フォーレンダムのメインダイニングの入り口

富士山は雲の中。清水へ寄港

フォーレンダムから見た航跡

2018年4月24日(火)

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ14日目。

今日はクルーズ最後の寄港地・静岡県の清水です。

清水は初めて訪れる場所ですが、近隣の沼津や熱海、さらには伊東、下田などは自宅からも気軽に行けることもあって、我が家にはおなじみの場所です。

自宅が近づいてきて、もうクルーズも終わりなんだと実感。

from Today’s Navigator

Weather: 64°F / 18°C、Mostly Cloudy
Arrival: 12:00am All Aboard: 7:30pm

航海マップ
清水への到着予定は12時ということ。

意外に時間がかかるのね。新幹線なら3時間程度のはずなのに。

フォーレンダムのデッキ9にあるプール
最後まで早起きの旦那。

昨日までは天気に恵まれていたのに、今日は一転してどんよりとした曇り空。
せっかく海から富士山を見ようと楽しみにしていたのに。
何とか晴れてくれないかしら。

フォーレンダムのビュッフェレストランのリドでの朝食
今朝もビュッフェレストランのリドで朝食。

旦那は今日もお粥とオムレツなど。
昨日の写真と同じではないか?と思うほど。

フォーレンダムのビュッフェレストランのリドでの朝食
私は仲良くなったクルーに焼いてもらったクレープ。
今回のクルーズではこんなものばかり食べている。

フォーレンダムから見た清水
10時30分から Scenic Cruising into Shimizu ということで、船首部分のデッキでドリンクなどがふるまわれるということ。

清水港はクルーズ船の誘致に熱心で、国の「国際クルーズ拠点」にも選ばれており、富士山が正面に見えるということもあって近年多くのクルーズ船が寄港しているそうです。

デッキに出てみるが、ご覧の通りの曇り空。
これでは富士山を見ることはできませんね。

富士山を楽しみにしていた外国の人たちも多かっただろうに、残念です。

日本風ランチに参加

フォーレンダムのメインダイニング入り口
11時 今日はメインダイニングで和食ランチの提供があるという招待状がきていたので行ってみることに。(さっき朝食を食べたばっかり?)

招待状がきていたので、日本人限定 かと思ったらそうではなく、誰でも食べることができるようで、外国の方もチラホラ見かけました。

フォーレンダムの日本風ランチメニュー
日本語のメニューが用意されていました。

フォーレンダムの日本風ランチの前菜
私のマグロとサーモンの刺身。
普通に美味しい^^

フォーレンダムの日本風ランチの味噌スープ
旦那は、野菜の味噌汁
味噌汁なのに、味噌が入ってなかったよう。

フォーレンダムの日本風ランチのメイン料理
私のメイン、マグロのタタキ 甘辛うどん添え

フォーレンダムの日本風ランチのメイン料理
旦那のメイン、牛すき焼き 白ご飯添え

フォーレンダムの日本風ランチのデザート
デザートは1種類から。
柚子、抹茶、ライチのアイス

う~ん、これだったらダイブイン(Dive-in)でホットドッグとハンバーガーを食べれば良かったと後悔。
ホーランドアメリカでの食事はあまり “はずれ” がないのですが、和食に関してはまだまだかな。

ランチの後は外に出てみます。


清水港での歓迎式

to be continued 14th day

次の旅行記へ(day14-2)

前の旅行記へ(day13-2)

旅行記の目次へ

 

オススメ記事