【桜島のオススメ観光地を巡る旅】車無しでも楽しめる桜島観光旅行 〜桜島旅行ブログ〜

桜島観光ブログ


・鹿児島・桜島のおすすめ観光スポットは?
・時間が限られているので、半日で効率よく桜島観光がしたい
・車がないけど、桜島で観光する時の移動手段は?

桜島といえば、火山!
今回お届けするのは、周遊バス「サクラジマアイランドビュー」を使って桜島火山を楽しむ半日(3時間程度)観光コースを紹介する旅行記ブログです。

サクラジマアイランドビューは、桜島の観光スポットを約1時間かけて巡る周遊バスです。
一般の人が桜島に登れる最高地点にある展望所などにも行けるので、手軽に桜島を楽しむことができるおすすめの観光手段です。

この旅行記ブログでは、私たちが実際にサクラジマアイランドビューで行った観光スポットを中心に、半日(3時間)で回れるおすすめコースを紹介しています。
もちろん桜島グルメもありますよ。

それでは、おすすめの桜島観光へどうぞ!

※2019年4月時点での旅行記ブログです。ご旅行の際は事前に最新情報をご確認ください。

 

 桜島の観光地だけをサクッと知りたい方は、下記のスライドショーをご覧ください
【桜島のオススメ観光地を巡る】桜島 旅行ブログ

 

桜島観光に便利な3つの観光バスを比較。自分に合った観光バスが見つかります
【おすすめ桜島観光バス】桜島を走る「サクラジマアイランドビュー」「桜島自然遊覧コース」「桜島ぐるっと一周コース」を比較

 

 お得に桜島旅行ができるチャンス! 
Go To トラベルキャンペーンで旅行代金が実質半額になります。
桜島のGo To キャンペーン対象商品 を探してみませんか?

 桜島旅行の前に新型コロナウイルスの最新情報をチェック!
鹿児島県からの公式発表
・鹿児島県の最新情報を発信している Twitterアカウント

 

桜島観光おすすめコースの概要

桜島半日(3時間)観光コース・プラン

今回は日本発着クルーズの途中で鹿児島に寄港しました。
(その時の旅行記は「2019ウエステルダムで行く日本発着クルーズ旅行記」

クルーズ船が鹿児島港 マリンポート鹿児島に到着後、桜島フェリーで桜島に渡りました。

桜島観光旅行コース (観光スポット名をクリックすると詳しい説明に飛びます)
No.1 10:45

桜島フェリー下船⇨桜島上陸!

No.2 11:00

「桜島港」バス停からサクラジマアイランドビューに乗車

島内を走る周遊バスで車窓から桜島観光。
途中下車して観光するのもOK。
No.3 12:15

道の駅 桜島 火の鳥めぐみ館

サクラジマアイランドビューで一周した後、道の駅にあるお食事処でランチ。
黒豚チャーシューが入った黒豚ラーメンと桜島小みかんが練りこまれたうどんが美味しかった。
No.4 13:30

溶岩なぎさ公園 足湯

全長約100mの日本最大級の足湯。
錦江湾と桜島を眺めながらのんびり休憩〜。
No.5 14:00

桜島ビジターセンター

桜島の噴火と成長の歴史などを紹介する施設。
お土産を買うこともできます。
No.11 14:15

桜島フェリーに乗って鹿児島港へ戻ります

お疲れさま!

 

桜島観光にかかった費用

桜島アイランドビューバス 運賃(大人普通券:440円 × 2人)

880円

ランチ(750円 + 800円)

1,550円

桜島フェリー 運賃(160円 × 2人)

320円

総額(2人分)

2,750円

*上記の料金は私たちが利用した時点(2019年4月)のものです。
*桜島フェリーの運賃は、2019年10月から200円(大人)になっています。

桜島での移動手段 〜サクラジマアイランドビューで車なしでもOK〜

島内を走る観光バスには以下があります。

・サクラジマアイランドビュー(循環バス)
・定期観光バス「桜島自然遊覧コース」
・JR定期観光バス「桜島ぐるっと一周コース」

出発時間や所要時間などを考えて、私たちが選んだのが「サクラジマアイランドビューバス(循環バス)」です。

サクラジマアイランドビューバス乗り場
サクラジマアイランドビュー(循環バス)は、桜島西エリアを約55分かけて周る周遊バスです。

桜島港を発着点とし、道の駅、ビジターセンター、烏島展望所、赤水展望広場、湯之平展望所など11の停留所を巡ります。
約30分間隔で運行しており、途中下車もできます。

