無料レストランで食べ尽くす!? | ホーランドアメリカ レストラン


クルーズの楽しみのひとつは、食事ですよね。
特にホーランドアメリカのお料理は私たちの口に合うものが多く、毎回食事が楽しみです。

ホーランドアメリカの船は巨大なカジュアル船と違い、レストラン数もそんなに多くありませんが、メインダイニングのディナーなどは毎日異なったメニューを楽しめるので飽きることは(今のところは)ありません。

ちなみに無料で食事ができるのは、
・メインダイニング
・ブッフェレストラン
・ハンバーガーカウンターサービス
・アフタヌーンティー
・ルームサービス

ここでは私たちが利用したメインダイニング、ブッフェレストラン、ハンバーガーカウンターサービス、アフタヌーンティーをご紹介します。

メインダイニング

なんといってもどのクルーズ船でも食事といえば中心になるのがこのメインダイニングですよね。
ホーランドアメリカの場合、メインダイニングでは毎日の朝食とディナーを提供しています。またアフタヌーンティーやリピーター向けの特別なランチなどもメインダイニングで行っていることが多いですね。

それでは、メインダイニングへどうぞ。


メインダイニングに入ると、まず受付のデスクがあります。
ここで名前と部屋番号、予約をしていればその予約時間を確認します。
ディナーなどの時間によっては、左右にクルーがずらーっと並んでいることもあります。そしてそのクルーにテーブルまで案内してもらいます。


この写真は Koningsdam (コーニングスダム) のメインダイニング。モダンなインテリアで明るいレストランです。
デッキ2と3の船尾にあります。


こちらは Eurodam (ユーロダム) のメインダイニング。シックで落ち着いた雰囲気で、コーニングスダムとはまた違った印象です。高級なレストランって感じですよね。


こちらはZuiderdam (ザイデルダム) のメインダイニング。
ユーロダムと同じように重厚な雰囲気のレストランです。そしてテーブルには必ず生花が飾られています。


 これはGala (ガーラ)というフォーマルの夜のメニュー。このようにステーキとロブスターの組み合わせも無料なのです。うれしい〜。


これもディナーでの一皿。今まで食べた中で一番美味しかったプライムリブです。
それまでステーキはほとんど食べなかったのですが、これ以降はほぼ毎回プライムリブをいただいています。^^


メインダイニングのディナーの場合、前菜、スープ、メイン、デザートの中から選ぶのが基本のようですが、自由にアレンジできるようです。オーダーしていなのに、美味しいからといって前菜2品、デザート2品などもらったこともあります。
普段の食事ではこんなに食べていないので、前菜、メイン、デザート、さらにパンも食べたら、もうおなかいっぱい!です。

ブッフェレストラン

ホーランドアメリカのブッフェレストラン Lido Market (リド マーケット)は、おそらくクルーズ中に一番訪れたのではないかと思う場所です。コーニングスダム、ユーロダム、ザイデルダムではデッキ9、Volendam (フォーレンダム)ではデッキ8 にあります。

早朝から、昼、夜とほぼ一日中食事や飲み物を提供しています。アルコールや一部のドリンク以外はすべて無料(というかクルーズ代金に含まれている)です。


こちらはコーニングスダムの食事を提供するカウンターです。左右に2箇所あり、同じ物を提供しているのかなと思ったら、片方だけにしかない料理もありました。
お料理の多くはクルーがサーブしてくれます。


朝はこのようなパンや、オムレツ、サラダ、ハム、クレープなどいろいろな種類の食事が用意されています。お粥もあり、ディナーで食べ過ぎた胃袋にはちょうど良いですよ。


こちらはランチタイムのお料理。
肉や野菜の炒めものなど馴染みのある料理も提供されています。


ディナーはメインダイニング、または有料レストランを利用することが多いので、リドで夕食をとることは少ないです。
この写真はリドでいただいたステーキですが、やはりお肉はメインダイニングで食べたほうが美味しかったですね。。


食事をする場所もカウンターを挟んで2ヶ所あります。
洋上日のランチタイムはゲストで混雑し、空いているテーブルを探すのも一苦労、なんてこともあります。

【レストランレポート】コーニングスダムの Lido Market

2016年に就航し、2019年現在ホーランドアメリカにとって2番目に新しいKoninsdam (コーニングスダム)。そのコーニングスダムにあるブッフェレストラン Lido Maket (リド マーケット)をレポート

ハンバーガーカウンターサービス

Dive-In (ダイブイン)は、ホーランドアメリカのすべての船にあるハンバーガーとホットドッグ、フレンチフライを提供するカウンターです。
私たちが乗船したコーニングスダム、ザイデルダム、フォーレンダム、ユーロダムでは、リドと同じデッキにありました。


このカウンターで注文します。注文してから作るため、時間が少しかかりますが、それだけの価値あり!
ペイジャーを受け取り、できあがりを待ちます。


こちらはお気に入りのベーコン入りのハンバーガーTHE CANNONBALL。


frizzled onionがサクサク。ソーセージもプリプリのホットドッグもお気に入りの一つです。

【レストランレポート】Dive-In でグルメバーガを食べる!

クルーズ中に何度も食べてしまう大好きなDive-In (ダイブイン)。ダイブインのハンバーガーを食べてから、M○C や B○rgerK○ng などのハンバーガーが食べれなくなったほど。

アフタヌーンティー

ホーランドアメリカのすべての船では、午後3時から無料のアフタヌーンティー(Afternoon Tea)が行われます。
通常はサンドウィッチやケーキに、紅茶やコーヒーを楽しむことができるのですが、航海中に何度かスペシャルなアフタヌーンティーが行われることもあります。


これはユーロダムでのクルーズの時です。
クルーがこのようにお菓子を持ってきてくるので、好きなものを、好きなだけ選びます。


このようにティースタンドにサンドウィッチ、デザートが並んでいます。Afternoon Tea といったらこのティースタンドですよね!
このアフタヌーンティーもクルーズ代金に含まれています。

【レストランレポート】アフタヌーンティーで優雅な午後を過ごす

美味しいスイーツや軽食を楽しむ至福の午後の時間。日常ではなかなか味わえないアフタヌーンティーをクルーズで。


 

★ホーランドアメリカでのクルーズ旅行記は こちら ★

【旅行記】桜の季節に巡る日本・台湾・韓国を巡る14泊クルーズ

飛行機を使わずに海外へ!第2弾は横浜発着で、神戸、那覇、石垣島、花連、基隆、済州島、長崎、鹿児島を巡ります。

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブで Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。寒い日本を飛び出して、キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。