フォーレンダムのステーキ

クルーズ生活の始まり!

2018年4月12日(木)

ホーランドアメリカのフォーレンダムクルーズ2日目。

昨夜横浜を出航したフォーレンダム。
今日は終日航海、そして翌日の13日に鹿児島県の奄美大島に寄港します。

フォーレンダムの喫煙所
クルーズ恒例、旦那の早起き生活が始まりました。

私もがんばって6時に起きましたが、すでに旦那は部屋にはいない。
まだ静かな船内で喫煙とコーヒーを楽しむのが朝の日課となっているようです。

ちなみに喫煙ができるのは、デッキ8にあるシービューバー(Sea View Bar)だけかと思ったら、クルーズの途中で別の場所(デッキ9の中程)にも見つけていました。
こういうことには鼻が利く旦那。

from Today’s Navigator

Weather: 66°F/19℃, Partly Cloudy

フォーレンダムのビュッフェレストランのリドで食べたフルーツ
7時過ぎ。朝食をとりにブッフェレストランのリドへ。

夕べ食べ過ぎたので、あまりお腹は空いていない。
日頃きわめてシンプルな食事(粗食という)なので、まだ胃袋がクルーズ仕様になっていないのです。

フォーレンダムのビュッフェレストランのリドで食べたドーナッツ
旦那も同じくまだクルーズ胃袋ではないようで、最初は何も食べないと言っていたのですが、周囲の食事に触発されたのか、最後にはペストリーとドーナッツを食べていました。

この時間のリドはかなり混んでいます。
周りを見ると日本人ゲストが多い。

今までのホーランドアメリカラインでのクルーズで同乗した日本人(と思われる方々)は、最初のバルト海クルーズで約20人、次の西カリブでは約10人、3回目のノルウェーフィヨルドでは3人。
そして前回のパナマ運河クルーズでは私たちのみ。

なので、今回は常に周囲から日本語が聞こえるという今までにない感覚でした。
(後で知りましたが、日本人は200人強が乗船していたそうです)

怒涛の英語プレゼン。でも意外に面白かった

フォーレンダムのメインステージでのプレゼン
10時からはメインステージで行われるプレゼンを聞きます。
「What to see and do on our Asian Tours」というタイトルで船主催のエクスカーションの紹介です。
もちろん全編英語です。

本当は10時30分からのキッチンツアー(Kitchen Tour)に参加しようと思っていたのですが、プレゼンが思いのほか長く、キッチンツアーには間に合いませんでした。

さらに11時からの「History of Japan」というプレゼンも聞きます。
崇徳天皇の話から始まり、大化の改新、明治維新など日本の歴史を英語で、それも日本人ではない方から聞きます。
う~、勉強になる。

加えて、桜を愛する国民であること、桜が咲くと花見をすること、さらに日本のトイレ(洗浄トイレなど)の優秀なこと。そしてお辞儀の角度の意味などなど。
聞いているこちらが恥ずかしくなるけど、「それ、あるある!」という内容でした。

フォーレンダムのリドで食べたランチ
朝食が少なめだったので、お腹が空いてきた。。。
12時過ぎに、ランチをとりに再びリドへ向かいます。
案の定、混んでいる。

何とかテーブルを確保し、お気に入りのサラダとお寿司をいただきます。

フォーレンダムのリドで食べたランチ


旦那はさらにアジアンコーナーでうどんのような麺と肉野菜炒め。
このアジアンコーナーでサーブされるお料理は日本人の口に合うものが多く、結構お気に入り。

今日のランチは日本人のご夫婦と相席しました。
このご夫婦が参加されたツアーは40人くらいだそう。その中には100回以上も海外に行っている方もいるとか。
すごい!このクルーズには強者が多そう。

フォーレンダムのメインステージでのプレゼン
午後も再びメインステージでのプレゼンに参加します。

「Make the Most of Your Visit to Amami and Naha」というタイトルで、奄美と那覇の見所を紹介してくれます。
奄美ではシャトルバスがあること、また地元バスの紹介もありました。でも外人には地元のバスを使うのは難しいでしょうね。

