上海外灘から見た夜景

横浜を出港し、上海(中国)、釜山(韓国)の他に、奄美大島、那覇、博多、広島、高知、大阪、清水の日本各地を巡るクルーズ旅行記・ブログです。

私たちにとって10回目のクルーズは、今までで最長の14泊15日のクルーズとなりました。

Contents

横浜発着クルーズ 旅行概要

Holland America Cruise Line : 14day China & Japan Cruise

日程

2018年4月11日(水)〜 4月25日(水)14泊15日

航路

No日時寄港地入港出港ドレスコード
14月11日(水)乗船(横浜)7:00pmSmart Casual
24月12日(木) 終日航海  ー Gala
34月13日(金)奄美大島12:00nn7:30pmSmart Casual
44月14日(土)那覇(沖縄)8:00am4:00pmSmart Casual
54月15日(日) 終日航海  Smart Casual
64月16日(月)上海(中国)8:00amovernightSmart Casual
74月17日(火)上海(中国)2:00pmSmart Casual
84月18日(水) 終日航海  Gala
94月19日(木)博多 (福岡)7:00am6:00pmSmart Casual
104月20日(金)釜山(韓国)7:00am5:30pmSmart Casual
114月21日(土)広島 12:00ann7:00pmSmart Casual
124月22日(日)高知10:00am6:30pmSmart Casual
134月23日(月)大阪8:00am5:30pmGala
144月24日(火)清水(静岡)12:00am7:30pmSmart Casual
154月25日(水)下船(横浜)7:00am 

 


横浜港大さん橋を出港し、奄美大島、那覇へと南下し、上海(中国)でオーバーナイト、再び日本の博多に戻り、次に釜山(韓国)へ。
その後は広島、高知、大阪、清水と巡り、再び横浜大さん橋に戻るコースです。

日本の出国・入国を繰り返し、その都度手続きが必要になるというちょっとメンドウなクルーズプランでした。

 

  横浜大桟橋へのアクセス方法はこちら
大桟橋・横浜港大さん橋国際客船ターミナルへのアクセス方法

 

 

乗船した船について

ms Volendam (Holland America Line):フォーレンダム(ホーランドアメリカライン)

総トン数61,214トン乗客定員1,432名
デッキ10層乗組員数604名
就航年1999年客室数716室

 

ホーランドアメリカライン(HAL)は、1873年にアメリカとヨーロッパを結ぶ海運会社として誕生したプレミアムクラスのクルーズ会社です。
HALでのクルーズはこれで5回目となります。

上海に停泊するフォーレンダム
フォーレンダム(Volendam)の船体は白と紺色、船内はアンティークや美術品でデコレーションされており、落ち着いた雰囲気の船です。

就航してから20年近くたった古い船ですが、昨年(2017年)改装しており、そんなに古さは感じませんでした。
そして今まで乗船した中で一番小さい船です。
揺れないか心配だ~

横浜発着クルーズの始まり

2017年12月、ホーランドアメリカのZuiderdam でパナマ運河カウントダウンクルーズに行った私たち。
(その時の旅行記「ANAファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ旅行記」)

往路は ANAのファーストクラス(「ANA ファーストクラス (FIRST CLASS) 搭乗記 | ANAファーストクラスの機内食やシートを紹介」) で夢のような旅行だったはずなのに、長距離フライトがつらくなってきたのを実感。

そんな中、日本発着のクルーズであれば飛行機に乗る必要がない!ということに気づき(今頃?)、がぜん日本発着が気になってしまいました。
調べると、4月にホーランドアメリカラインのフォーレンダム (Volendam)の横浜発着のクルーズがあるではないですか!?

いやいや、数ヶ月前にパナマ運河クルーズに行ったばかり、無理だよ!という声をよそに、なんとかやりくりし、何とクルーズ出航の1週間前に滑り込み申し込みしたのでした。

日本発着クルーズとは

日本発着クルーズは、日本の港から乗船し、同じく日本の港で下船するクルーズです。

日本の船(飛鳥II、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす など)が有名ですが、外国船籍の船も日本を発着するクルーズを行っています。
ただ外国船籍の場合、日本国内だけで完結するクルーズはできないという規制から、韓国や台湾など外国の港に寄港する必要があります。

そのため、外国船籍の日本発着クルーズだと飛行機を使わずに海外に行けるのです。飛行機を使わないということもあり、出航の1週間前の申し込みも可能になったと言えます。

日本発着クルーズについては 「外国船で巡る身近で楽しい日本発着クルーズ旅行 【2020年版】 | はじめてのクルーズガイド」の記事で詳しく解説しています。



横浜発着クルーズの準備

まずはクルーズの申し込みです!

クルーズを扱っている代理店はいろいろあります。

大きくわけると、
・添乗員付きでいろいろとお世話してくれるツアー型
・申し込みだけを代理店を通し、あとはすべて自分で行う個人手配

私たちの旅行はほとんど個人手配です。
今回もいつもお願いしている代理店へオーシャンビューのギャランティで申し込みしました。

さすがに出航1週間前ということで、申し込み時にクルーズ代金全額を支払いました。また同時にキャンセル料が100%発生するということでした。

実はこのクルーズは以前より気になっていて料金をチェックしていたのです。
出航2ヶ月前に大幅に下がり、下がった料金ままかと思っていたら、出航直前(私たちが申し込んだ頃)には少し上がってしまっていました。
よく出航直前には料金が下がると聞いていましたが、必ずしもそうなるとは限らないようですね。

個人手配は

クルーズの申し込みのみ代理店を通し、海外発着であれば飛行機やホテルの手配、エクスカーションや有料レストラン、スパなどはすべて自分で手配、クルーズターミナルまでの移動、チェックインも自分で行います。

海外発着や外国船籍のクルーズの場合、ある程度の英語が必要になります。
自分で手配する分、ツアーに比べて料金を抑えることができます。

希望のクルーズを見つける

どうやって希望のクルーズを見つけるのか。

既に乗りたい船や船会社が決まっていれば、その会社のWebサイトで検索すれば良いですよね。
私たちも当初はディズニークルーズのみ、今はホーランドアメリカラインが気に入っているので、乗船時に次のクルーズを予約するか、クルーズ会社のWebサイトで探します。

乗船時に次の予約を行うと特典が付く場合があります。
またクルーズ会社が行っているキャンペーンなどが適用されることもあります。

乗りたい船や船会社は決まっていない、でもクルーズに行きたい!という場合、多くのクルーズが掲載されている cruise critic などで検索しています。



横浜発着クルーズ旅行記・ブログ

旅行記は準備中です。