韓国済州島の東門在来市場

韓国・済州島へ寄港

/ 2019年4月10日(水)クルーズ11日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ11日目は、済州島(韓国)に寄港します。

韓国の最南端にある済州島は、日本からもとても近い位置にあり、長崎県の五島列島からはわずか180km。
日本からの直行便もあり、成田からは3時間弱で行くことができます。

島にある火山を始め、世界自然遺産に登録されている観光地が多く、自然を満喫できるリゾートといったところでしょうか。

ただ、済州島も船のエクスカーションなどは申し込んでいないので、遠出はせずに町を散策することに。

from Today’s Navigator

Weather:  58°F/14°C、Partly Sunny
Arrival:  8:00am  All Aboard:  4:30pm
Tonight’s Dress: Smart Casual


ウエステルダムから見た済州島
朝7時過ぎ。
済州島がはもう間近です。

でも外は雨。
おまけに少し肌寒い。

一昨日の基隆(台湾)では気温が30度近くもあったので、今回のクルーズは気温差が大きくて、体調管理には注意が必要です。

ウエステルダムから見た済州島の国際ターミナル埠頭
済州島の国際ターミナル埠頭が見えてきました。
国際ターミナル埠頭は島の北側にあります。

ウエステルダムのリドでの朝食
8時30分過ぎ。
今朝はちょっと遅めの朝食です。
というのも、あまり早く町へ行ってもお店が始まっていないということを昨日の寄港地プレゼンで聞いていたためです。

旦那は好きな具材で作ってもらうオムレツと

ウエステルダムのリドでの朝食のペストリー
ペストリーを3個も食べています。
食欲は完全回復してますね。^^

ウエステルダムでのリドの朝食
私は再会したクルーに焼いてもらったトーストとスモークサーモン、

だけでは足りずに、ドーナッツも食べてしまいました。^^;

審査を受けて韓国へ入国

済州島に出かける場合は入国審査を受けなくてはいけません。

ここ数ヶ月、この国との関係があまり良好だとは思えないニュースを多く目にしていたので、済州島に上陸するのをためらっていたのですが、そんなに何度も来ることは無いだろうと思い、思い切って出かけることに。

まずは船外に出るためのチケットをもらいます。
そこに記載されている番号が呼ばれたら船を出て、クルーズターミナル内にある審査場で入国審査を受けます。

もう多くのゲストは下船してしまったようで、チケットはすぐにもらえ、また入国審査も並ばずにすぐに受けることができました。

審査も特に問題なく、すぐに終了。

韓国済州島での歓迎の琴の演奏
さあ、初めての済州島へ。
クルーズターミナルはきれいで、観光案内やお土産物や日用品などを売っているお店などもありました。

クルーズターミナルの外では、琴(?)の演奏が行われていました。

韓国済州島
ここ済州島でも無料のシャトルバスサービスがありました。
クルーズターミナルから市内の観徳亭(旧済州の中心地エリア)までで、朝は8時30分から運行しています。

韓国済州島の観徳亭
クルーズターミナルから約15分くらいで観徳亭に到着。

観徳亭は、朝鮮時代(1448年)に軍人を養成する目的で建築されたもので、済州島にある最も古い建物の一つです。

観光案内でもらった済州島の日本語地図を見ながら歩きます。

途中、メインダイニングのアシスタントサーバーの IHSAN と遭遇。制服ではない普段のカジュアルな姿を見ると、単なる悪ガキにしか見えない。笑

済州島・東門在来市場へ

韓国済州島の東門在来市場
歩いて5分程度で、東門在来市場に到着。
観徳亭の前の大きな通りをまっすぐ歩けば良いので、わかりやすいです。

韓国済州島の東門在来市場
中に入ってみると、まずは野菜や果物などのお店が並んでいました。

韓国済州島の東門在来市場の魚
その先には海鮮物が。

韓国済州島の東門在来市場の魚
日本でも馴染みのある魚が多いですね。
太刀魚が光っています。

韓国済州島の東門在来市場で売られていたカレイ
これはカレイでしょうか。
10,000ウォンです。日本円にして900円くらいでしょうか。安い!

韓国済州島の東門在来市場の魚屋さん
周囲が海ということもあって水産物のお店が多く並んでいますね。
アワビやトコブシ、カニやエビ、さらには大盛りのお刺身などもあり、見ているだけとテンションが上がります。

お刺身はお店の奥で食べれるようでしたが、旅行中なので生ものはやめておきました。

韓国済州島の東門在来市場の売られていた唐辛子
さらに歩くと、唐辛子などや

韓国済州島の東門在来市場で売られていた豚の顔
豚の顔に豚足も。

韓国済州島の東門在来市場の内部
市場内は屋根があるので、雨が降っていても大丈夫です。
ただ地図をもっていなかったので、どこに何があるのかわからず。

韓国済州島の東門在来市場で販売されていたコロッケ
時刻は11時過ぎ。
まだランチには早いけど、小腹が空いたので、

韓国済州島の東門在来市場で購入した蟹爪コロッケ
蟹爪コロッケを購入。
コロッケといっても日本のコロッケとは違いました。中にキムチが入っているものやカレー味などもあり。

あと二口くらい残っているところで、旦那がコロッケを落としてしまうというハプニングが発生!
もったいない〜。

韓国済州島の東門在来市場の野菜など
こちらは野菜や果物を売っているエリア。

韓国済州島の東門在来市場の乾物
乾物もあります。

ここでは、今回のクルーズで知り合った I 夫妻が買ったという干しえびを購入。
さらには味見させてもらったタラやカワハギの干したものも追加で買いました。
カワハギがとっても美味しかったです。

たくさん購入したのでオマケで韓国のりをもらいました。^^v

ちょうど買っている最中に、昨日メインダイニングで朝食をとった時にサーブしてくれたクルーに遭遇。
何を買ったのかと彼に聞いたところ、顔用のパックだと言っていました。バリ島出身の彼は日焼けを気にしているとか。^^

韓国済州島の東門在来市場のキムチ
さらにキムチ軍団も。

韓国済州島の中央地下商店街入り口
そろそろ本格的にお腹が空いてきたので、ランチにすることに。
ただ市場の中で食べたいものを見つけることができなかったので、近くにある中央地下商店街へ移動することに。

この頃には雨は本格的に降っていました。

韓国済州島の中央地下商店街にある食堂
中央地下商店街にあった食堂に入って韓国料理を食べます。

店員さんが英語も日本語もわからないようだったのですが、メニューには日本語が書いてあった大助かり!
指をさしながらオーダーします。

でもなかなかテーブルから離れません。
どうやらオーダー時にお金も払うシステムだったようです。

韓国済州島の中央地下商店街で食べたマグロチゲ
こちらはマグロチゲ。
(私たちにとっては)激辛!汗をかきながら食べました。
でも美味しかったですよ。

韓国済州島の中央地下商店街で食べたのり巻き
もう一品はのり巻きです。

お店を見渡すとクルーと思われる姿も。
さらに仲良くなったリドのクルー Janice もやってきました。

お腹もいっぱいになったので、そろそろ船に戻りますか。

 

 


旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」はこちらから>>>

 

オススメ記事