沖縄ではひめゆりの塔や旧海軍司令部壕などが紹介されていました。
旧海軍司令部壕は行ってみたいと思っていた場所。でも沖縄は車がないと移動が難しいですよね。

ちなみに、早起きの旦那は途中で寝てました。。。(全編英語という理由も多分にあるもよう)

フォーレンダムの展望ラウンジのクロウズネスト
その後は夕方のスパまでデッキ9のクロウズネスト(Crow’s Nest)でのんびり過ごします。

Private Party があったようで、半分は立ち入り禁止となっていました。
恐らく海外のクルーズ掲示板のRoll Call オフ会でしょう。

今日は洋上日のため船内アクティビティがいろいろと用意されています。
参加してみたかったのは、
・Ping Pong Tournament
・How to Increase Your metabolism
・Walking in Comfort など。

夕方はスパへ。
4時頃に行ったらラウンジャーは空いておらず。仕方なくホットタブに浸かりながら空くのを待ちます。
その後はラウンジャーで爆睡 zzzzz

気がついたらスパには誰もいない。
5時近くになると利用する人が少ないよう。
よし!明日からこの時間に来ることにしよう。

ガラディナーで待望のステーキを

フォーレンダムのメインダイニング
スパから出るとお腹が空く。

リドでアイスクリームを食べようかと思ったけど、ちょうどサービス時間外。
ということで、今日はちょっと早めにディナーをとることに。

今までディナーは時間とテーブルが固定されている方が良いと思っていたのですが、好きな時間に食べれるオープンもなかなか良いですね。

今夜はすぐにテーブルには案内されず、少し待たされました。
同じく待っていたゲストに、上階のエクスプローラズ ラウンジ(Explorer’s Lounge)で待っているといいよ、と教えてもらいました。(渡されたペイジャーが上階でも電波が届くらしい)

ということでエクスプローラズ ラウンジへ移動。
ちょうどピアノとバイオリンの演奏中。音楽を聞きながら待ちました。


今夜はガラ(Gala)なので、2人とも少しオシャレしてディナーをいただきます。
私はいつものように濃紺のノースリーブのワンピースに、真珠のアクセサリー。
旦那はフォーマルスーツに蝶ネクタイです。

前回のパナマ運河クルーズでは年末年始ということもあり、フォーマル度がとても高かったのですが、今回はどうなのでしょう?

周囲を見ると前回ほどではないようです。
仮面をつけた熟女軍団はいなさそうです。(笑)

クルーズでのフォーマルとドレスコードについては次の記事で詳しく解説しています。
フォーマルとドレスコード | ホーランドアメリカの場合

 


前菜は2人とも同じものを。
Orange-Jumbo Shrimp Cocktail (melton trio skewer, cilantro lemongrass aioli)。
プリプリの海老!
旦那のみスープ、Creamed Artichoke and Heritage Carrot Soup (arugula pesto oil, creme fraiche)


前菜も2人同じもの。
Cracked Pepper Tenderloin with Grilled Shrimp (sauteed spinach, green beans, caramelized pineapple, balsamic reduction)
お肉はジューシーで味が良い、またこちらの海老もプリプリ。

旦那のデザート、Chocolate Souffle (warm dark chocolate sauce)
私は、Black Forest Cake (chocolate cake, Kirschwasser-flavored cream, Bing cherries, chocolate shavings)
No Sugar Added です。単なる気休め。
フワフワ食感のケーキで、キリッシュ風味のクリームが美味しい!

今夜のメニューはこちら

今夜 案内された場所は、昨日のテーブルの近く。
でも暑い!

暖房が効きすぎているのか、食事中、旦那は汗ダラダラ。
周りを見ても、多くの人が上着を脱いでいました。

フォーレンダムのメインステージ
ディナーの後は、メインステージでのショーを見ます。
今夜は「Variations」というタイトルでの歌とダンスのショーです。8時と10時の2回あります。
ステージが小さいので、ダンスが大変だろうな~。

今夜のタオルアートはエイ?明日の船内新聞とチョコレート

 

部屋に戻ると、今回初のタオルアートが。
エイ?

さあ、明日は奄美大島に寄港します。


to be continued 3rd day
Amami, Kagoshima

次の旅行記へ(day3-1)

前の旅行記へ(day1-2)

旅行記の目次へ

 

オススメ記事