ディズニーファンタジーで行く東カリブ海クルーズ

ディズニー ファンタジー号で、セント・マーチンやプエルトリコ、ディズニーのプライベートアイランドを巡る7泊8日の東カリブ海クルーズの旅行記ブログです。

寄港地は、以下の3ヶ所。

・フィリップスバーグ(セント・マーチン)
・サンファン(プエルトリコ)
・ディズニー キャスタウェイケイ(バハマ)

乗船した船は、ディズニークルーズラインのディズニー ファンタジー(Disney Fatasy)。
最新のテクノロジーを駆使した子供から大人まで安心して楽しめる、ディズニーの夢と魔法がつまった豪華客船です。

この旅行記では、各寄港地での見所を始め、ディズニー ファンタジー船内の設備や食事の様子などを詳しくお伝えしています。

それでは、夢と魔法の豪華客船・ディズニー ファンタジーでの東カリブクルーズへどうぞ。

 

  カリブ海クルーズのおすすめ観光情報はこちら
カリブ海クルーズの楽しみ方|豪華客船で行くカリブ海クルーズのおすすめの観光情報

 

 

旅行概要

Disney Cruise Line, Disney Fantasy: 東カリブ海クルーズ 7日間

日程

2015年4月24日(金)〜 2015年5月3日(日)8泊9日
(クルーズのみ:2015年4月25日(土)〜 2015年5月2日(土)7泊8日)

航路

日時寄港地入港出港 
2015年4月25日(土)ポートカナベラル(アメリカ、フロリダ)3:45pm
2015年4月26日(日) 終日航海 
2015年4月27日(月) 終日航海 
2015年4月28日(火)フィリップスバーグ(セント・マーチン)8:00am6:45pm
2015年4月29日(水)サンファン(プエルトリコ)7:45am4:45pm
2015年4月30日(木) 終日航海 
2015年5月1日(金)ディズニー キャスタウェイケイ(バハマ)9:30am4:45pm
2015年5月2日(土)ポートカナベラル(アメリカ、フロリダ)7:00am

上記の入港/出港時間は当初の予定のものです。

 

 

乗船した客船(ディズニー ファンタジー : Disney Fantasy)について

クルーズ会社:ディズニークルーズ ライン (Disney Cruise Line)
乗船した船:ディズニー ファンタジー (Disney Fantasy)

総トン数129,750トン乗客定員4,000名
デッキ14層乗組員数1,458名
就航年2012年客室数1,250室

 

ディズニードリームの姉妹船であるディズニー ファンタジー号は、フロリダ・ポートカナベラルを起点としたカリブ海クルーズを行っています。

2012年に就航したので、私たちの乗船時には3年目というまだ新しい客船です。

クルーズ旅行の準備

今回のディズニーファンタジー号での東カリブ海クルーズは、2014年ゴールデンウィークにディズニー ファンタジー乗船中に予約しました。
(その時の旅行記は「晴れなのに抜港?ディズニーファンタジーで行く西カリブ海クルーズ旅行記」

ギャランティーで予約したため、予約時点では部屋番号は確定していません。

船内予約した後に、代理店であるミッキーネットに予約内容を引き継いでもらいました。
そのため特典によるディズニー社から200ドル、そしてミッキーネットへ引継ぎたための特典50ドルの計250ドルのオンボードクレジットが付きました。

利用した航空会社

・全日空:成田 ⇄ ニューヨーク(JFK)
・デルタ航空:ニューヨーク(JFK)⇄ オーランド

利用したホテル

・ハイアット リージェンシー オーランド インターナショナル エアポート(HYATT REGENCY Orlando INT’L Airport)

クルーズ前と後にそれぞれ一泊しました。

 

  ハイアット リージェンシー オーランド インターナショナル エアポートを詳しく紹介した記事はこちら
ハイアット リージェンシー オーランド インターナショナル エアポート

 

ディズニー ファンタジーで行く東カリブ海クルーズ旅行記

1日目:ANAビジネスクラスでフロリダ州オーランドへ

2015年4月24日(金)

ディズニーファンタジーが出港するフロリダ・オーランドに向かいます。


まずは、ANA(全日空)NH010のビジネスクラスで経由地のニューヨーク(JFK)へ。


飛行機での楽しみは機内食!

