コペンハーゲン・カストロップ国際空港 : ターミナルCにあるスカンジナビア航空のラウンジです。
このラウンジはSASビジネスクラス/プレミアムエコノミー(SAS Plus)クラスおよびSTAR ALLIANCE 加盟各社のビジネスクラス利用者であれば利用できます。


ラウンジ内はとても広く北欧調(?)でスタイリッシュな雰囲気です。またこのラウンジにはビジネス・コーナーは勿論ですが、ミーティング・ルームもあります。


食事は軽食系の物が中心です。コーヒー/紅茶/ソフトドリンクは勿論ですが、ビール/ワインも無料でいただけました。 (^^v 因みにビールの銘柄は、Carlsberg(カールスバーグ).. やはりコペンハーゲンならではですね。

私たちは、2015年9月と2017年7月にこのラウンジを利用しました。 2015年の時は、ドイツ・デュッセルドルフ経由で帰国(CPH ⇒ DUS ⇒ NRT)したため、コペンハーゲンでの出国審査はありませんでしたが、 SASラウンジ(ターミナルC)からドイツなどへの乗継便が出発するターミナルA/Bの搭乗口まではある程度の距離がありますので注意は必要です。
またスカンジナビア航空で成田までの直行便(CPH ⇒ NRT)を利用される場合は出国審査がありますので、 ある程度時間に余裕を持ってラウンジを出ることをお勧めします。

 喫煙者の方へ

コペンハーゲン・カストロップ国際空港はターミナルBに喫煙所があり、 ラウンジからは徒歩で5分近く掛かります。(2017年7月)  なお、ラウンジへの再入場には搭乗券の提示が必要です。
2017年7月時点で空港内は改装工事が行われていました。よって喫煙所の場所も変わっているかも知れません。
これからコペンハーゲン・カストロップ国際空港をご利用される方は最新の情報を確認することをお勧めします。

 

 

オススメ記事