【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記⑫ Day3-5】 3日目のディナーは?

2019年4月3日(水)クルーズ3日目 その5

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ3日目。
神戸観光を終え、船に戻ります。


三宮駅からポートライナーで船に戻ります。
クルーズターミナルとポートライナーの駅は直結しており、また三宮からは2駅という神戸の港はとても便利な場所にあります。


上の写真はポートライナーの中から撮ったウェステルダム。
ポートライナーの乗客もウェステルダムを見て、カッコイイ!と言っていました。こんなこを聞くと嬉しいですよね。


これが私たちの「ベランダだけスイート」です。
右隣りの部屋が標準のベランダなので、広さは2倍あります。が室内は普通の広さです。
ベランダだけ見たら、スイートと間違えられるかも?


ターミナル内には、お店が出ていました。


お世話になっているクルーにお土産を渡したいなと思って探してみたのですが、良さそうな物がなくて断念。
その中で、ちょっと気になったのは


このサムライ非常口 Tシャツかな。


荷物を部屋に置いて、リドで休憩します。
当初は3時からメインダイニングで行われのティータイムに行こうかと思っていたのですが、残念ながら間に合わなかったので、リドでデザートを食べます。

ティータイムは、メインダイニングで3時から行われるアフタヌーンティーサービスです。
毎日、そして無料で行われており、クルーズ中に何度か特別なアフタヌーンティーも行われます。

【レストランレポート】アフタヌーンティーで優雅な午後を過ごす

美味しいスイーツや軽食を楽しむ至福の午後の時間。日常ではなかなか味わえないアフタヌーンティーをクルーズで。




旦那はお腹が空いたのかチップスも食べていました。
すっかり体調は戻ってますね。


ここでまた以前のクルーズで出会ったクルーと再会。
彼は2017年に行ったザイデルダムでのノルウェークルーズで、朝食時に旦那にオムレツを作ってくれていたクルーです。
彼から声をかけてくれたのですが、旦那は覚えていなかったらしい。。。

その後、夕方はスパへ。
今夜はここ神戸に停泊するためか、ゲストはほとんどおらず貸し切り状態。
神戸散策での疲れがでて、サーマルスイートでは爆睡。笑


8時、今夜のディナーもメインダイニングで。

私たちのテーブルを担当してくれているのは、
ウェイターがJOKO、アシスタントがIHSAN。どちらもとても感じの良いインドネシアンクルーです。
特にIHSANはかわいかったな〜。


今夜の前菜は、SUSHI ROLL TRIO。


旦那のメインは、HALIBUT WITH PROSCIUTTO。
昼にステーキを食べたので、珍しく魚料理をチョイス。


私のメイン、COCONUT CRUSTED SHRIMP SALAD。


旦那のデザート、CHOCOLATE PUFF PASTRY CRQUELIN。
切ってみると こんな感じ 。中もチョコレートギッシリ。


私は、THE MASTER CHEF’S SUNDAE。

ちなみに今夜のディナーのメニューは こちら

Culinary Council は、6人のシェフから成るホーランドアメリカの美食のためのプログラム。
今夜はそのシェフたちのメニューだったというわけですね。




今夜はメインステージでのショーはなく、映画が上映されることになっています。
ただ、9時からの1回のみなので、食事中の私たちは見ることができず。食後はそのまま部屋に戻ります。

今夜のタオルアートは、???


今回のクルーズでは日本人コーディネーターが乗船しているそうで、そのためか船内新聞も日本語に翻訳されたものが部屋に届けられていました。
ただ、なんか翻訳に違和感があったので、ステートルームホストのDee に日本語版と英語版が欲しいとお願いしました。お願いした翌日からは、日本語と英語の2通を届けてもらえるように。
(クルーズの後半のある日、何語かわからない船内新聞が届けられていたことがありましたが。笑)

さて、今夜の映画は 「Shoplifters」。2018年に公開された 万引き家族 です。
でも日本語版船内新聞では「泥棒家族」となっていました。笑

明日も神戸観光です。


to be continued 4th day

次の旅行記へ (day4-1)

前の旅行記へ (day3-4)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事