大阪・海遊館

待望の大阪・海遊館へ

大阪・海遊館の建物

2018年4月23日(月)– その2

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ13日目。

大阪に寄港したフォーレンダム。
体調を崩した私は、午前中は部屋で休憩。そのおかげで回復したので、午後は外に出ます。

外に出てすぐ目の前に海遊館が!

今回の大阪の一番の目的がこの海遊館です。
ジンベイザメを見たかった旦那は、沖縄では沖縄美ら海水族館に行くことができなかったので、海遊館を楽しみにしていました。

月曜日のせいか混んでることもなく、チケットもすぐに購入できました。

ジンベイザメとフォーレンダム
ジンベイザメとフォーレンダム!
本当に港と海遊館はすぐ近くなのです。

海遊館のイベントスケジュール
カワウソやカピパラ、ペンギンなどの餌やりを見ることができるようです。

海遊館の展示生物
いったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、日本やアリューシャン列島、パナマ、南極大陸などの環境を再現した10の地域に生息するさまざまな生き物や海の表情を間近に見ることができます。

海遊館の展示生物
そしてジンベイザメも。
世界最大の魚が優雅に泳いでいます。

イワシの大群や海月も。
さらには実際に生物に触ることがエリアもあり、飽きません。

海遊館の展示されていた魚
本日の1枚。(名前は忘れてしまいましたが)

久しぶりの水族館、楽しく過ごせました。

天保山ハーバービレッジ内のショッピングモールにある外貨両替機
海遊館のある一帯は天保山ハーバービレッジと言い、他にも大観覧車やショッピング施設、ホテルなどがあります。

そのショッピング施設内に外貨両替ができるということだったので、残っていた韓国ウォンを日本円に替えるため探したところ、何とゲームセンターの中にある機械でした。

さすがにゲームセンターの中にあるとは思わず、ショッピングセンターの中をあちこち探してしまいました。

天保山ハーバービレッジの大観覧車
ショッピングセンターの前には大観覧車があります。
1周約15分で¥800。

天保山ターミナル
こちらが天保山ターミナル。
海遊館のすぐそばにあります。

看板 にはクルーズ船の寄港予定が掲載されていました。
明日にはゴールデン・プリンセスとスター・レジェンドが寄港するようです。



フォーレンダムのリドでのデザート
船に戻り、ビュッフェレストランのリドへ。
いつものようにデザートを食べます。

毎日違ったデザートが用意されていて、嬉しい!

その後は旦那のみスパへ。
私は大事をとって部屋で休憩。

大阪港内をクルーズするサンタマリア号
窓から外を見ると遊覧船が目の前を通っていきました。
大阪港内を約45分でクルーズするサンタマリア号ですね。

3回目のガラディナー


フォーレンダムのガラディナーでの前菜
今夜は3回目のガラディナー(Gala Night)。

前の2回はレストランが結構混んでいたので、今日は早めにレストランへ行くことに。

ガラディナーなので、旦那はタキシード、私はワンピースに着替えます。
でもガラ用はこのワンピース1着のみ。荷物を少なくするためにと思ったけど、3回もあるのだからもう1着くらい持ってくればよかったかな~。

2人とも同じ前菜、Jumbo Shrimp Cocktail

フォーレンダムのガラディナーでのスープ
旦那のスープは Roasted Parsnip Soup
Parsnip とはニンジンに似たセリ科の野菜だそうです。

フォーレンダムのガラディナーでのサーフアンドターフ
メインも2人とも同じ、Surf and Turf
フィレミニヨンとロブスターテイルの組あわせ。

フォーレンダムのガラディナーでのクルー
ロブスターの殻はサーバーが外してくれます

今日の席は以前にも来たことがあったらしい。
サーバーに「前にも来たよね」と言われたけど、あれ?覚えてないよ〜。

フォーレンダムのガラディナーでのデザート
デザートも同じ、Tiramisu (No Sugar Added)
サーバーのお勧めです。

今夜のGala のメニューは こちら

今夜のタオルアート
今夜のメインステージでは、フォーレンダムのシンガー&ダンサーによる「Classic」というタイトルのショー。
Classic というので、本当にクラシック曲なのかと思ったら、70年/80年代の洋楽メドレーだった。
最後は Queen のメドレー。いや~、良かった。

明日は最後の寄港地、清水(静岡県)です。
いよいよクルーズも終わりです。


フォーレンダムのメインダイニングの入り口

to be continued 14th day

Forward to 14th day

Back to 12th Day

Back to Index