【長崎観光にオススメ】3時間で巡る長崎観光モデルコース

長崎新地中華街

長崎市内には観光名所や旧跡など多くの観光スポットがあります。

長崎市内を3時間程度で効率的に観光したいという方向けに、この記事では長崎のオススメ観光スポットをまとめてご紹介します。

長崎市内には数多くの見所があるのでどこに行けば良いのか、どのように回れば効率的なのか悩みますよね。
そこで定番スポットを3時間で効率的にまわれるモデルコースをご紹介しています。

長崎旅行の到着日や帰る日など少し時間が空いてしまった時などにもピッタリ。
ぜひ長崎旅行の計画をたてる際に参考にしてくださいね。

それでは3時間で巡る長崎観光へどうぞ!

 

 もう少し長く長崎観光をしたいのなら・・・
5時間で長崎オススメ観光スポットを巡る旅【長崎 旅行ブログ】

 お得に長崎旅行ができるチャンス! 
Go To トラベルキャンペーンで旅行代金が実質半額になります。
長崎のGo To キャンペーン対象商品 を探してみませんか?

 

市電と徒歩を使い3時間で巡る長崎市内観光

3時間で巡る長崎市内観光モデルコース

まわる観光スポットと所用時間は以下の通りです。

長崎観光モデルコース
Start

長崎駅

長崎観光スタート!

 長崎路面電車(5分)

「長崎駅前」停留所から長崎電軌1系統(崇福寺行)に乗車。「出島」で下車
No.1

出島(見学:30分)

江戸時代に唯一外国に開かれていたエリア
当時の建物が復元され、見学することができます

 徒歩(5分)

No.2

長崎新地中華街(見学:15分)

横浜・神戸と共に日本三大中華街の一つ
中華料理店や中国菓子、中国雑貨など約40店舗が軒を連ねています

 長崎路面電車(8分)+  徒歩(5分)

「新地中華街」停留所から長崎電軌5系統(石橋行)に乗車。終点「石橋」で下車
No.3

グラバースカイロード

斜めに動くエレベーター「グラバースカイロード」に乗ってグラバー園へ
グラバー邸をはじめ、移築・復元した明治期の洋館を見学できます

 徒歩(5分)

No.4

グラバー園(見学:50分)

斜めに動くエレベーター「グラバースカイロード」に乗ってグラバー園へ
グラバー邸をはじめ、移築・復元した明治期の洋館を見学できます

 徒歩(5分)

No.5

大浦天主堂(見学:5分)

現存する国内最古のキリスト教建築物
ユネスコの世界文化遺産に登録されています

 徒歩(10分)

No.6

オランダ坂(見学:15分)

旧居留地時代につくられた石畳の坂道
外国人居留地時代の異国情緒あふれる雰囲気を感じることができます

 徒歩(5分)+  長崎路面電車(20分)

徒歩で「大浦海岸通り」停留所へ。長崎電軌5系統(蛍茶屋行)に乗車。「新地中華街」で下車し、長崎電軌1系統(赤迫行)に乗車。「長崎駅前」で下車
Goal

長崎駅

長崎3時間観光は終了
お疲れさまでした!

 

3時間で巡る長崎市内観光モデルコースに必要な費用

長崎路面電車(電車1日乗車券:大人1名)

500円

出島 入場料(大人1名)

520円

グラバー園 入場料(大人1名)

620円

総額(大人1名)

1,640円

長崎市内を走る路面電車の料金は1回¥130です。
今回は、路面電車の全線が1日乗り放題の「一日乗車券(¥500)」を利用します。 

 

