【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記⑲ Day6-1】やちむん通りから路地裏へ

/ 2019年4月5日(金)クルーズ6日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ6日目は、那覇(沖縄)に寄港します。

昨年のフォーレンダムの日本周遊クルーズ に続き、2年続けて沖縄に来ることになるとは思ってもいませんでした。
昨年クルーズで那覇に来たときは、首里城や国際通り、牧志公設市場を巡りました。なので、今年のミッションは金城町石畳道へ行くことと、シーサーを購入することに。
そして昨年はかなりの距離を歩き疲れ果ててしまったので、今回はあまり体力を使わないようにすること。^^;

from Today’s Navigator

Weather:  65°F/18°C、Cloudly
Arrival:  8:00am  All Aboard:  6:00pm
Tonight’s Dress: Smart Casual



今日も7時起床。
外を見ると雨が降っている。予報では 曇り となっていたのに、朝から雨だとテンション下がるなあ。

今朝の朝食もリドでとります。
旦那は具たくさんのお粥に


アメリカンなサイドメメニューです。
今朝も野菜がありませんね。


そういう私も野菜無しの朝食です。
炭水化物が多いですね。


しばらく雨が止むのを待っていたのですが、一向に止む気配はなし。
意を決して雨の中、出かけます。
でも石畳道は雨ですべると危ないと思い、今回は石畳道へ行くのは諦めました。涙

ターミナルビル内では、パスポートチェックと手荷物検査がありました。
神戸でも同じようにパスポートチェックがありましたが、日本人なのに下船時にはパスポートを持参しなくてはいけないというのは、なかなか馴染めませんね。


クルーズターミナルからタクシーに乗り「やちむん通り」へ向かいます。
タクシーの運転手さんに、「All Aboard は18時だよ」と声をかけてもらいました。「良く知ってますね?!」と聞くと、「何でも知ってるよ!」と。

国際通りを経て平和通りからやちむん通りへ。
やちむんとは、焼き物という意味だそうです。この通り周辺には焼き物屋やカフェ、路地裏には工房、窯元などがあります。


早速、ネコが出迎えてくれました。笑
雨は降ったり、止んだりを繰り返していました。
でも神戸のような寒さはなく、むしろ少し蒸し暑かったです。さすが沖縄!


さらに進むと、テレビやWebなどでよく見る光景が。

ミッションのひとつ、シーサーはこの黄色い看板のお店で購入しました。
お店の方に少し おまけ していただきました。ありがとうございます。^^

そして購入したシーサーは、


魔除けのシーサーですから、門柱や玄関前に置かなくてはいけないと思うのですが、盗られたらいやだと思い、なんと玄関の中に飾っているのです。意味がない?


これは通りを歩いた先にあった看板。
実は通り沿いにあるお店を見ながら歩いていたら、あっという間に終点に着いてしまい、「意外に短いのね」とちょっとビックリ。


すると、通りから一本入った路地裏にネコを発見!
雰囲気のある道なので、ちょっと入ってみます。


塀に「石敢當」と書かれていました。
後に調べたところ、魔除けの役割を持ち、道の交差点や行き止まり、時には民家の塀などでよく見ることができるそうです。


裏道をしばらく歩いていると、建物の入口から犬の気配が。。
ここは壺屋焼の窯元でした。


しばらく入口でウロウロしていたら、中から「見学していいですよ」と声をかけていただいたので、少しだけお邪魔することに。


この工房ややちむん通りにあるお店を見ていたら、シーサー以外にも食器が欲しくなってしまいました。
でもまだまだ旅は長いので、今回はシーサーだけでがまんすることに。

やちむん通り散策は続きます。


to be continued 6th day

Forward to 6th day – part 2

Back to 5th Day – part 2

Back to Index

 

 

 

★その他のオススメクルーズ旅行記は こちら ★

【クルーズ旅行記】 中国・韓国・日本を巡る春のクルーズ

飛行機を使わずに海外へ!日本発着で楽々クルーズ。14泊15日で上海・釜山・那覇・奄美大島・高知・広島・大阪・清水を巡ります

【クルーズ旅行記】ノルウェーとスコットランドを巡るクルーズ

コペンハーゲン発着、ノルウェーとスコットランドの合計10ヶ所の寄港地を巡る12泊13日クルーズ。フィヨルドやスコットランドのネス湖、エジンバラ城など見所がたくさんの大満足のクルーズ。

【クルーズ旅行記】ファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【クルーズ旅行記】西カリブで Happy New Year クルーズ!

その年に就航したばかりのホーランドアメリカの ms Koningsdam で行く西カリブ海クルーズ。寒い日本を飛び出して、キーウエストやジャマイカ、グランドタークなどへ!

【クルーズ旅行記】魅力的な寄港地がたくさん!北欧バルト海クルーズ

コペンハーゲンからタリン、ヘルシンキ、ストックホルム、サンクトペテルブルクなど魅力的な町を巡る12泊13日のクルーズ。クルーズ前後にはコペンハーゲン観光も。