 

桜島観光に便利な上記3つの観光バスを比較した記事はこちら。自分に合った観光バスが見つかりますよ。
【おすすめ桜島観光バス】桜島を走る「サクラジマアイランドビュー」「桜島自然遊覧コース」「桜島ぐるっと一周コース」を比較

 

運行コース

鹿児島市観光サイトよかとこかごんまNAVI、桜島周遊バス「サクラジマアイランドビュー」

出典:鹿児島市観光サイトよかとこかごんまNAVI、http://www.kagoshima-yokanavi.jp/kotsu/kagoshima/sakurajima.html

サクラジマアイランドビューで行くことができるのは、桜島の西側エリア(赤い丸の部分)です。

鹿児島市観光サイトよかとこかごんまNAVI、桜島周遊バス「サクラジマアイランドビュー」

出典:鹿児島市観光サイトよかとこかごんまNAVI、http://www.kagoshima-yokanavi.jp/kotsu/kagoshima/sakurajima.html

サクラジマアイランドビューにはルートが2つあり、私たちが乗車したのは Aコースです。
Aコースは上記コース図の⑦〜⑨には行かず、⑦〜⑨へはBコースのみ運行しています。

アイランドビューの運賃

・大人120~440円 / 小児60~220円

サクラジマアイランドビューは区間ごとに料金が設定されています。
私たちは桜島港から乗車し、途中下車せず、そのまま桜島港に戻ってきたのですが、その場合は一人¥440(大人)となります。

一日乗車券

・大人500円 / 小児250円

各停留所で乗り降り自由な一日乗車券もあります。

私たちが乗車した時には、多くの方は途中のバス停で下車し、周辺を観光しているようでした。

たとえば、桜島港から乗車、途中の停留所「湯之平展望所」で下車、再び「湯之平展望所」から乗車し、桜島港まで戻ってくるの運賃は、
・桜島港 ー 湯之平展望所:310円
・湯之平展望所 ー 桜島港:200円
合計:510円

このように途中下車する場合には、その都度料金を支払うのではなく、一日乗車券(500円)を購入した方がちょっぴりお得になります。

・一日乗車券の販売所

・サクラジマ アイランドビュー車内
鹿児島中央駅総合観光案内所(099-253-2500)
観光交流センター(099-298-5111)
鹿児島港乗船券発売所(099-223-7271)
桜島港船舶局営業課窓口(099-293-2525)
桜島ビジターセンター(099-293-2443) 
国民宿舎レインボー桜島(099-293-2323)
交通局乗車券発売所(099-257-2101)
交通局桜島営業所(099-293-4220)

サクラジマアイランドビュー(循環バス)

大人120~440円/小児60~220円 (一日乗車券:大人500円/小児250円)料金表をみる
 9:30〜 時刻表をみる
http://www.sakurajima.gr.jp/access/local-bus/000760.html

次に桜島の観光スポットをご紹介します。

 

桜島の観光スポット 〜桜島旅行ブログ〜

サクラジマアイランドビュー(循環バス)

サクラジマアイランドビューバスの車内
サクラジマアイランドビューのバス停は、フェリー乗り場からすぐの場所にあります。
(下記地図の A が桜島フェリー乗り場、B がサクラジマアイランドビューのバス停です)


停留所に着くと、すでに多くの人がバス待ちをしていました。

バスの座席数は18席、乗車定員は約30人。
一時間も立ちっぱなしはつらいので、何とか座りたいな〜。

と思ったら、運良く一番前の席に座ることができました。^^v

11時、出発です!