3時間で巡る長崎市内観光モデルコースで行く観光スポット

ここからは各観光スポットをご紹介します。

出島

長崎の出島和欄商館跡
出島は鎖国政策をとっていた江戸時代に海を埋め立てて築造された人工島です。

もともとはポルトガル人を1箇所に集めるために造られた出島ですが、のちにオランダ商館が出島に移転した後はオランダ人の居住地となりました。

長崎出島の表門橋
当時の出島は周囲を海に囲まれており、長崎市内と出島を結んでいたのがこの表門橋でした。
表門橋は平成2年に復元されています。

長崎の出島和欄商館跡の内部
出島にはオランダ商館長住居や商館の従業員の部屋、物資を保管するための倉庫などの建物がありました。

しかし明治時代に行われた港湾改良工事により出島は埋め立てられてしまいました。
1996年から始まった復元事業により、現在は当時の町並みや生活の様子を見学できるようになっています。

旧長崎内外クラブ
明治時代に建てられた旧長崎内外クラブ。
長崎に在留する外国人と日本人の親交の場所として使われていました。

現在、1階はレストランになっています。

長崎にある旧出島神学校
同じく明治時代に建てられた旧出島神学校。
日本に現存する最古のキリスト教(プロテスタント)の神学校です。

現在の旧出島神学校は料金所や出島売店・休憩室などとして使われています。

長崎の出島の模型


旧出島神学校の近くにある出島の1/15サイズのミニチュアです。

復元された建物などを見学するためには入場料が必要になりますが、このミニ出島は出島の中に入らず、外の道路から見ることができます。

出島

〒850-0862 長崎県長崎市出島町6-1
 長崎駅から市電「出島」下車
地図
 8:00~21:00 (最終入場20:40)
 520円(大人)
https://nagasakidejima.jp/

 

長崎新地中華街

長崎の新地中華街の門
横浜、神戸と並ぶ日本の三大中華街の一つの長崎新地中華街。

東西南北合わせて約250メートルの十字路からなり、東西南北のすべての入り口には色鮮やかな中華門が立っています。

上記の写真は北門で、門の裏側には門を守る神の玄武(亀と蛇)が彫られています。

長崎新地中華街の通り
通りにはアーチ型のイルミネーションが飾られています。
竜や天女など中国の伝統的な図柄を5色の電球をちりばめて描いたものだそうです。

夜に見たらステキでしょうね。

長崎新地中華街の店舗


通りには中華料理店や中国菓子、中国雑貨など約40店舗が軒を並べています。
もちろん長崎を代表する料理「ちゃんぽん」や「皿うどん」なども食べることができる料理店も多くあります。

長崎新地中華街

〒850-0842 長崎県長崎市新地町
 長崎駅から市電「新地中華街」下車 徒歩4分 (ルートをみる
地図
http://www.nagasaki-chinatown.com/

 

グラバースカイロード

長崎グラバー園へ行くグラバースカイロード
グラバー園へのアクセスにはいくつかの方法がありますが、今回はこのグラバースカイロードを利用します。

長崎市電の「石橋」駅から徒歩で3分くらいの場所にあります。
住宅街を通っていくので、少しわかりづらいかも?



長崎のグラバースカイロードのエレベーター表示
グラバースカイロードは、日本で初めて道路として位置付けられた斜めに動くエレベーターです。
エレベーター内にある階数表示も斜めになっています。^^

グラバースカイロードの終点から見た長崎市内

グラバースカイロードで5階まで上がると、眼下に長崎の市街地が広がっています。

でもここがグラバー園ではありません。
さらにグラバースカイロードから垂直エレベーターを乗継ぎます。(ルートをみる

 

グラバー園

長崎のグラバー園の第二ゲート
グラバースカイロードを利用すると、グラバー園の第二ゲートに到着します。

坂の多い長崎にあるグラバー園内には起伏があります。
この第二ゲートは園内でも一番高い場所にあるので、坂を上ることなく下りながら散策ができるのです。
体力に自信のない方にはおすすめのコースです!

