世界一周クルーズの料金を解説|クルーズ船での世界一周旅行に必要な費用を総チェック

世界一周クルーズ 料金

クルーズ好きならいつかは行ってみたい豪華客船での世界一周クルーズ。

空路や陸路の旅のように荷物を持参しての移動がなく、夜ベッドについて目覚めれば次の街に到着するのがクルーズの魅力。
世界一周クルーズでは100日強の日数をかけて、30ヶ所以上の寄港地を巡ります。中には200日以上という長期のクルーズもあります。

でもクルーズなんて、豪華なディナーに華やかなエンターテイメントショーなどが毎晩行われる優雅な世界で、お金持ちだけの楽しみと思っていませんか?

もちろんクルーズ船での世界一周となると、日数が長くなる分、費用は高くはなりますが、実はリーズナブルなものもあるのです。

ここでは2022/2023年に予定されているクルーズをピックアップし、各クルーズ会社の値段を見ながら、世界一周に必要な費用を解説していきます。

豪華客船での世界一周クルーズも決して手の届かないものではない!と思えるようになりますよ。

 

*無料で作る最適なクルーズ旅行プラン
クルーズを含めた旅行プランを作りたいなら「タウンライフ旅さがし」がオススメ。完全無料で複数の旅行会社に一括で見積もり・プラン問い合わせができるのです。
もちろんクルーズだけでなく、普通の海外旅行でも希望のプランを作ってもらえますよ。
タウンライフ旅さがしのお問い合わせはこちら

 

 

2022/2023年世界一周クルーズ料金の比較

世界地図と地球儀

ラグジュアリー、プレミアム、カジュアルクラスのクルーズ会社の中から2022/2023年に予定されている世界一周クルーズをピックアップし、料金を比較しました。

いずれも大人2名で一室を利用した場合の1名分の料金です。

なお下記の料金は2022年1月2日時点の金額です。早期割引などがある場合には割引が適用された一番安い料金を表示しています。
またクルーズ料金は変動するため、掲載している料金を保証するものではないのでご了承ください。


◆日本を発着する世界一周クルーズ 
【2022年】

船名 乗客定員 総トン数 日数 料金 料金/日
パシフィック・ワールド 2,419 77,441 106 ¥1,940,000 ¥18,302

【2023年】

船名 乗客定員 総トン数 日数 料金 料金/日
飛鳥Ⅱ 872 50,142 104 ¥4,600,000 ¥44,231
パシフィック・ワールド 2,419 77,441 108 ¥1,820,000 ¥16,852


◆海外発着の世界一周クルーズ 
【2022年】

船名 乗客定員 総トン数 日数 料金 料金/日
セブンシーズ マリナー* 700 48,075 120 ¥7,699,890
($69,999)
¥64,166
シルバー・ウィスパー* 382 28,258 138 ¥9,801,000
($89,100)
¥71,022
クリスタル・セレニティ* 980 68,870 132 ¥5,100,590
($46,369)
¥38,641
インシグニア* 684 30,277 180 ¥4,767,290
($43,339)
¥26,485
コスタ・ルミノーザ* 2,260 92,600 114 ¥1,891,890
($17,199)
¥16,596

【2023年】

船名 乗客定員 総トン数 日数 料金 料金/日
セブンシーズ マリナー* 700 48,075 143 ¥9,855,890
($89,599)
¥68,922
シルバー・シャドー* 382 28,258 140 ¥8,140,000
($74,000)
¥58,143
シーボーン・ソジャーン* 450 32,000 140 ¥7,842,890
($71,299)
¥56,020
インシグニア* 684 30,277 218 ¥6,049,890
($54,999)
¥27,752
ザイデルダム* 1,964 82,318 128 ¥4,091,890
($37,199)
¥31,968
クイーン・メリー2 2,691 151,400 103 ¥2,063,000 ¥20,029
アイランド・プリンセス 1,974 91,627 111 ¥1,931,490 ¥17,401
MSCマグニフィカ* 3,223 95,128 116 ¥1,710,390
($15,549)
¥14,745
コスタ・デリチョーザ* 2,260 92,600 128 ¥1,775,290
($16,139)
¥13,869

