【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記㉛ Day10-1】 洋上日は朝からステーキ

2019年4月9日(火)クルーズ10日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ10日目は、次の寄港地 済州島(韓国)に向けて3回目の終日洋上日となります。

今回のクルーズでは洋上日が4日あります。洋上日が続くことはなく、適度に分散されているので、寄港地で疲れた身体を休めるのにはちょうど良い日程かもしれませんね。

from Today’s Navigator

Weather:  57°F/14°C  Partly Cloudy
Tonight’s Dress: Gala Attire



旦那は6時起床。
今までのクルーズでは早起きして、静かな船内で一人過ごすのが常だったのに、今回は体調がよくないせいなのか、あまり早くは起きることができませんでした。
でもクルーズも後半になり、少しずつ早起き生活ができるようになってきたようです。


こちらはデッキ9の船尾にあるSea View Bar (シービューバー)。
この船で唯一タバコが吸える場所です。(カジノを除いて)
まだゲストの姿は見えませんね。洋上日なので出足が遅いのでしょう。


8時、再び太極拳のレッスンのため、メインステージへ。(写真は前回の時のものです)
今日も多くのゲストが参加しています。

太極拳レッスンは洋上日のみ行われています。つまり今回のクルーズ中に4回開催されるわけです。
意外におもしろかったので、もっと開催してほしかったな。

レッスン後、講師のMaster Kam と少し話しをしました。
今朝のレッスンでは新しい型を教えてもらったのですが、難しくて覚えられないとMaster Kam に伝えたところ、覚えるのではなく云々、と言われてしまいました。^^;


太極拳レッスン後は、そのままメインダイニングへ。

今朝のメインダイングでの朝食は、 Breakfast Special Mixed Grill という特別なメニューが提供されるのです。そのためかメインダイングの前には案内を待つゲストの列ができていました。
クルーに相席でも良いかと聞かれましたが、Mariner Brunch (マリナーブランチ)でのつらい記憶が蘇り(?)、2人席をお願いすることに。^^;


Breakfast Special Mixed Grill は、Petit minute steak、 Sausage、 Lamb chop のミックスに、ポテト、マッシュルーム、トマト、玉子のてんこ盛りの朝食メニューです。
旦那はこれらを完食した上に ペストリー まで食べていました。


私はSkillet (スキレット)。
ハム、ポテト、タマネギ、パプリカなどの炒めたものにポーチドエッグがのっているもの。
初めて食べたけど、美味しかった。

この朝食でサーブしてくれたクルーに見覚えがあったので尋ねてみたら、以前Zuiderdam (ザイデルダム)に乗っていたと。このようにクルーと再会できるのは嬉しいですよね。


今日は洋上日のため、いろいろな船内イベントが予定されていますが、朝食後、私たちはデッキ10にあるCrow’s Nest (クロウズネスト) という展望デッキでのんびりと過ごします。

ここにはライブラリがあるのですが、日本語の本はゲストが読み終わり置いていった数冊しかありませんでした。
私は勉強のつもりで、英語の絵本を読んでみました。Julie Kim の Where’s halmoni?  という本です。
絵本なので簡単に読み進んでいけます。でも子供向けの本なのに、ラストが怖かった。


ボリュームのある朝食だったため、ランチは軽めに。
といってもピザとお寿司。


それにサラダとえびせんべい みたいなものも。
このえびせんべい は以前 Tamarind (タマリンド) という有料レストランのディナーで食べたものかな?
スナック感覚でいくらでも食べてしまいそう。。。


軽めのはずなのに、デザートも食べてしまう。


ランチの後は、寄港地のプレゼンを聞きます。
今回のセッションは、済州島(韓国)、長崎、鹿児島。
このクルーズも残りの寄港地は3ヶ所となってしまいました。


済州島ではシャトルバスのサービスがあるようです。
出発前にもらった旅程表では、済州島はテンダーボート利用予定となっていたのですが、どうやら港に接岸できるようですね。


こちらは鹿児島の地図。
鹿児島もシャトルバスサービスがあるようです。

寄港地での観光を考えるためにも、事前にシャトルバスサービスの有無がわかると良いのにな〜といつも思っています。
今回鹿児島観光プランについては、シャトルバス有り/無しなど3通りも考えていましたから。笑

寄港地プレゼンの次は、Master Kam のプレゼン Understanding Japan, Part 2 と続きます。
Part 1は最初の洋上日に行われており、私たちも参加したのですが、戦争での日本が諸外国を占領したことについての話が多く、少し違和感を覚えたのでした。
今回のPart 2 でもやはり第二次世界大戦での日本占領の話が大半となっていました。

2時間も英語のプレゼンを聞いたら、すっかり頭が疲れてしまいました。。。


脳の疲れを癒すため、デザートを食べようとリドへ。
そこで今回のクルーズで知り合った I 夫妻を見つけ、しばしおしゃべりを。
I 夫妻はこの日本・台湾・韓国を巡る14日間クルーズに続き、ロシアなどへ行く14日間クルーズにも乗船する予定なのです。いいな〜。

ちなみに終日洋上日の今日はこんな船内イベントが開催されていました。

・麻雀好きの集まり
・キャプテンとチーフエンジニアとのコーヒーブレイク
・お料理教室(サラダ)
・ミュージックトリビア
・タオルアートの作り方
・クラシック アフタヌーンティー
・禁酒の会
・プレミアムワインのテイスティング など

夕方から船が揺れ始めました。
船酔いが心配だ。


I 夫妻とのおしゃべりに花が咲いてしまい、今日のスパはハイドロプールとサウナのみ。
というのも今夜は3度目のGala (ガラ) なのです。 

8時。少しオシャレしてメインダイニングへ。


前菜は、Jumbo Shrimp Cocktail。


メインは、Surf and Turf。

ロブスターとフィレミニヨンの贅沢なセットです。
ロブスターの殻はサーバーのJoko が丁寧にとってくれます。


デザートは、White Floureless Chocolate Cake。


そしてTiramisu no sugar added。
no sugar は嬉しいですよね。^^

今夜のガラディナーのメニューは こちら

夕方から揺れ始めた船。外を見ると稲光がはしっています。
それに夕方からは霧が出て、周囲はほとんど見えないほどに。ウェステルダムは何度も汽笛を鳴らしていました。


ガラのディナーを堪能した後は、メインステージでショーを見ます。
今夜は数日前にも登場したマジシャンが再登場するのです。
今回もゲストを巻き込んでのマジックは大爆笑!でした。

明日は済州島(韓国)です。


to be continued 11th day

Forward to 11th day – part 1

Back to 9th Day – part 3

Back to Index

 

 

★その他のオススメクルーズ旅行記は こちら ★

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブで Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。寒い日本を飛び出して、キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。