長崎のグラバー園にある旧三菱第二ドックハウス
グラバー園では、スコットランドの貿易商人トーマス・グラバーの邸宅をはじめ、9棟の洋風建築を見ることができます。

旧グラバー住宅は2015年に登録された世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとなっています。また9棟の内、旧グラバー住宅など3棟は国指定重要文化財に指定されています。

長崎のグラバー園にある長崎地方裁判所官舎

こちらは長崎地方裁判所官舎。

原爆の被害から免れ、洋風の官庁建築として唯一残る貴重な建物です。
1979年(昭和54年)にこの場所に移築し復元され、現在はレトロ写真館として利用されています。

工事前の旧グラバー住宅
私たちが見学した時には「旧グラバー住宅」は約50年ぶりの大規模改修工事を行っており、内部を見学することはできませんでした。
工事が完了し完成するのは2021年3月です。

長崎のグラバー邸
上記写真は工事前の旧グラバー住宅。
文久3(1863)年に建てられ、現存する日本最古の木造洋風建築です。

長崎のグラバー園内のハートストーン
話題にもなったグラバー園内にあるハートストーン。

見つけると幸せが訪れる?
ぜひ見つけてみてくださいね。

長崎のグラバー園内にある長崎伝統芸能館の展示
出口の近くには長崎伝統芸能館があります。

長崎伝統芸能館では、長崎のお祭り「長崎くんち」の時に奉納される龍踊りの白龍、青龍や、各町の奉納踊りを先導する「傘鉾(かさぼこ)」などを間近に見ることができます。

またスクリーンではお祭りの様子が上映されているので、「長崎くんち」がどのようなものか体感できます。

長崎伝統芸能館にはショップも併設されています。

グラバー園

〒850-0931 長崎県長崎市南山手町8−1
 長崎駅から市電「大浦天主堂」下車 徒歩7分(ルートをみる
地図
通年8:00~18:00(最終入園受付:20分前)
 620円(大人)
http://www.glover-garden.jp/

 

大浦天主堂

長崎の大浦天主堂
グラバー園を出て、グラバー通りを下ったすぐの場所にある大浦天主堂。

日本に現存する最古の教会で、2018年にユネスコの世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつです。
また大浦天主堂は国宝にも指定されています。

中に入るためには拝観料が必要になります。
そのため(?)、多くの人は建物の前で記念写真を撮るだけのようです。

Goggleストリートビューで内部を見ることができます。

大浦天主堂

〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5−3
 長崎駅から市電「大浦天主堂」下車 徒歩5分(ルートをみる
地図
8:00~18:00(拝観受付終了:17:30)
 1,000円(大人)
https://nagasaki-oura-church.jp/

 

オランダ坂

長崎・オランダ坂
最後にご紹介するのは「日本の道100選」にも制定されているオランダ坂です。

大浦天主堂から徒歩で10分くらいの場所にあります。

長崎のオランダ坂
オランダ坂の周辺には、日本で最初の女学校である活水学院や洋風住宅があり、外国人居留地時代の異国情緒あふれる雰囲気を感じることができます。

長崎のオランダ坂と東山手甲十三番館
左側に見える洋館は東山手甲十三番館で、この風景はオランダ坂の定番スポット。
この坂をさらに上っていくと、現在は資料館となっている東山手十二番館に出ます。

東山手甲十三番館は、無料で内部を見学でき、カフェも併設されています。
歩き疲れた時の休憩にぜひどうぞ。

オランダ坂

〒850-09 長崎県長崎市東山手町
 長崎駅から市電「メディカルセンター」(ルートをみる)下車 徒歩4分、または「大浦海岸通り」(ルートをみる)下車 徒歩4分
地図

 

観光タクシーで巡るプラン

観光地・長崎では多くのタクシー会社が長崎市内観光を行なっています。

上記でご紹介したように主要な観光スポットは集中しているので市電と徒歩でまわることもできますが、限られた時間内により多くの観光スポットを訪れたいという場合などには観光タクシーが有効です。

また長崎は坂道が多いことでも有名な場所。
体力に自信がないという方にも観光タクシーはオススメです。

ここでは長崎市内の観光名所を巡る観光タクシーを行なっている会社をご紹介します。
(会社名をクリックするとその会社の公式サイトに移動します)

