見ることはできないだろうな。

フォーレンダムのスパのラウンジャー


今回もクルーズ中にスパのサーマルスイート(Thermal Suite)やハイドロプール(Hydro Pool)が利用できるカップルパスを購入。

ラウンジャーは5つしかなく、争奪戦が起こるかも?
なお、ミストサウナは2つありました。


フォーレンダムのスパのハイドロプール
上記写真はハイドロプール。
プールと書いてありましたが、どうみてもプールとは思えない。
4人も入ったらいっぱいでは?

ロッカーも狭かったです。
ただザイデルダムにはなかったドライヤーが置いてあったのは嬉しい!
でもスパ全体としてはコーニングスダムやザイデルダムのほうが設備は良さそうです。

5時過ぎにスパに来てみたら、誰も使っておらず、貸し切り状態!
ラウンジャーに横になり、気がつくと爆睡!!でも今日は4時起きだから仕方ないよね。

気がついたら、ドリル(避難訓練)の時間が迫っていました。
慌てて部屋に戻ります。

今日は出航が7時、ドリルは7時15分なのです。

横浜大桟橋での出港イベント
7時15分 ドリル。
ドリルはデッキで行います。
キャプテンの話とライフジャケットのデモを見て終了。

目の前には大桟橋から船を見学している人がいます。
そういえば、ドリルをやっている時に見学者がいるなんてシチュエーションは今までなかったので、ちょっと新鮮な感じ?

出航時、大桟橋では和太鼓の演奏がありました。
ゆっくり見て(聞いて)いたかったのですが、ディナーの時間が迫っていたので、少しだけ見学してメインダイニングへ向かいます。

フォーレンダムでの初ディナー

フォーレンダムのメインダイニング
8時 ディナーの時間です。
メインダイニングでいただきます。

ディナーはこのメインダイニングの他にも、ランチをとったブッフェレストラン・リドでも行っています。またルームサービスを利用して部屋で食べることもできます。

メインダイニングでのディナーは、予約制(5:45または8:00)とオープンシーティングのスタイルがあります。
出航1週間前に申し込んだ私たちは、残念ながら予約はとれず、今回もオープンです。
前回のオープンはあまり良い思いがなかったため、今回もあまり期待せずメインダイニングへ行きます。

年末のように受付にゲストが行列を作っているわけでもなく、すぐにテーブルに案内されました。

フォーレンダムのメインダイニングのテーブル
周りをみると空席が。。。
あれ、かなり空いている。

今夜私たちのテーブルを担当してくれたのはサーバーはKadeck(カデック)。
バリ島出身で、知り合いが東京に住んでいるとか。
あまり忙しくないのか、いろいろと話をすることができました。このようにクルーといろいろとお話するのが私たちの楽しみの一つなのです。


前菜は2人とも同じ、Seared Scallops (bacon, tomato, avocado puree, and vanilla-scented vinaigrette)。
スープは旦那のみ、French Onion Soup “Les Halles” ( Gruyere cheese crouton)。

私のメイン、Shrimp, Andouille & Grits (okra, zesty tomato sauce, citrus, roasted poblano pepper)。
大振りの海老がプリプリ。オクラのフライが美味しかった。
でも添えられていたご飯がべチャベチャだったのは残念。


旦那のメイン、Boiled New York Strip Loin(red skin mashed potatoes, cauliflower gratin, green peppercorn sauce)。
ディナーは基本的に毎日メニューが代わるのですが、このステーキの他数品は Signatures Menu といって毎日食べることができます。

旦那のデザート、Rum Cake (vanilla sauce, dry meringue crumbs)。
私のデザート、Blueberry Sundae (vanilla ice cream, blueberry compote, whipped cream)。
ホイップが添えられていて美味しい!

ベイブリッジを通過するところを見たかったけど、食事中だったので見れず。。。残念!

今夜の食事のメニューは こちら、デザートは こちら

食後、9時30分から行われるショーを見るためにメインステージへ向かいます。

今夜は「Listen to the music」というフォーレンダムのパフォーマーによるショーです。
私たちの好みの曲ではなさそうなので、1曲だけ聞いて部屋に戻ることに。

食事中から船が揺れ始め、部屋に戻った頃には大揺れに!
デッキ1で船首の部屋のため、波がぶつかる音が凄い。
これは船酔いするかもしれないと思い、薬を飲んで早々に寝ることにしました。

そして、今夜は楽しみにしていたタオルアートは無しです。
実は、「privacy」をかけたまま食事に行ってしまったため、ターンダウンに入ってもらえなかったのです。

明日は終日航海です。
揺れが治まると良いのですが。


フォーレンダムのランチのお寿司

to be continued 2nd day
At Sea

次の旅行記へ(day2)

前の旅行記へ(day1-1)

旅行記の目次へ

 

オススメ記事