桜島の道の駅火の鳥めぐみ館
2番目の停留所「火の鳥 めぐみ館」。

道の駅で、観光案内の他に、お食事処やお土産物を買える物産館(物産直売所)が入っています。
桜島港から徒歩で5分程度の場所にあります。

道の駅 火の鳥 めぐみ館

〒891-1419 鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
 桜島港フェリーターミナルから徒歩5分 (ルートをみる
地図
 9:00~18:00 (物産直売所)
http://www.megumikan.jp/

 

桜島マグマ温泉入り口
3番目の停留所「レインボー桜島」。
レインボー桜島は、国民宿舎で、宿泊はもちろん、温泉、レストラン、カフェが併設されています。

火山がある所には温泉がある!ということで、桜島にもいくつかの温泉があり、この桜島マグマ温泉は地下1,000メートルの泉源から湧き上がった鉄分を多く含んでいるそうです。

宿泊施設ですが、日帰り入浴も可能。
浴場からは、錦江湾や鹿児島市街地が一望できます。(日帰り入浴は大人390円)

レインボー桜島

〒850-0862 長崎県長崎市出島町6-1
桜島港フェリーターミナルから徒歩8分(ルートをみる
地図
 11:30~14:30 (レストランランチ) / 10:00~17:30(喫茶コーナー)
https://www.qkamura-s.com/sakurajima/

 

サクラジマアイランドビューバス車内から見た赤水展望広場
6番目の停留所「赤水展望広場」。

2004年8月に桜島で行われた長渕剛のオールナイトコンサートの会場の跡地だった場所を整備してできた展望広場です。このモニュメント「叫びの肖像」は桜島溶岩を使って作られています。

オールナイトコンサートには約75,000人も訪れたとか。
桜島の人口は約6,000人だったそうですから、その13倍もの人が桜島を訪れたのですね。

サクラジマアイランドビューバス車内から見た桜島のお墓
これはお墓です。
火山灰から守るために屋根がついているそうです。桜島ならではですね

サクラジマアイランドビューバス車内から見た鹿児島湾
車内からの風景です。
鹿児島湾が見えますね。

サクラジマアイランドビューバス車内から見た桜島の山肌
桜島の荒々しい姿も間近に見ることができます。

11番目の停留所「湯之平展望所」は火口に一番近く、また鹿児島湾も見えるなどとても眺めの良い場所で、桜島でも人気の観光地です。
標高373mにあり、一般の人が立ち入りできる最高地点の展望所です。

なお2019年3月31日までは、「烏島展望所」「赤水展望広場」「湯之平展望所」の各停留所において時間調整のため数分間停車していましたが、4月1日以降は時間調整は行わなくなりました。
以前は停車時間中に車外に出て、記念撮影などもできていたようですが、私たちが乗車した時には乗降のための停車だけになっていました。

約1時間のサクラジマアイランドビュー乗車を楽しみ、再び桜島港に戻ってきました。

時刻はお昼時。
さあ、ランチにしましょう!

道の駅 桜島 火の鳥めぐみ館

道の駅 桜島 火の島めぐみ館内にあるレストラン
私たちがランチに選んだのは、「道の駅 桜島 火の島めぐみ館」の中にあるお食事処です。

さきほど乗車したサクラジマアイランドビューの「桜島港」の次の停留所で、桜島港から歩いても5分程度です。

入ってすぐの場所にある券売機で食券を買います。

道の駅 桜島 火の島めぐみ館で食べた黒豚ラーメン
旦那は、黒豚チャーシューが入った黒豚ラーメン(750円)。

道の駅 桜島 火の島めぐみ館で食べた小みかんざるうどんセット
私は、小みかんざるうどんセット(800円)。
うどんには、桜島名物の世界一小さい桜島小みかんが練りこまれています。

私たちが店内に入った時はまだそれほど混んではいなかったのですが、続々とお客さんがやってきて、あっという間に行列ができていました。

ちょうどお店に入る時に一緒になったおじさんの話では、いつもここは混んでいて必ず並ぶということ。
確かにラーメンもうどんも美味しかったです。^^

「道の駅 桜島 火の島めぐみ館」には物産館(物産直売室)もあります。
桜島だけではなく、鹿児島県内の名産品の野菜、果物、加工品、海産物、工芸品などが売られています。

私が買ったのは、白くまパンケーキ
鹿児島といえば「白くま」ですよね!

道の駅 火の鳥 めぐみ館

〒891-1419 鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
 桜島港フェリーターミナルから徒歩5分(ルートをみる
地図
 10:00~14:00 (お食事処)
http://www.megumikan.jp/

 

桜島溶岩なぎさ公園 足湯

溶岩なぎさ公園足湯の入り口
ランチ後に向かったのは桜島マグマ温泉です!