会社名住所電話番号
長崎ラッキータクシーグループ長崎市大橋町25-6095-846-5004
日光タクシー長崎市城栄町41-78 095-843-8818
シティキャブ長崎長崎市彦見町18-15 カンコービル1階095-828-1010
平和タクシーグループ長崎市三京町646-29095-850-0036
明星タクシー長崎市小江原1-5-25095-846-5780 
キングタクシー長崎市光町2-2 095-861-6161 
浦上タクシー長崎市岩川町2-2095-856-0710
光富個人タクシー長崎市横尾4-15-18090-8407-6903
眞弓個人タクシー長崎市中小島2-10-36090-4345-0121
長崎観光個人タクシー出島会長崎市小江原2-30-6095-845-2299

 

観光タクシーのモデルコース(例)

定番の観光地をまわるコースから、夜景を見るコース、キリシタン関連の遺産を巡るコース、幕末に龍馬が巡ったゆかりの地をまわるコースなど多彩なプランが用意されています。

もちろん自分で行きたい場所を決めるオーダーメイドにも対応しているタクシー会社もあります。

さらに現地を知り尽くした地元ドライバーさんによる案内により、ガイドブックでは知ることができないより深い長崎に触れることができます。

以下に各タクシー会社が用意している観光コースをみてみましょう。

長崎ラッキータクシーグループ

コース(3時間)スタンダードコース
 詳細 駅 or ホテル ⇨ 原爆落下中心地 ⇨ 平和公園 ⇨ 浦上天主堂 ⇨ 原爆資料館 ⇨ 一本柱鳥居 ⇨ 眼鏡橋 ⇨ 崇福寺 ⇨ オランダ坂 ⇨ グラバー園 ⇨ 大浦天主堂 ⇨ 出島or孔子廟 ⇨ 駅orホテル
 料金普通車(4名)¥13,980〜
ジャンボ(9名)¥20,580〜
*入場料・乗船代・食事等は料金に含まれていません
お問い合わせ問合せフォーム

 

日光タクシー

コース(3時間)歴史・世界遺産コース
 詳細 長崎市内 ⇨ 大浦天主堂 ⇨ グラバー園・旧グラバー住宅(園内より対岸の重工構内ジャイアントカンチレバー)⇨ 小菅修船場跡(ソロバンドック)⇨ 女神大橋 ⇨ 占勝閣 ⇨ 第三船渠(車窓)⇨ 旧木型場(要予約)⇨ 長崎市内
 料金普通車(4名)¥13,980〜
ジャンボ(6名or9名)¥20,580〜
*入場料・乗船代・食事等は料金に含まれていません
支払い方法現金またはタクシーチケット、各種クレジットカードなど
お問い合わせ問合せフォーム

 

シティキャブ長崎

コース(3時間)タクシーさるく龍馬コース
 詳細 長崎市内 ⇨ 風頭公園(上野彦馬墓・ 龍馬像・展望台) ⇨ 亀山社中跡(ぶーつ像・ 良林亭跡・若宮神社)⇨ 上野彦馬宅跡(車窓)⇨ 土佐商会跡(車窓)⇨ 丸山公園・料亭花月 ⇨ 長崎海軍伝習所跡 (車窓)⇨ 小曾根邸跡(車窓)・ 後藤象二郎宅跡 (車窓)⇨ 長崎歴史文化博物館 ⇨ 聖福寺(車窓)・福済寺(車窓)⇨ グラバー園 ⇨ 長崎市内
 料金普通車(4名)¥13,980〜
ジャンボ(9名)¥20,580〜
*入場料・乗船代・食事等は料金に含まれていません
お問い合わせ問合せフォーム

 

長崎観光個人タクシー出島会 

コース(3時間)維新の未知コース
 詳細 大浦天主堂 ⇨ グラバー園 ⇨ オランダ坂 ⇨ 孔子廟 ⇨ 出島商館跡 ⇨ 思案橋 ⇨ 崇福寺 ⇨ 風頭公園(龍馬像)⇨ 亀山社中跡 ⇨ 興福寺 ⇨ 眼鏡橋
 料金普通車(4名)¥13,980〜

