ウエステルダムのタオルで作られた動物たち

見ているだけで楽しいタオル動物園

2019年4月13日(土)クルーズ14日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ14日目は、終日洋上日です。
とうとう明日が下船となってしまいました。

今回の14泊15日のクルーズでは、寄港地が8ヶ所(神戸、那覇、石垣島、花蓮、基隆、済州島、長崎、鹿児島)、洋上日は4日というスケジュールでした。
寄港日が続いたり、また逆に洋上日が続いたりといったことがなく、バランスよいクルーズだったと思います。

以前、洋上日が下船日直前に1日だけというクルーズに参加した時は、寄港地観光が続いてしまい、最後には息切れ(?)してしまっていました。

一回の旅行で多くの場所に行けることがクルーズの魅力の一つですが、若くない私たちにとっては体力や体調管理もクルーズを楽しむためには大切な要素だと実感しています。

from Today’s Navigator

Weather:  54°F/12°C、Partly Cloudy
Tonight’s Dress: Smart Casual


ウエステルダムから見た航跡
朝6時過ぎ。
昨夕、鹿児島を出港したウェステルダムは、横浜に向かって太平洋を進んでいます。

今朝は私も6時30分過ぎに起床。
というのも、7時からメインプールデッキで「Towl Folding Zoo」なるイベントが行われるからです。

ウエステルダムのタオルで作られた動物たち
7時に行ってみると、多くの動物たちがプールデッキを埋め尽くしていました!

毎日ターンダウンの時に私たちを楽しませてくれるタオルアート。
このタオルアートの動物たちが大集合したのが「Towl Folding Zoo」です。

本当はクルーがこれらの動物を作るところを見たかったのですが、来るのが遅かったようで、すっかり動物園はできあがっていました。
制作場面を見ていた旦那によると、10数人のクルーが瞬く間にこれらの動物たちを作りあげたそうです。

以前タオルホールディングのデモンストレーションに参加したことがあったのですが、だいたい1個を作るのにかかる時間は1分くらいだと言っていました。

それにしてもすごい数の動物たちです。
こんなに多くの種類のタオルアートがあることにもビックリです。

ウエステルダムのタオルで作られた猿
ハンガーにぶら下がっているタオルアートもあります。

ウエステルダムのタオルで作られた動物たち
謎の生物も。笑

ウエステルダムのタオルで作られた白鳥
このような大物の白鳥もあります。

Towl Folding Zoo を堪能した後は、いつもように太極拳クラスに参加します。

ウエステルダムで行われた太極拳レッスン
洋上日の朝のみ開催されていた太極拳。(写真は前回の時のものです)
今日が最後のレッスンとなります。

クルーズ中に4回開催されていました太極拳。
私たちはその内の3回に参加し、レッスンを通じて多くの型を教えてもらったのですが、結局覚えることができませんでした。。。
先生は自宅に帰ってからも太極拳を続けるようにと言っていたのに。

ウエステルダムのリドでの朝食
太極拳で身体を動かしたので、すっかりお腹が空いた!

ということでリドで朝食です。
といっても、実は太極拳の前にリドに寄ってペストリーを食べていたのでした。^^

食後は再びプールデッキへ。
Towl Folding Zoo は7時30分から10時まで開催されているということで、今度は撤収の様子を見にきたのです。

10時になり、クルーが次々と動物たちを片付けていきます。
どうせ片付けてしまうのだからと、ワニに小さな動物を食べさせたり、

ウエステルダムのタオルで作られた動物たち


一箇所に集結させたり、

タオルで作られたワニに食べられる旦那
ワニに旦那を食べさせたり。
もちろん片付けているクルーの邪魔にならないように遊びました。^^v

 

 


旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」はこちらから>>>

 

オススメ記事