(*) は、料金がドル表示だったため、比較しやすいように円に換算(1ドル=110円)しています。

ピックアップしたクルーズは、ラグジュアリーからカジュアルクラスまで。
サービスのレベルやクルーズ料金に含まれているものが違うため、船によって大きな差があります。

一般的にクルーズ料金には、「宿泊+食事+移動+エンターテイメント」の各費用が含まれています。

セブンシーズ マリナーやシルバー・シャドーなどのラグジュアリークラスのクルーズ船はオールインクルーシブ(*)が多いため、クルーズ料金がかなり高額になります。

(*)オールインクルーシブとは、上記の「宿泊+食事+移動+エンターテイメント」以外の「高級アルコールを含むドリンク、寄港地観光、船内チップなど」がクルーズ料金に含まれていること。


一方、MSCマグニフィカやコスタ・デリチョーザのようなカジュアルクラスでは1日あたり1万円強となっています。
これはかなりお得に見えますよね。

でも、本当に1日あたり1万円強だけの費用で世界一周ができるのでしょうか?
次に世界一周に必要な費用を詳しく見ていきましょう。

クルーズ料金に含まれない費用

基本的にクルーズ料金には「宿泊+食事+移動+エンターテイメント」が含まれていますが、オールインクルーシブではない場合、以下のような費用が別途徴収されます。

つまり上記のクルーズ料金が1日あたり1万円強でも、追加で費用が発生する可能性があるのです。

  一般的にクルーズ料金に含まれない費用
・船内クルーへのチップ
・港湾税(ポートチャージ)
・政府関連諸税


世界一周クルーズの場合、日数が長く、寄港地も多くなるため、クルーへのチップ代や港湾税が意外に大きな負担となります。

たとえばMSCマグニフィカの場合、以下の費用がクルーズ料金とは別に必要になります。
・チップ(¥139,200)*
・ポートチャージ(¥52,800)*
合計:¥192,000

*チップは€10×116日=€1,160
 ポートチャージは$480
それぞれを(1ユーロ=120円、1ドル=110円)で換算しています。

つまり、クルーズ料金(¥1,710,390)に上記費用(¥192,000)を加えた合計(¥1,902,390)が実際に必要となるわけです。
この場合の1日あたりの費用は¥16,400 となります。

また、日本発着のパシフィック・ワールド(106日間)の場合、以下の費用がクルーズ料金とは別に必要になります。
・チップ(¥84,800)
・ポートチャージ(¥60,000)
・ビザ取得代金(¥30,375)
・国際観光旅客税(¥1,000)
・米国アラスカ州クルーズ税(¥4,200)
合計:¥180,375

ホーランドアメリカラインのザイデルダムでの128日間のクルーズの場合、以下の費用がクルーズ料金とは別に必要となります。
・チップ(¥218,240)*
・ポートチャージ(¥221,650)*
合計:¥439,890

*チップは$15.5×128日=$1,984
 ポートチャージは$2,015
それぞれを(1ドル=110円)で換算しています。

また個人で利用する下記のような費用もクルーズ料金には含まれていませんので、利用した分の費用を支払う必要があります。

  その他のクルーズ料金に含まれない費用(例)
・アルコール飲料代
・カジノ
・寄港地観光代
・港への送迎代
・医療費代
・電話代やインターネット利用料
・クリーニング
・エステ
・有料レストラン


忘れがちですが、寄港地での観光にかかる費用も考えておかなければいけません。

世界一周クルーズでは数多くの寄港地を訪れるわけですから、船が用意するエクスカーションを利用する、または公共交通機関を利用して個人で街を散策するにしても一定の費用が必要となります。

2022/2023年豪華客船での世界一周クルーズ詳細

海に停泊するクルーズ船
ここからは各クルーズの詳細をご紹介します。

 

飛鳥Ⅱ

 2023年世界一周クルーズ (104日間) 
船名 飛鳥Ⅱ
料金 ¥4,600,000〜 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 横浜 帰港地 横浜
出発日 2023年4月2日(日) 帰港日 2023年7月14日(金)
主な寄港地 神戸、シンガポール、ミコノス、ナポリ、モンテカルロ、リスボン、ロンドン、レイキャビク、ニューヨーク、ケープカナベラル、カルタヘナ、サンフランシスコ、ホノルルなど
公式サイト 飛鳥Ⅱ