旦那は和食をチョイス。
和食は前菜・小鉢・お造り・主菜・デザートなど。品数が多いので、いろいろ食べたい人には良いですよね。

ちなみに私が洋食で選んだメインは「牛フィレ肉のステーキ」!


この日は、オーランド空港内にあるハイアットリージェンシー オーランド インターナショナル エアポートで一泊。

オーランドといえばウォルトディズニーワールド(Walt Disney World:WDW)があるけど、翌日からのクルーズに備え、パークなどには行かずホテルで体力温存。^^v

 

2日目:マジカル エクスプレスバスで一番をゲット!ディズニー ファンタジーに乗船

2015年4月25日(土)

今日はファンタジーに乗船します!


オーランド空港からディズニーのマジカル エクスプレスでディズニーファンタジーが待つポートカナベラルへ。

バスの乗車番号はもちろん1番!


約1年ぶりのディズニーファンタジー。

ブリッジを渡りこのアトリウムに入ると、「帰ってきた〜!」という感じがしますよね。


そして、「星に願いを」の曲に合わせて出航!
いよいよ夢のディズニークルーズの始まりです。

 

3日目:のんびり過ごす終日洋上日

2015年4月26日(日)

今日と明日はどこにも寄らない終日洋上日。


終日洋上日は、ゲストを飽きさせないため多くの船内アクティビティ(プログラム)が行われます。
また船のシアターでは、最新のディズニー映画が上映されています。

私たちも船内アクティビティのクイズに参加したり、ピクサー映画を見たりとのんびり過ごします。


船内アクティビティの一つ、Disney Tunes Triviaにトライ!
ピアニストがディズニー関連の曲を少しだけ弾き、その曲名を当てるというものです。

でもほとんどわからない (^^;


そしてメインステージでのショーは大人気のアラジン。
こんなレベルの高いショーが船内で無料で見られるのもディズニークルーズならでは。

 

4日目:レミーのブランチで昼からシャンパンを

2015年4月27日(月)

引き続き今日もどこにも寄港しない終日洋上日。


お天気も良いということもあり、プールサイドは多くのゲストで賑わっています。

このプールはミッキーの形しているのですよ、わかります?


今日のメインイベントはレミーのシャンパンブランチ!

レミーは18歳以上の大人専用の有料フレンチレストランです。
その名前の通り、映画「レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)」がモチーフとなっています。

人気がある上に洋上日のみの限定営業なので、なかなか予約がとれないのですが、無事に乗船前に予約することができました。


お料理は前菜・魚料理・肉料理・デザートなど全6品。
どのお料理も量もほどよく、それになんと言っても美味しい!


また料理に合わせたシャンパンを追加することもできます。(もちろん料金が別にかかりますが)

美味しいお料理とシャンパンで優雅なブランチを楽しみました。

 

5日目:セント・マーチンを手軽に観光

2015年4月28日(火)

最初の寄港地はセント・マーチンです。


島の中央に国境線があり、北側はフランス領、南側はオランダ領に分割された、一つの島内に2つの領土がある珍しい島です。


島内には上記の写真のような国境を示すモニュメントがあります。

国境といってもパスポートチェックや税関などはなく、自由に行き来ができますよ。


セント・マーチンといえば飛行機が頭上スレスレに迫る姿を見物できるマホビーチが有名ですが、今回は船のエクスカーションでセント・マーチンをバスで巡ることに。
フランス領の首府マリゴなどを約3時間かけてまわるツアーです。

マホビーチは含まれていませんが、手軽にセント・マーチンをまわれるので、初めて訪れる場合などにはオススメですよ。

 

6日目:サンファン街歩き

2015年4月29日(水)

クルーズ5日目は、プエルトリコのサンファンに寄港します。


船のエクスカーションは申し込んでいないので、港から歩いていける距離にあるサンクリストバル要塞や、旧市街ビエホ・サン・ファン(オールド・サン・ファン)をブラブラ散策します。

世界遺産に登録されているオールド・サン・ファンは、スペインの影響を受けたパステル調の美しい街並みが続き、見ているだけでも楽しめます。


サンクリストバル要塞は、陸からの攻撃を防御するために1790年に築かれました。
東京ドーム2個分の広さがあります。


サンクリストバル要塞が陸からの攻撃を防御するための要塞に対し、カリブの海賊や他国からの攻撃や侵略から町を守るために造られたのが、サン・フェリペ・デル・モロ(エルモロ)要塞です。

クルーズターミナルから徒歩で行くこともできますが、私たちは疲れていたのでパス。
この写真は船から撮ったものです。
船が近くを航行するので、サンフアンに入出港する時に船からサン・フェリペ・デル・モロ要塞を見ることもできるのです。

 

7日目:洋上日のもう一つの楽しみ パロブランチ

2015年4月30日(木)

3回目の洋上日。東カリブは遠いのだなと実感。


洋上日のもう一つの楽しみ。
今日はパロのブランチです!

