【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記㉞ Day12-1】長崎観光 出島から中華街へ

2019年4月11日(木)クルーズ12日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ12日目は、韓国から日本に戻り、長崎に寄港します。

ウェステルダムでのクルーズも、残す寄港地は長崎と鹿児島だけとなってしまいました。
14日間なんて、あっという間ですね。

長崎は、私も旦那も出張で何度も来たことがある場所です。
ただ、私は観光でも訪れたことがありますが、旦那は出張のみ。グラバー邸も中華街へも行ったことが無いということなので、今回は有名な観光地を巡ることに。
All Aboard が3時30分なのでゆっくりと観光することができないのがツライですが。

from Today’s Navigator

Weather:  63°F/17°C、Partly Cloudy
Arrival:  8:00am  All Aboard:  3:30pm
Tonight’s Dress: Smart Casual



朝7時過ぎ。
ウェステルダムは長崎湾を進んでいきます。
湾の両側に見えるのは造船に関係する施設でしょうか。


さらに進むと三菱のマークの入った建物が見えました。
三菱重工 長崎造船所ですね。

長崎造船所は、1857年(安政4年)に日本初の本格的洋式工場「徳川幕府 長崎鎔鉄所」として建設されたそうです。
ここでは、ダイヤモンドプリンセスやサファイヤプリンセスが建造されましたよね。クルーズファンとしてはお馴染みの場所ですよね。


見えてきたのは、ジャイアント・カンチレバークレーン。
ジャイアント・カンチレバークレーンは日本で初めて建設された電動クレーンです。竣工は1909年なので既に100年以上たっていますが、いまだに稼働しています。

三菱重工 長崎造船所には史料館があり、完全予約制ですが、個人でも見学することができます。
日本最古の工作機械など貴重な記念物が展示されているそうです。興味があったのですが、今回は長崎滞在時間が短いので次の機会ということに。
ちなみに所用時間は、長崎駅前からのシャトルバスに乗り史料館までの往復40分と見学時間約50分の合計90分程度だそうです。


長崎湾の奥に長崎の市街地が見えます。
ウェステルダムは予定通り8時に長崎に到着しました。

今回ウェステルダムが接岸したのは長崎港 松が枝国際観光埠頭です。
長崎港には、五島列島などとを結ぶフェリーや高速船が発着する旅客ターミナルと、クルーズ船が利用する松が枝国際観光埠頭があります。


松が枝国際観光埠頭に到着したウェステルダムから見た長崎湾の東側の景色です。
少し先に見えるのはグラバー邸でしょうか。
グラバー邸や大浦天主堂などは、松が枝国際観光埠頭から徒歩圏内にあります。


今日の朝食もリドです。
旦那は具材がてんこ盛りのお粥に、サイドメニューも。


私は再会したクルーが焼いてくれるトースト。
さらに スモークサーモンフルーツ という組み合わせ。


今日は船外に出る/出ないに関わらず、すべてのゲストが入国審査を受けなければいけません。
整理券をもらい、そこに記載されている番号がコールされたら船を出て、ターミナルビル内で入国審査を受けます。

無事に入国審査も終了し、いざ長崎へ!
まずは市電に乗るために松が枝国際観光埠頭から一番近い停留場 大浦海岸通 へ向かいます。
松が枝国際観光埠頭からは徒歩で5分弱くらい、とても近いです。


大浦海岸通 から市電に乗り、2つ目の 新地中華街 で乗換です。
新地中華街停留場で電車を乗り継ぐ場合、運転士に乗継ぎすることを伝えると、のりつぎ券をもらうことができます。そして乗り継いだ電車でのりつぎ券を利用することで運賃を支払う必要がなくなるのです。

ちなみに市電の料金は1回¥130 です。(ちょうど4月1日から料金が¥120から¥130に値上げしたのでした!)
また一日乗車券¥500 というのもあります。
私たちは一日乗車券が必要なほど市電に乗る予定ではなかったので、その都度料金を支払うことに。



新地中華街停留場で降車して、赤迫 行きの市電に乗り、次の停留所 出島 で降ります。


出島の停留所の前には、出島和欄商館跡 がありました。


江戸時代に築造された扇型の形の人工島の出島では、日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口としてポルトガルやオランダとの貿易が行われていました。
現在はその当時 使われていた建物を復元し、見学することができます。


中島川に沿って出島が広がっています。


出島和欄商館跡 に入るには入館料(¥510)が必要です。
でも私たちは外から眺めるだけ。。すみません。
復元された建物は現在16棟だそうです。


出島和欄商館跡 に沿って歩いているとモダンな建物が見えてきました。
後で調べてみたら、旧長崎内外クラブ でした。
当時は長崎に在留する外国人と日本人の親交の場所、現在は1階はレストランだそうです。


こちらは15分の1の模型に再現したミニ出島。
ここも出島和欄商館跡 に入らず、外から見ることができました。


次は新地中華街へ向かいます。
出島和欄商館跡 からは徒歩で5分くらいです。

こちらは北門ですね。
このように中華街には四方に東西南北を示す方角に位置して門が建てられているそうです。


通りの上には、アーチ型の中国イルミネーションが飾られていました。
5色の電飾を使い、竜や天女など中国の伝統的な図柄を描いているそうです。
夜に見たかったです。。。


時刻は10時半過ぎ。
この時刻ですでに営業しているお店もありましたが、多くはまだ開店前でした。
ランチには早いですから、仕方ないですね。

長崎新地中華街には、東西、南北あわせて約250mの十字路に沿って、中華料理店や中国菓子、中国雑貨など約40店舗があるそうです。
今回のクルーズは、横浜を出港し、神戸と長崎に寄港するという日本三大中華街を巡るクルーズでもありますね。


長崎での食事といえば ちゃんぽん!
当初、長崎でのランチはこの会楽園でちゃんぽんと皿うどんを食べようと思っていたのでした。
でも2日前に急遽予定を変更することに。


中華街の先には、ランタンフェスティバルのメインイベント会場となる湊公園がありました。
ランタンフェスティバルは、中国の旧正月(春節)を祝う行事として始まり、今では長崎の風物詩となっているそうです。

さて少し早いですが、ランチにしましょうか。


to be continued 12th day

次の旅行記へ (day12-2)

前の旅行記へ (day11-2)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事