桜島港の停留所から徒歩で10分弱、ランチをとった「道の駅 桜島 火の島めぐみ館」からも10分弱くらいの場所にあります。
サクラジマアイランドビューを利用する場合には、「レインボー桜島」が最寄りの停留所となります。

日帰り入浴も可能ですが、私たちが向かったのは無料で利用できる「溶岩なぎさ公園足湯」です。

溶岩なぎさ公園足湯と桜島
日本最大級の足湯で、全長約100mです!

溶岩なぎさ公園足湯に浸かる旦那
いや〜、気持ちいい!
今日はあまり歩いていませんが、旦那も気持ち良さそう。

桜島と溶岩なぎさ公園足湯
こちらの足湯は目の前に錦江湾が広がり、さらに視線をずらすと雄大な桜島も眺めることができる絶景のロケーション。

レインボー桜島でタオルを販売(200円)しているので、タオルを持っていなくても大丈夫。

青空に映える桜島
天気が良いので、青空に桜島がクッキリと映えています。

錦江湾の岩場
海辺にはゴツゴツした溶岩が広がっています。
この一帯には 約3kmの遊歩道が整備されており、日本の遊歩百選にも選ばれています。

桜島溶岩なぎさ公園 足湯

〒891-1419 鹿児島市桜島横山町1722-3
 桜島港フェリーターミナルから徒歩9分(ルートをみる
地図
 9:00〜日没
http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000677.html

 

桜島ビジターセンター

桜島ビジターセンター入り口
足湯の近くには「桜島ビジターセンター」があります。

桜島ビジターセンターでは、桜島の噴火と成長の歴史などを紹介しています。
ショップもあり、ちょっとしたお土産を買うこともできますよ。

桜島ビジターセンター

〒891-1419 鹿児島市桜島横山町1722番地29
 桜島港フェリーターミナルから徒歩10分(ルートをみる
地図
 9:00~17:00
 無料
http://www.sakurajima.gr.jp/svc/


下記の地図はランチの後に行った場所です。
道の駅 桜島 火の島めぐみ館、溶岩なぎさ公園足湯、桜島ビジターセンターともに桜島フェリー乗り場から徒歩圏内です。


① :道の駅 桜島 火の島めぐみ館  ②:溶岩なぎさ公園足湯 ③:桜島ビジターセンター
④ :桜島フェリー乗り場

 

桜島旅行のお役立ち情報

桜島への旅行を計画する時に役に立つ情報です。
ぜひ参考にしてくださいね。(外部のサイトに移動します)

奄美大島のリゾート

ホテル・宿の情報

桜島を含む鹿児島のホテル情報。口コミもあります

ホテル情報をみる

桜島の湯之平展望所

鹿児島のツアー情報

飛行機と宿泊がセットになったツアーを探すことができます

ツアー情報をみる

奄美大島の大浜海浜公園

レンタカー情報

観光に便利な桜島で利用できるレンタカー情報です

レンタカー情報をみる

桜島

観光&アクティビティ情報

桜島を含む鹿児島の観光&アクティビティを探すなら

観光&アクティビティ情報をみる

鹿児島のとんこつラーメン

鹿児島のグルメ情報

鹿児島の郷土料理やご当地グルメを楽しみたいなら

グルメ情報をみる

サクラジマアイランドビューバス

桜島の観光バス比較

桜島を走る3つの観光バスを紹介。希望の観光バスを見つけられます

観光バス比較をみる

 

車なしでもOKな桜島のおすすめ観光地を巡る旅

桜島での滞在時間が短い場合に有効なのがサクラジマアイランドビュー。
車がないと行くのが厳しい「湯之平展望所」などの桜島の人気観光地を約1時間かけて周遊できます。

私たちが行ったのは金曜日ですが、サクラジマアイランドビューはほぼ満員状態でした。週末やゴールデンウィークなどはさらに混雑するようです。
運行間隔が30分おきなので、次のバスを待つというのもなかなか難しいところですが。。。

次に桜島に来る機会があれば、島内一周や日帰り温泉なども楽しんでみたいですね。

 

桜島観光に便利な観光バスを比較した記事はこちら。サクラジマアイランドビューでは行かない桜島の北側や東側にも行く観光バスもありますよ。
【おすすめ桜島観光バス】桜島を走る「サクラジマアイランドビュー」「桜島自然遊覧コース」「桜島ぐるっと一周コース」を比較

 

 はじめてのクルーズガイド

 

関連記事