パロもレミーと同じく、18歳以上の大人限定の有料イタリアン・レストランです。

ドレスコードがあり、旦那がスポーツシューズを履いていったら、入り口で履き替えてくるようにとチェックされてしまいました。^^;


キャビアにエビ、カニ、ピザ、ステーキなど好きなだけ食べますよ!!


温かい料理は注文をしてから作ってくれます。
ピザはハーフサイズでもOKでしたよ。

私たちのお気に入りは、フィレ・ステーキ と モッツァレラ・チーズのフライです。^^


そして夜はアニメーターズパレットでのお絵かきディナーです。

ゲストが紙に描いた絵がモニターの中で踊りだすというものです。
こんな演出もディズニーならではですよね。

 

8日目:キャスタウェイ・ケイ 大人ビーチでのんびり

2015年5月1日(金)

今日はディズニーのプライベートアイランド、キャスタウェイ・ケイに上陸!


大人専用ビーチのセレニティ・ベイに2番到着し、ベストポジションを確保。
海を眺めながらのんびりと過ごします。


残念だったのは、お天気があまり良くなかったこと。
この時期は海に入ることができるのですが、今回は水が冷たくて泳ぐのは断念。

ただ旦那は、引潮で沖合に現れた中州までがんばって行ってましたよ。^^


今日はディズニー・ファンタジーで過ごす最後の日。
夜にはフェアウェルパーティのSea Ya’ Real Soonが行われます。
これを見ると、もうクルーズも終わりと実感します。

また来るからね〜!

 

9日目:ディズニーファンタジー下船の日

2015年5月2日(土)

7泊のクルーズは短いもので、あっと言うまにディズニーファタジー下船の日を迎えてしまいました。

船を降りた後は、クルーズバスでオーランド国際空港に向かいます。
といってもそのまま帰国するわけではなく、往路にも利用したハイアットリージェンシー オーランド インターナショナル エアポートに一泊し、翌日に帰国します。


ホテルにチェックイン後、無力感・脱力感に襲われつつも、何とかやる気を出してウォルトディズニーワールドのディズニー・スプリングスに向かいます。


ディズニー・スプリングスのショップをブラブラみた後は、ウルフギャング・パック・エクスプレスでちょっと遅めのランチ。
ウルフギャング・パック・エクスプレスはカウンターサービスなのですが、お料理はテーブルまで運んでくれます。

久々に食べた我が家のお気に入りのBBQ Chicken Pizza。


さらにギラデリでパフェも。
おいしい〜!


ディズニー・スプリングスからバスで以前よく宿泊していたヨット&ビーチクラブやボードウォークへ。

それにしても暑い!
この時期のオーランドは天気が良いと、日差しがきつく、身体にこたえます。。。

 

10日目:JFK経由で成田へ

2015年5月3日(日)

今回の旅行最終日。
往路と同じくニューヨーク(JFK)経由で日本に戻ります。


これまで帰国の時はオーランド空港出発が早朝だったのですが、今日はオーランド発が昼12時なので、今までのような過酷な早起きはありません。

ゆっくりとハイアットリージェンシーのレストランで朝食をいただきます。


経由地のニューヨーク(JFK)では、初めてブリティッシュ エアラインのラウンジを利用しました。

このブリティッシュ エアラインのラウンジは、食べ物はイマイチなのですが、お酒の種類が豊富なのです。
しかも無料!


JFK午後6時発のANAで成田へ。

オーランドで早朝に起床しなくてはよかったのですが、実は別の心配ごとがあったのです。

それは、成田に到着するのが夜9時過ぎなので、果して成田空港からの最終電車に間に合うか?と言うこと。

到着後、成田空港でバタバタしましたが、無事に最終の一本前の電車に乗って帰宅できました。

 

タウンライフバナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連記事