コロナウイルスのため2021・2022年の世界一周クルーズが中止となった飛鳥Ⅱ。
ケープカナベラルでのケネディ宇宙センター半日観光という特典付きです。

一番高いロイヤルスイートの通常料金は30,000,000円(通常料金)です!
家が買えちゃいますね。。。

 

ピースボート

地球一周の船旅 2022年 4月 Voyage111(北欧&アラスカコース) (106日間) 
船名 パシフィック・ワールド
料金 ¥1,940,000〜 港湾税など ¥180,375
出港地 横浜 帰港地 横浜
出発日 2022年4月9日(土) 帰港日 2022年7月23日(土)
主な寄港地 神戸、シンガポール、サントリーニ島、リスボン、アムステルダム、コペンハーゲン、レイキャビク、ニューヨーク、バンクーバーなど
公式サイト ピースボート

 

地球一周の船旅 2023年4月 Voyage114(北極航路 ヨーロッパ&中米コース)(108日間) 
船名 パシフィック・ワールド
料金 ¥1,820,000〜 港湾税など ¥167,000
出港地 横浜 帰港地 横浜
出発日 2023年4月7日(金) 帰港日 2023年7月23日(日)
主な寄港地 神戸、シンガポール、サントリーニ島、リスボン、アムステルダム、コペンハーゲン、レイキャビク、ニューヨーク、バンクーバーなど
公式サイト ピースボート


街中のポスターで目にすることも多いピースボート。
パシフィック・ワールド号は上記の航路以外にも2022・2023年には「地中海・中南米・南太平洋コース」「アフリカ・南米・南太平洋コース」などの世界一周コースも行う予定になっています。

 

リージェント セブンシーズ クルーズ 

 サンフランシスコ ー サンフランシスコ(120日間)
船名 セブンシーズ マリナー
料金 $69,999〜 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 サンフランシスコ 帰港地 サンフランシスコ
出発日 2022年1月5日(水) 帰港日 2021年5月5日(木)
主な寄港地 アカプルコ、パナマ運河通航、カルタヘナ、マイアミ、オルタ(ポルトガル)、リスボン、ダカール(セネガル)、アビジャン(コートジボワール)、ケープタウン、マレ(モルジブ)、コロンボ、シンガポール、ホーチミン、香港、鹿児島、神戸、東京、函館、ケチカン、バンクバーなど
公式サイト リージェント セブンシーズ クルーズ 

 

 マイアミ ー バルセロナ(143日間)
船名 セブンシーズ マリナー
料金 $92,799〜 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 マイアミ 帰港地 バルセロナ
出発日 2023年1月7日(土) 帰港日 2023年5月30日(火)
主な寄港地 カルタヘナ、パナマ運河通航、リマ(ペルー)、ハンガロア(イースター島)、ボラボラ、ラウトカ(フィジー)、ケアンズ、バリ(インドネシア)、マニラ、那覇、基隆(台湾)、香港、ハノイ、ホーチミン、バンコク、シンガポール、プーケット、マレ(モルジブ)、ドバイ、マヘ島(セーシェル)、ケープタウン、ダカール、グラナダなど
公式サイト リージェント セブンシーズ クルーズ 


2022年・2023年ともに日本に寄港するワールドクルーズです。

上記料金には、高級ワインなどのドリンク飲み放題、サウナ利用、Wi-Fi無制限利用、船内医療サービス、出発前夜のガライベントとホテル宿泊、チップ、スペシャリティレストランなども含まれています。
さすがラグジュアリークルーズです。。。

2023年の世界一周クルーズはすべてのカテゴリでキャンセル待ちになっています。

 

シルバーシー・クルーズ

World Cruise2022 (138日間) 
船名 シルバー・ウィスパー
料金 $89,100 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 フォートローダーデール 帰港地 コペンハーゲン
出発日 2022年1月5日(水) 帰港日 2022年5月22日(日)
主な寄港地 グアヤキル(エクアドル)、ウシュアイア(アルゼンチン)、南極大陸、ケープタウン、マヘ(セーシェル)、アカバ(ヨルダン)、ピレウス(ギリシャ)、リスボン、ボルドー、ダブリン、レイキャビク、オスロなど
公式サイト シルバーシー・クルーズ