*入場料・乗船代・食事等は料金に含まれていません
支払い方法現金または全国個人タクシーチケット
お問い合わせ問合せフォーム

 

光富個人タクシー

コース(3時間)長崎映画ロケ地
 詳細 市内各所 ⇨ 聖福寺 ⇨ 諏訪神社 ⇨ 興福寺 ⇨ 愛八の墓 ⇨ 花月 ⇨ 丸山 ⇨ 思案橋 ⇨ オランダ坂 ⇨ 記念坂 ⇨ 大浦天主堂 ⇨ グラバー園 ⇨ 市内各所
 料金普通車(4名)¥13,980〜

*入場料・乗船代・食事等は料金に含まれていません
支払い方法現金または全国個人タクシーチケット、個人タクシーのクーポン券
お問い合わせ問合せフォーム

 

 長崎で観光タクシーを行っているタクシー会社をまとめました
【長崎観光にオススメの観光タクシー】長崎の観光タクシーのモデルコースや料金を紹介!

 

観光バスで巡るプラン

長崎市内の観光地をバスで巡る観光バスもあります。

旅先の慣れない土地での移動は大変なもの。
もちろん上記で紹介した観光タクシーも良いのですが、費用を抑えたいという時には観光バスがオススメです。

ただし長崎市内の観光名所を巡るプランでも所要時間は5時間ですので、時間に余裕のある方向けです。

 

長崎よかとこコース

所要時間

4時間55分

料金

大人:4,290円 高校生:3,650円 中学生:3,335円 小人:2,075円

運行本数

毎日2本

運行時間

10時発/12時発

出発場所

長崎駅前

運行ルート

長崎駅前 ⇨ 長崎原爆資料館(50分) ⇨  平和公園(25分) ⇨ 如己堂◎ ⇨ 浦上天主堂◎ ⇨ 一本柱鳥居◎ ⇨ 諏訪神社◎ ⇨  出島(47分) ⇨ 新地中華街◎ ⇨ オランダ坂◎ ⇨ 孔子廟(25分) ⇨ 大浦天主堂・グラバー園(90分) ⇨  長崎新地ターミナル ⇨  大波止 ⇨ 長崎駅前

◎は車窓見学

注意点

・大浦天主堂は外観見学のみ
・料金はは施設入場料・消費税込みです

運営会社

長崎バス観光

問い合わせ先

095-814-8501(長崎バス観光旅行センター)

詳細

https://nbtour.net/nagasaki/543

 

3時間で巡る長崎観光

長崎ランタン祭り
せっかくの長崎旅行、時間は有効に使いたいですよね。

定番の観光地を市電と徒歩で巡るも良いし、ちょっと体力に自信がない場合には観光バスを、穴場の観光地に行ってみたい時には観光タクシーを利用するのも良し。

ぜひ長崎旅行を計画する際に参考にしてくださいね!

 

長崎旅行のお役立ち情報

長崎旅行を計画する時に役に立つ情報です。
ぜひ参考にしてくださいね。(外部のサイトに移動します)

奄美大島のリゾート

ホテル・宿の情報

長崎のホテル情報。口コミもあります

ホテル情報をみる

長崎・孔子廟

長崎のツアー情報

飛行機と宿泊がセットになったツアーを探せます

ツアー情報をみる

奄美大島の大浜海浜公園

レンタカー情報

ちょっと遠出をする時に便利なレンタカー情報

レンタカー情報をみる

長崎・眼鏡橋

観光&アクティビティ情報

長崎の観光&アクティビティを探すなら

観光&アクティビティ情報をみる

長崎・卓袱料理

長崎のグルメ情報

長崎の郷土料理やご当地グルメを楽しみたいなら

グルメ情報をみる

 

関連記事

 はじめてのクルーズガイド