【クルーズ運行再開状況】どのクルーズ船が運行を再開しているの?

クルーズ再開

2020年10月現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中で多くのクルーズ船が運行を中止しています。
感染収束の兆しが見えない中、運行再開時期を延長したり、2020年内の再開を断念したクルーズ会社もあります。

しかしそのような状況の中、運行を再開したクルーズ会社もあるのです。
航路や乗船できる人を限定したり、寄港地での観光も船会社が用意したものに限るなど、クルーズ会社が策定した感染予防のガイドラインに基づき、クルーズを運行しています。

この記事では、どの船がクルーズを再開しているのか、またどの地域を航行しているのかなどを紹介します。

 

コスタクルーズ

陽気なイタリアンスタイルでのクルーズが楽しめるカジュアルシップのコスタクルーズ。
多くの日本発着クルーズを行なっているので、日本でもおなじみのクルーズ船ですよね。

コスタクルーズでは、本社があるイタリア国内でのクルーズを9月より再開しています。

クルーズ船コスタ デリチョーザ、コスタ ディアデマ
再開日2020年9月6日
乗船できる人イタリアに居住者
航路イタリア国内の寄港地
感染対策乗船前の抗原検査(COVID-19 Swab Testing)
検温スクリーニング
寄港地でのオリジナルショアエクスカーションプログラムによる安全確保
乗客人数の削減によるソーシャルディスタンスの確保
船内設備の新しい楽しみ方
消毒の徹底と医療施設サービスの更新強化など

コスタクルーズの感染対策ガイドライン
公式サイトコスタクルーズ(英語)   コスタクルーズ(日本語)


10月にはコスタ スメラルダ、12月には現在建造中の新造船コスタ フィレンツェのクルーズ再開を予定しています。

MSCクルーズ

MSCクルーズも日本発着クルーズを行なっているので、日本人にはなじみのあるクルーズ船の一つです。
拠点としているヨーロッパで8月にクルーズを再開しています。

MSCグランディオーサは約18万トンの船で、10万トン以上の大型船として初めての再開となりました。

クルーズ船MSCグランディオーサ
再開日2020年8月16日
乗船できる人シェンゲン圏居移住者のみ
航路西地中海クルーズ(ジェノバ、チビタベッキア、ナポリ、パレルモ、バレッタ)
感染対策乗船前スクリーニング
船内での消毒・清掃管理の強化
ソーシャルディスタンスの確保
パブリックエリアでのマスクの着用
接触、接近確認テクノロジーの採用など

MSCクルーズの感染対策ガイドライン
公式サイトMSCクルーズ(英語) MSCクルーズ(日本語)


MSCグランディオーサに続き、MSCマニフィカの再開が8月29日から予定されていましたが、10月19日に延期になりました。

また、当初は東地中海7泊クルーズの予定でしたが、10泊の西地中海・東地中海クルーズに変更になりました。

ポナン

フランスのクルーズ会社のポナンは、7月よりフランス国内クルーズを皮切りに運行を再開しています。

クルーズ船ル・ブーゲンヴィル
ル・ジャックカルティエ
ル・シャンプラン
ル・デュモンデュヴィル
ル・ベロ
ロストラル
ル リリアル
ル ボレアル
再開日2020年7月11日
航路フランス、アイスランド、北極クルーズ
感染対策乗船前の乗客自身による検査の実施
検温の実施
廊下通過時のマスク着用
2メートルのソーシャルディスタンス
ビュッフェの廃止など

ポナンの感染対策ガイドライン
公式サイトポナン

 

ポール・ゴーギャン・クルーズ

仏領ポリネシア、フィジー等南太平洋へのクルーズを行なっているポール・ゴーギャン・クルーズ。
唯一の所有船ル・ポールゴーギャンでのクルーズを再開しています。

クルーズ船ル・ポールゴーギャン
再開日2020年7月18日
航路タヒチクルーズ
感染対策乗船前の乗客自身による検査の実施
検温の実施
廊下通過時のマスク着用
2メートルのソーシャルディスタンス
ビュッフェの廃止など

ポール・ゴーギャン・クルーズの感染対策ガイドライン
公式サイトポール・ゴーギャン・クルーズ

 

ドリームクルーズ(ゲンティンクルーズライン)

2016年にアジア初のプレミアム客船として就航したドリームクルーズ。
香港とシンガポールを拠点とした東南アジアクルーズを行なっています。

7月26日に3泊のショートクルーズで運行を再開しています。

クルーズ船エクスプローラー・ドリーム
再開日2020年7月26日
航路台湾クルーズ
感染対策船内は殺菌・消毒作業を実施
医療専門家の指導のもと、陽性患者が発生した場合のシミュレーションも事前に実施
船内もレストランで乗客が密集しないようコントロール

ゲンティンクルーズラインの感染対策ガイドライン
公式サイトドリームクルーズ

 

ハパグロイド・クルーズ

ドイツ・ハンブルグに本社をおくハパグロイド・クルーズ。
小型クルーズ船2隻と探検船3隻を保有し、北極や南極などの極地でも優雅なクルーズを楽しめるラグジュアリークルーズ会社です。

7月末よりドイツ、オーストリア、スイス3か国に在住者に限ってのクルーズを再開しています。

クルーズ船オイローパ2
ハンセアティック・ インスピレーション
再開日2020年7月31日
乗船できる人ドイツ、オーストリア、スイス3か国に在住者のみ
航路ハンブルク発着ショートクルーズ
感染対策乗船時の健康アンケート
乗客定員を40%削減
レストランのテー部数削減により乗客との間隔を1.5m以上確保
ビュッフェの廃止
サージカルマスクを含むケアセットの提供など

ハパグロイド・クルーズの感染対策ガイドライン
公式サイトハパグロイド・クルーズ

 

その他のクルーズ再開予定

日本船の飛鳥Ⅱは、11月2日からのクルーズ再開を皮切りに、2021年1月までのクルーズスケジュールを発表しています。
主に横浜、名古屋、神戸を発着地とした1泊から3泊のコースで、乗客数を半分にして運行する予定です。

また年間を通して日本発着クルーズを行なっていたダイヤモンド・プリンセスは、12月16日からクルーズを再開することを発表しています。

詳しくは次の記事をご覧ください。

2021年10月以降は日本から離れるダイヤモンド・プリンセスのスケジュール
【2021年ダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズスケジューズ【最新版】


また、その他のクルーズ会社の運行再開時期は下記の記事でまとめて紹介しています。

 クルーズ会社はいつまで運行を中止しているの?
新型コロナウイルス影響による各クルーズ船の中止期間・運行再開の時期