 

World Cruise2023 (140日間) 
船名 シルバー・シャドー
料金 $74,000 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 シドニー 帰港地 フォートローダーデール
出発日 2023年1月9日(月) 帰港日 2023年5月28日(日)
主な寄港地 オークランド、マニラ、香港、ホーチミン、シンガポール、ヤンゴン、マヘ(セーシェル)、ザンジバル、ケープタウン、ダカール(セネガル)、マナウス(ブラジル)、サンファン(プエルトリコ)など
公式サイト シルバーシー・クルーズ


世界最高峰の6スタークルーズのシルバーシー・クルーズ。
全客室が海側スイートルームでバトラーが付いています。

シルバーシー・クルーズのクルーズ料金もアルコール類代金(特定銘柄ワインを除く)やチップも含まれているオールインクルーシブです。

 

シーボーン・クルーズ

140-Day Extraordinary Discoveries (140日間) 
船名 シーボーン・ソジャーン
料金 $71,299 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 マイアミ 帰港地 バルセロナ
出発日 2023年1月6日(金) 帰港日 2023年5月27日(土)
主な寄港地 プエルトリモン、パナマ運河通航、イースター島、パペーテ、トンガ、シドニー、バリ、セーシェル、ケープタウン、ナミビア、セネガル、カサブランカなど
公式サイト シーボーン・クルーズ


225室ある客室はすべてスイート。
きめ細かなサービスを可能にするため450名のゲストに対して330名クルーが対応します。

シーボーン・クルーズも追加料金が不要のオールインクルーシブです。

 

クリスタル・クルーズ 

 CARIBBEAN IDYLLS & MEDITERRANEAN MASTERPIECES (132日間) 
船名 クリスタル・セレニティ
料金 $54,662〜 港湾税など $7,260
出港地 マイアミ 帰港地 ロサンゼルス
出発日 2022年1月17日(月) 帰港日 2022年5月29日(日)
主な寄港地 コスメル、プエルトリモン(コスタリカ)、パナマ運河通航、アルーバ、サンファン(プエルトリコ)、ブリッジタウン(バルバドス)、フンシャル(ポルトガル)、バルセロナ、アマルフィ(イタリア)、カンヌ、イスタンブール、ローマ、モンテカルロ、マイアミなど
公式サイト クリスタル・クルーズ


クリスタル・クルーズは、2015年まで日本郵船の子会社でした。
そのため現在でも日本人クルーが乗船して日本語で案内を行うなど、日本人にも親しみやすい外国船の一つです。  

 

オーシャニアクルーズ 

Around the World in 180 Days  (180日間)
船名 インシグニア
料金 $43,399〜 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 ロサンゼルス 帰港地 ニューヨーク
出発日 2022年1月6日(木) 帰港日 2022年7月5日(火)
主な寄港地 サンフランシスコ、ホノルル、パペーテ、ヌメア(ニューカレドニア)、バリ(インドネシア)、マニラ、高雄(台湾)、石垣島、東京、神戸、釜山(韓国)、奄美大島、上海、香港、ハノイ、サイゴン、シンガポール、ヤンゴン、マヘ(セーシェル)、ザンジバル島(タンザニア)、ケープタウン、ダカール(セネガル)、リスボン、パリ、ロンドン、など
公式サイト オーシャニアクルーズ


何と180日間のクルーズです。

寄港地観光62回、またはドリンクパッケージ、US$6,200のシップボードクレジットから選択できる特典付き。
さらに船内医療サービス、ドリンクサービス、インターネットサービスなども無料となっています。

