セント・マーチンの楽しみ方 | クルーズで行く東カリブ海

クルーズの場合、オーバーナイト(寄港地に一泊以上停泊すること)ではない限り、寄港地で観光できる時間はそんなに多くはありません。私たちがセント・マーチンに行った時も、朝にセント・マーチンの港に到着、夕方には出港するというスケジュールでした。そのため限られた時間内で効率よく観光をしなくてはいけません。

東カリブ海クルーズでセント・マーチンに寄港した私たちが選んだのは島内の観光スポットを巡るというバスツアー(エクスカーション)。残念ながらセント・マーチンで一番有名な観光スポットである飛行機が頭上スレスレに飛ぶというビーチには寄りませんが、それ以外の観光地を短時間で効率よく巡ることができます。
ここでは私たちが訪れたセント・マーチンの観光スポットご紹介します。

セント・マーチンってどこにあるの?

最近はテレビで紹介されることも多いセント・マーチンですが、どこにあるかご存知でしょうか?
東カリブ海クルーズの寄港地の一つ、セント・マーチンはカリブ海のリーワード諸島(小アンティル諸島北部)にある小さな島です。面積は約88km2で伊豆大島と同じくらいの大きさですが、島の中央にフランスとオランダの国境線が走っており、北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されています。フランス領では「サン・マルタン」、オランダ領では「シント・マールテン」とそれぞれ違う呼び方で言われています。一つの島に二つの領土が存在し、フランスとオランダの二つの文化に触れることができる珍しい島です。

 

頭上すれすれを飛行機が通過するビーチ

セント・マーチンで一番有名な観光スポットといえば、飛行機がビーチ上の低空を通過するマホビーチですよね。オランダ領にあるプリンセス・ジュリアナ国際空港の滑走路がビーチのすぐそばのため、着陸時の機体を間近で見ることができるのです。恐らくセント・マーチンを訪れるほとんどの観光客がこの迫力の光景を見に行くのではないでしょうか。

Maho Beach, St. Martin“Maho Beach, St. Martin” by theglobalpanorama is licensed under CC BY-SA 2.0


もちろん我が家の飛行機好き旦那もマホビーチに行く気満々だったのですが、日陰が少ないこと、また大型飛行機の離着陸の本数は限られていることなどから今回はマホビーチは断念したのでした。

そんな私たちのセント・マーチン観光で選んだのが船のエクスカーション「Under 2 Flags Island Tour」というバスで島内の観光スポットを回るというものです。
それでは「Under 2 Flags Island Tour」でセント・マーチン観光に出かけましょう!

バスでセント・マーチンの観光スポットを巡る

出発はフィリップスバーグのクルーズ船が寄港するクルーズターミナルです。フィリップスバーグはオランダ領の首府で、島東南部にあります。(ちなみにフランス領の首府はマリゴ)


クルーズターミナルには大型船が4艘停泊できるバースがあります。
私たちがディズニーファンタジーでセント・マーチンに寄港した時には、目の前にロイヤルカリビアンのインディペンデンス・オブ・ザ・シーズが停泊していました。インディペンデンス・オブ・ザ・シーズは約15万トン、ディズニーファンタジーは約13万トン。2艘の大型クルーズ船の並ぶ姿は圧巻です。


クルーズターミナル内には免税店、土産物店、露店、バー、レストランなどが入った明るい色合いの建物が並んでいます。


スティールパンによる演奏も行われていました。
カリブ海にピッタリ!この独特な音色を持つスティールパンはカリブ海の島国の一つ、トリニダード・トバゴが発祥だそうです。そりゃ、カリブ海に似合うはずですね。

フランス領とオランダ領の国境超え

小さな島の中にフランスとオランダのふたつの国が存在しているセント・マーチン。
島内には国境を表すモニュメントが設置されている場所があります。国境といってもパスポートチェックや税関などはなく、自由に行き来できました。


クルーズターミナルから数キロ北上した場所にあるモニュメント。


こちらはプリンセス・ジュリアナ国際空港の近くのモニュメントです。もちろんこの場所も自由に国境超えができます。

フランス領の首府マリゴ

フランス領の首府マリゴは、クルーズターミナルから車で約30分程度の場所にあります。


丘の上に見えるのはフォート・サン・ルイ(Fort St. Louis:セントルイス砦)です。

Cannon Over Marigot Market“Cannon Over Marigot Market” by puroticorico is licensed under CC BY-SA 2.0


港の倉庫に保管されていた塩、コーヒー、サトウキビ、ラム酒などを守るために1789年に造られそうです。

saturday market at marigot“saturday market at marigot” by consultingpractices is licensed under CC BY 2.0


丘のふもとにはレストランなどのお店の他に露店が多く出ており、民芸品などが売られていました。


Le West Indiesという名前のショッピングモール。
レストランや衣料品、宝飾品などのお店が入っていましたが、私たちの目的はトイレを借りること!というのも街中にあったパブリックのトイレは有料なのにあまりきれいではなかったので。ショッピングモール内のトイレも有料でしたが、チップ程度での金額で構わず、それにきれいだったので安心して利用できました。^^

Le West Indies
住所Boulevard de la République, Saint Martin 97150

 

Carousel Gelateria Bar

プリンセス・ジュリアナ国際空港から少し南に下ったところにあるアイスクリーム屋さんです。クルーズターミナルからは車で約20分くらいです。
アイスクリームには新鮮な果物を使っているそうです。アイスクリームだけではなく、ケーキなどもありました。


なんと店内にはメリーゴーランドが。ただし有料です。


このお店には元アメリカ大統領, ビル.クリントンや、ジョージ.W.ブッシュなどが訪れた時の写真が飾ってありました。

Carousel Gelateria Bar
住所Welfare Road 60A, Simpson Bay, St Maarten
営業時間2:00 PM – 10:00 PM(金・土は 2:00 PM – 11:00 PM)

 

プリンセス・ジュリアナ国際空港



Carousel Gelateria Barへ向かう途中、バスがプリンセス・ジュリアナ国際空港の滑走路脇を走っていた時、ちょうど飛行機が離陸したところでした。




今回のバスツアーでは約3時間かけて上記以外にも展望の良い高台などにも寄りながらセント・マーチンを巡りました。残念ながら飛行機が真上に飛ぶマホビーチは含まれていませんでしたが、観光スポットを涼しいバスに乗って手軽に巡ることができるので、初めて訪れる場合にはオススメです。

東カリブ海クルーズ旅行記(ブログ)

東カリブ海クルーズの旅行記をご紹介します。実際に私たちが体験したカリブ海クルーズの様子をお伝えしていますので、雰囲気を味わってくださいね。

カリブの碧い海へ!ディズニー ファンタジーで行く東カリブ海クルーズ旅行記

前年に続いて3度目のディズニーファンタジーでのクルーズは初めての東カリブ海!
西カリブ海クルーズよりも遠くへ行くため、寄港するのは3箇所、洋上日は3日とのんびりと船旅を楽しめるコースです。

2015年4月24日〜2015年5月4日   Disney Fantasy

ポートカナベラル – セント マールテン – プエルトリコ – ディズニー キャスタウェイケイ – ポートカナベラル

続きを読む

 

関連記事


 

オススメ記事