写真で巡る高知市内オススメ観光地

高知 旅行記

高知市内のオススメの定番観光地を徒歩で巡った写真旅行記です

スタートは高知市内観光の名所として有名な「はりまや橋」。 きれいな朱色ですが、復元されたものです

よさこい節の「土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た♪」の中で歌われているはりまや橋

江戸時代、堀川で隔てられていた豪商の播磨屋と櫃屋(ひつや)が両者が行き来するために架けられたと言われています

はりまや橋から徒歩で5分ほどの場所で行われている日曜市。 その名前の通り、日曜日のみ開催されています

全長約1kmの間に、新鮮な野菜や果物、金物や植木など約300ものお店が軒を連ねています

高知の特産品「文旦」を使ったジュース。 なんと文旦7個分が入っています。かなり酸っぱいけど、暑い日にはピッタリ!

ランチをとるために「ひろめ市場」へ。 日曜市から脇道に入った場所にあります

和洋中いろいろな飲食店やお土産物屋さんなどが入っているフードコートのようなひろめ市場。 好きなものを買ってテーブルで食べます

高知といったら「鰹」! ということで、「鰹のたたき」をいただきます

もう一品は「海鮮丼」。 多くの飲食店にはテーブルがないのですが、私たちが食べたお店にはカウンター席がありました

次は日曜市の先にある高知城。江戸時代から天守が現存しているお城のひとつです。 また天守閣と追手門が1枚の写真に無理なく収まる数少ないお城だそうです

高知城を築城した土佐藩の初代藩主山内一豊。 高知城は天守や追手門などが重要文化財に指定されています

山内一豊の妻・千代。内助の功、良妻賢母で有名ですよね 公園内には他にも100円札にも描かれた自由民権運動の主導者・板垣退助の像もあります

本丸御殿の入り口です。この本丸まで158段の階段を上がってきました! でも天守はまだまだ高い場所にあります。天守は遠いぞ!

本丸御殿内にはいろいろな品が展示されています。 これは、山内家の「三つ柏」の家紋の船印

覆いがある位が高い人が使用した駕籠(かご)。

本丸内には高知城のジオラマが飾られています

急な階段を上り、たどりついた天守からの眺め。 高知城下を360度一望できます。殿様の気分になれる? これで高知市内観光は終了です

Go To kochi-City

お得に旅するチャンス!

MORE STORIES

高知の各観光スポット情報やルートなど詳しい旅行情報は下記をご覧ください