羽田空港のおすすめ展望デッキ|第1・第2・第3ターミナルの展望デッキの見どころを解説

この記事では羽田空港にある展望デッキの見どころを紹介しています。

羽田空港には、3カ所のターミナル(第1ターミナル・第2ターミナル・第3ターミナル)のそれぞれに展望デッキがあり、離発着する飛行機を間近に見ることができます。

また飛行機を眺めるだけではなく、天気の良い日には富士山や東京スカイツリー、東京ディズニーリゾート、京浜工業地帯なども広く見渡せたり、都心や工場地帯の美しい夜景も満喫できるスポットとしても有名ですよね。

飛行機好きだけではなく、私のようにそんなに飛行機に興味がなくても充分に楽しめる場所です。

この記事では、羽田空港にある3カ所の展望デッキの違いや、楽しみ方をご紹介します。

 

第1ターミナル 展望デッキについて

第1ターミナルは、日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、スターフライヤー、スカイマークの国内線が利用しているターミナルです。
地下1階から6階と屋上からなる建物には、出発・到着ロビーの他に、レストランやショップなども入っています。

そんな第1ターミナルの展望デッキは6階と屋上の2箇所にあります。

まずは6階にある展望デッキから行ってみましょう!

羽田空港第一ターミナル展望デッキへの通路

多目的ホール(ギャラクシーホール)を挟んで、展望デッキは左右に2カ所(南側・北側)にあります。

奥に見えるドアの先が展望デッキです。

羽田空港第一ターミナル展望デッキ(北側)の様子

上記写真の展望デッキ(北側)にはテーブルと椅子が置いてあります。
また屋根があるので、強い日差しや雨の時でも安心ですね。

羽田空港第一ターミナル展望デッキ(北側)から見た駐機場

目の前にはゲートに駐機している飛行機、その先にはA滑走路。
さらに奥に見える建物は第3ターミナルです。

それにしても飛行機が近いですね。

羽田空港第一ターミナル展望デッキ(北側)から見た富士山

晴れて空気が澄んだ日には第3ターミナルの上に富士山も見えますよ!

羽田空港第一ターミナル展望デッキ(南側)の様子

上記の写真は6階に2箇所あるもう一方の展望デッキ(南側)です。
北側のデッキと同じように椅子やテーブルもありますが、ほとんどがオープンスペースになっています。

北側より若干狭いかな。

羽田空港第一ターミナル展望デッキ(南側)の軽食スタンド

私たちが行った時は営業していませんでしたが、軽食や飲み物をテイクアウトできるスタンドもあるので、飛行機を見ながら軽い食事もできます。
このスタンド付近のみ屋根があります。

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキへ通じる階段

屋上の展望デッキに行くには、南・北側の両方にある「GULLIVER’S DECK(ガリバーのデッキ)」と書かれた階段を使います。

小人の世界を旅するガリバーになって、ミニチュアのような東京の街をこの展望デッキから見ることができることから、ガリバーのデッキという名前がついたそうです。

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキ「ガリバーのデッキ」

6階に比べて屋上の展望デッキは広々として気持ちが良い!

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキのベンチ

壁の窪みにすっぽりと収めたようなベンチもあります。

座ってのんびりと飛行機を見るのも良いですね。

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキから見た富士山

もちろん屋上からも富士山見えます

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキから見た京浜工業地帯

A滑走路の奥には京浜工業地帯が広がっています。

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキから見た着陸する機体

A滑走路に着陸する飛行機。
距離が近いので迫力があります。

羽田空港第一ターミナルの屋上展望デッキと管制塔

また6階とは違い、反対側の第2ターミナル方面も見ることができます。
すぐ近くには管制塔もありますね。

 

第2ターミナル 展望デッキについて

第2ターミナルの5階には、屋内デッキとその両側に屋外の展望デッキがあります。

羽田空港第二ターミナル5階屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」

5階に上がると建物の中央に屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」が広がっています。

ここも広々とした空間です。
屋内なので、雨の心配はないし、空調も効いているので快適!