ロサンゼルスから東京の72日間($14,999)、東京から香港の16日間($5,499)などの区間乗船プランもあります。

Global Expedition  (218日間)
船名 インシグニア
料金 $55,499〜 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 マイアミ 帰港地 ニューヨーク
出発日 2022年12月28日(水) 帰港日 2023年8月2日(水)
主な寄港地 カルタヘナ(コロンビア)、パナマ運河通航、サンフランシスコ、リマ(ペルー)、ウシュアイア(アルゼンチン)、南極、ブエノスアイレス、リオデジャネイロ、ダカール(セネガル)、ケープタウン、マヘ(セーシェル)、ドバイ、ムンバイ、ヤンゴン、バンコク、香港、上海、長崎、神戸、函館、ケチカン、サンフランシスコ、パナマ運河通航、マイアミなど
公式サイト オーシャニアクルーズ


180日間を上回る218日間の世界一周クルーズです!
このコースでは、南極大陸まで行くことになっていますね。

それにしても一年の半分以上を船の上で過ごすというのはどんな感じなのでしょうか?

 

キュナード・ライン

サウサンプトン発着 (103日)
船名 クイーン・メリー2
料金 ¥2,063,000〜 港湾税など ¥157,757
出港地 サウサンプトン 帰港地 サウサンプトン
出発日 2023年1月11日(水) 帰港日 2021年4月23日(日)
主な寄港地 リスボン、イラクリオン(クレタ島)、スエズ運河通過、ドバイ、コロンボ、シンガポール、香港、シドニー、ポート・ルイス(モーリシャス)、ケープタウン、ウォルビス・ベイ(ナミビア)など
公式サイト キュナード・ライン


豪華客船といえば、まずクイーン・エリザベスの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。言わずと知れた英国女王の名を冠した客船です。

そのクイーン・エリザベスの姉妹船クイーン・メリーとクイーン・ヴィクトリアによる世界一周クルーズが2023年に予定されています。

 

ホーランドアメリカライン

128-Day Grand World Voyage (128日)
船名 ザイデルダム
料金 $37,199〜 港湾税など $2,015
出港地 フォートローダーデール 帰港地 フォートローダーデール
出発日 2023年1月3日(火) 帰港日 2023年5月12日(金)
主な寄港地 ファルマス(ジャマイカ)、パナマ運河通航、パペーテ、オークランド、シドニー、マプト(モザンビーク)、ケープタウン、ルアンダ(アンゴラ)、ダカール(セネガル)、カサブランカ(モロッコ)、リスボン、アムステルダム、コペンハーゲン、ダブリン、ハーフムーンケイなど
公式サイト ホーランドアメリカライン


私も2度乗船したことがあるザイデルダム。
約80,000トンの中型船で、大きすぎず・小さすぎずの程よい大きさの船です。

主に南半球をめぐり、アフリカ東海岸を北上し、北欧のフィヨルドなども含まれているのが魅力的。

 

プリンセス・クルーズ 

111-Day World Cruise – Roundtrip Ft. Lauderdale (111日間)
船名 アイランド・プリンセス
料金 ¥1,931,490~ 港湾税など ¥222,141
出港地 フォートローダーデール 帰港地 フォートローダーデール
出発日 2023年1月5日(木) 帰港日 2023年4月27日(木)
主な寄港地 カルタヘナ、パナマ運河通航、ロサンゼルス、ホノルル、パペーテ、オークランド、シドニー、コモド島、シンガポール、コロンボ、ドバイ、スエズ運河通航、ベニス、ローマ、バルセロナ、カサブランカ、カナリア諸島など
公式サイト プリンセス・クルーズ


途中で寄港するロサンゼルスを発着する世界一周クルーズや、ロサンゼルスからフォートローダーデールというクルーズプランもあります。

 

MSCクルーズ 

MSC World Cruise(116日間)
船名 MSCマグニフィカ
料金 $15,549~ 港湾税など $480
出港地 チビタベッキア 帰港地 チビタベッキア
出発日 2023年1月4日(水) 帰港日 2023年4月30日(日)
主な寄港地 マルセイユ、バルセロナ、リスボン、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、ウシュアイナ(アルゼンチン)、バルパライソ(チリ)、パペーテ、オークランド、シドニー、バリ、シンガポール、ムンバイ、スエズ運河通航など
公式サイト MSCクルーズ


途中で寄港するバルセロナやジェノバ、マルセイユを発着する世界一周クルーズ(116日間)もあります。
また、ジェノバチビタベッキアからシドニーまで、バルセロナからシドニーという区間乗船クルーズも予定されています。