羽田空港第二ターミナル5階屋内展望フロアの様子

ちょっとわかりずらいですが、写真右奥はカフェになっています。
とても見晴らしがよく、滑走路から離発着する飛行機を眺めながら、食事やデザートなどをいただくことができます。

羽田空港第二ターミナル5階屋内展望フロアから見た駐機場

屋内なのでガラス越しになりますが、眼下には駐機している飛行機を見ることができます。

羽田空港第二ターミナル5階屋内展望フロアから見た東京都心

この展望デッキの前には羽田では一番長いC滑走路があります。

また滑走路の奥には東京湾とベイエリアが広がっています。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ

上記は、屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」の北側にある屋外の展望デッキです。

滑走路に並行して広々とした空間が広がり、開放感たっぶり!

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキから見た駐機場

第2ターミナルの展望デッキもすぐ下が駐機場となっているため、駐機中の飛行機だけではなく、出発準備の光景や滑走路に向かう姿も見ることができます。

第2ターミナルはANAがメインで利用しているため、見渡す限りANAの飛行機ばかりですね。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキから見た東京ディズニーリゾート

天気の良い日には、東京ディズニーリゾートや房総半島まで見えます。

写真の真ん中にうっすらとディズニーシーのシンボル火山「プロメテウス火山」が写っているのがわかりますか?

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキから見た東京スカイツリー

また東京都心やスカイツリーも見ることができます。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキのテーブルや椅子

写真右手に見えるように多くのテーブルや椅子が用意されています。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキの様子

残念ながら屋根は格子状なので、完全に雨や日差しを避けることはできません。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキから見た風景

でも椅子に座ってのんびりと飛行機を眺めるのも気持ち良いですよね。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキで食べた鯖寿司

この日はお天気がよかったので、同じ第2ターミナルの2階に入っている空弁工房で空弁を買って、ここでランチをいただきました!

飛行機を見ながら食べるのは一味違いますね!

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)

ここからは屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」の反対側(南側)にある展望デッキに移ります。

こちらも眼前にANAが並んでいますね。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)から見たデルタ航空

ちょうどC滑走路をデルタ航空機が飛び立つところ。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)の椅子とテーブル

南側の展望デッキにもテーブルや椅子がありますので、ゆっくりと座りながら飛行機を眺めることができます。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)の様子

空弁を食べた場所よりは数は少ないのですが、この場所の一画には

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキのソファー

テレビでも紹介されたソファーもあります。

座り心地抜群!

でも人気のため、常にどなたかが座っています。
なかなか空くことはないかなあ。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)のベンチ

さらに奥には、一画ずつわかれたベンチも。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキ(南側)のベンチにともった灯り

夜になると写真のようにあかりが灯り、幻想的な雰囲気となります。

羽田空港第二ターミナル屋外展望デッキの夜景

そして足元には埋め込まれたLEDが輝き、まるで星屑のようですね。

 

第3ターミナル 展望デッキについて

第3ターミナルは、2010年に完成したD滑走路に合わせ開業した国際線専用のターミナルです。

江戸の街並みを再現した江戸小路や、日本の和を感じるスポットがあったりと海外からの観光客を意識した作りになっているのが特徴ですよね。

羽田空港第3ターミナル屋上展望デッキ

第3ターミナルの展望デッキは5階にあり、ターミナルの屋上部分が展望デッキとなっています。

写真左側に見えるように屋根が少しありますが、ほとんどが屋外なので雨や強い日差しの時にはちょっと辛いですね・・・。

羽田空港第3ターミナル屋上展望デッキの様子

目の前は駐機場、その先にはA滑走路、さらには第1ターミナルや整備エリアも見ることができます。

また左手方向にはB滑走路も見ることができます。
ただし第1ターミナルのように展望デッキからは富士山は見えません。

羽田空港第3ターミナル屋上展望デッキの様子

国際線ターミナルのためこの展望デッキは通常24時間利用できるのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現在は現在は朝7時から夜8時までの運用となっています。

羽田空港第3ターミナル屋上展望デッキから見た駐機場

第3ターミナルは国際線の飛行機が利用するターミナルのため、見慣れない海外の航空会社の飛行機を眺めることができるはずなのですが、コロナの影響でまだ運行状況は以前のようには戻っていないようです。

羽田空港第3ターミナル屋上展望デッキから見た整備エリア

展望デッキから整備エリアを見たところ。
左からJAL・JAL・スカイマーク・ANAの格納庫です。

 

オススメ記事