 

コスタクルーズ 

Round the World(114日間)
船名 コスタ・ルミノーザ
料金 $17,199~ 港湾税など $1,018.33 
出港地 ジェノバ 帰港地 トリエステ(イタリア)
出発日 2022年12月31日(土) 帰港日 2023年4月23日(日)
主な寄港地 マルセイユ、ジェノバ、バルセロナ、ラス・パルマス(カナリア諸島)、サルヴァドール(ブラジル)、リオデジャネイロ、ウシュアイア(アルゼンチン)、ブエノスアイレス、モンテビデオ(ウルグアイ)、ランサローテ島、バルセロナなど
公式サイト コスタ クルーズ


「海の上のイタリア」を体現する陽気で楽しいイタリアンスタイルの船旅がコンセプトのコスタクルーズ。

ジェノバ発着の世界一周クルーズ(109日間)、マルセイユ発着の世界一周クルーズ(107日間)のほかに、区間乗船プランもあります。

World Tour(128日間)
船名 コスタ・デリチョーザ
料金 $16,139~ 港湾税など $1,018.33 
出港地 ベニス 帰港地 ベニス
出発日 2023年1月6日(金) 帰港日 2023年5月13日(土)
主な寄港地 マルセイユ、アカバ(ヨルダン)、マレ(モルジブ)、ケープタウン、ブエノスアイレス、ウシュアイア(アルゼンチン)、サンアントニオ(チリ)、パナマ運河運航、プエルトリモン(コスタリカ)、フォートローダーデール、ニューヨーク、リスボン、チビタベッキアなど
公式サイト コスタ クルーズ


ベニス以外にも、サボナ(イタリア)・マルセーユ・チビタベッキアを発着とする世界一周クルーズもあります。

 

世界一周は無理という場合には区間乗船クルーズ

一度は行ってみたい世界一周クルーズ。

だけど費用もさることながら、100日以上も旅行日数を確保しなければならないため、実際に行くには難しいところ。

ということで、ちょっとだけ世界一周を味わえる区間乗船クルーズはどうでしょうか?
区間乗船とは、長期クルーズの一部区間のみ乗船できるプランです。

上記で紹介した世界一周クルーズの中にも区間乗船が設定されているものもあります。

 

オーシャニアクルーズ

Far East Adventure(20日間)
船名 インシグニア
料金 $4,499~ 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 バリ(インドネシア) 帰港地 東京
出発日 2022年2月27日(日) 帰港日 2022年3月19日(土)
主な寄港地 ムアラ(ブルネイ)、マニラ、高雄、台北、石垣島、高知、名古屋など
公式サイト オーシャニアクルーズ

 

Essential Asia(16日間)
船名 インシグニア
料金 $5,499~ 港湾税など クルーズ料金に含む
出港地 東京 帰港地 香港
出発日 2022年3月19日(土) 帰港日 2022年4月4日(月)
主な寄港地 清水、神戸、広島、釜山(韓国)、長崎、奄美大島、那覇、上海など
公式サイト オーシャニアクルーズ


上記で紹介した「Around the World in 180 Days 」の途中区間に乗船するプランです。

バリ(インドネシア)から東京、東京から香港という2週間から3週間程度のクルーズですが、世界一周クルーズの雰囲気を味わえそうですね。

いつかは豪華客船での世界一周クルーズへ

海上に停泊する豪華客船

世界一周クルーズは、ラグジュアリークラスのクルーズ船だけではなく、リーズブナルな料金で行なっているクルーズ会社もあります。

ただ世界一周クルーズの場合、日数が長い分、客室のカテゴリーによって大きく料金は変わります。
またクルーズ料金には含まれない費用もあることに注意してトータルでいくら必要なのかを知ることが大切です。

 

 英語が苦手だから外国船クルーズは難しい?
クルーズは英語が話せなくても楽しめる?英語が不安でもクルーズ旅行を楽しむ方法

 

 最高のクルーズプランを作りたいなら
クルーズのプロの旅行会社に無料でプランを提案してもらいましょう!

 

 はじめてのクルーズガイド

 

関連記事