ANA機内食レビュー|通販でお取り寄せしたANA機内食の実食レポート

ANA機内食の肉の感謝祭

飛行機に乗った時の楽しみのひとつが機内食。
機内で食べるごはんって、ワクワクしますよね。

そんな飛行機の中でしか食べれなかった機内食が通販で購入できるようになりました。

この記事では、ANA国際線エコノミークラス機内食の中でも大人気の「肉の感謝祭」の実食レポート・口コミをお届けします。
「肉の感謝祭」は、販売開始するとすぐに売り切れてしまう機内食です。

さて、大人気のANA国際線エコノミークラス機内食のお味はいかに?

 

ANA国際線エコノミークラス機内食が到着!

ANA国際線エコノミークラス機内食が入った梱包
オリジナルのロゴマークが付いた段ボール(クール冷凍便)に入っています。
ANAの青いコーポレートカラーを見るだけで、気分が上がりますよね!

我が家の場合、注文してから4日で届きました。

ANA国際線エコノミークラス機内食12食
ドーン!と12個(3種類が4個ずつ)入っています。

でも意外にコンパクトサイズで、思ったほど冷凍庫の場所をとりませんでした。

ランダムに入っているというメッセージカードは入っていませんでした。残念!

ANA機内食の鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース
容器には「ANA」のロゴが入っています。
ちょっと嬉しくなりますね!

 

ANA機内食の「肉の感謝祭」をいただきます!

ANAエコノミークラス機内食3種類
それでは3種類の機内食を見てみましょう!

左から

  • 大阪大黒ソースチキンカツカレー

  • 鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース

  • ビーフハンバーグステーキ

です。

いずれもご飯と彩りの良い副菜がついています。

大阪大黒ソースチキンカツカレーは、ふたを開けた途端、食欲をそそる良い匂いが!
早く食べたい〜!

それでは1つ1つご紹介していきますね!

 

ビーフハンバーグステーキ

ANA国際線エコノミークラス機内食のビーフハンバーグステーキ
まずはお弁当の定番 ビーフハンバーグステーキです。

開けた瞬間に、ド〜ンと大きなハンバーグにビックリ!
パッと見ただけでも充分なボリュームというのがわかります♪

付け合わせは、ニンジングラッセ、フライドポテト、いんげんの3種類です。
ニンジンが甘くてびっくり!

ANA国際線エコノミークラス機内食のビーフハンバーグステーキを切ったとき
さてハンバーグを切って見ると、中からじゅわ~と肉汁が出てきます。
ジューシーで冷凍とは思えないしっかりとした味わい。

ただデミグラスソースの味がちょっとだけ濃いかなあ。
普段薄味の食事が多いので、余計に濃く感じたのかもしれませんが。
でも最後まで美味しくいただきました!

上空に行くと気圧の関係で味覚が鈍ってしまうので、地上では濃いと思うくらいの味付けをしているそうです。
この機内食も実際に機内で提供されているものなので、濃いめの味なのは仕方ないですね。

実はレトルトや冷凍ハンバーグはあまり得意ではないため、普段はあまり食べないのですが、このビーフハンバーグステーキは満足度が高かったです。

 

大阪大黒ソースチキンカツカレー

ANA国際線エコノミークラス機内食の大阪大黒ソースチキンカツカレー
続いて大阪大黒ソースチキンカツカレーです。

カレールーには、お好み焼きソースで有名な大黒フルーツソースと大黒ウスターソースが使われています。
また、ブロッコリー、グリルパプリカ、素揚げかぼちゃ、揚げ茄子、グリルズッキーニが入っています。
半熟たまごも添えてあって、彩りがキレイですね。

甘口派の私ですが、このカレーはスパイシーだけどほど良い辛さ。
酸味とコクを出すために大黒ソースをカレールーに混ぜることで食べやすくなっているのかな。
普段よく食べるレトルトカレーより断然おいしいです!

辛さが苦手な場合は、添えられた半熟卵と一緒に食べると良いですね。

 

鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース

鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース
唐揚げ3個が入った鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース。

鶏もも唐揚げ油淋鶏ソースの唐揚げ
唐揚げは結構大ぶりです。
さすがに揚げたてのカリカリ・サクサクというわけにはいきませんが、中はしっとりジューシーで、甘酢タレとよく合います。
その甘酢タレもしっかりとした味つけですが、塩辛いというわけではありません。
ご飯が進む味です。

ただ添えられた野菜はブロッコリーだけというのは、ちょっと寂しいかも。
もう少し野菜が入っていたら嬉しいですね。

さて、「ビーフハンバーグステーキ」「大阪大黒ソースチキンカツカレー」「鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース」の3つを食べて感じたのは、どの機内食もご飯がふっくらしておいしい!
ほのかに甘みも感じます。

冷凍したご飯はあまり好きではないのですが、とても冷凍されていたとは思えないほど。
このご飯だったらおかわりしたい!

 

ANA機内食の食べ方と賞味期限

ANA機内食の調理方法
機内食と一緒に調理方法が記載された説明書がついています。

おすすめの調理方法は、24時間前に冷蔵庫に移して冷蔵解凍した後、電子レンジで加熱。
確かに、電子レンジで解凍した場合は、温かい部分と冷たい部分のムラができてしまいました。
やはりおすすめの方法で食べた方が良いですね。

なお、加熱後の容器はかなり熱くなっていますので、電子レンジから取り出す時は注意が必要です。

ANA機内食の容器の裏側の説明
賞味期限は容器の裏側に書いてあります。

私たちは5月下旬に購入しましたので、賞味期限まで約5ヶ月間あります。
といってもそれまでに食べ切っちゃうと思いますけどね。

 

地上で食べても満足のANA機内食

ANA機内食をセッティングしたところ


今回食べたのは、ANAの国際線エコノミークラスで実際に提供されている機内食のメインディッシュです。

実際に機内で提供される時には、メインディッシュ以外にもサラダや小鉢、パン、デザートがついてきますので、このメインディッシュだけでは物足りないと感じることがあります。

そんな時は、自宅でもサラダやデザートも一緒にどうぞ。

我が家もサッと用意できるサラダや、残り物のおかずなどと一緒にいただきました。
これで旦那も満足していましたよ。


なかなか外食もできないし、同じようなメニューが続いてしまっていたので、機内食を食べることで気分が変わり、さらに美味しいこともあってテンションも上がりました!

24時間前に準備しなくてはいけないので、すぐに食べれるわけではないのですが、それでも料理しなくて良いのは、主婦としては楽で嬉しいですね。

なによりも旅行気分もちょっぴり味わえましたし。

まだまだ在庫はあるので、楽しませてもらいます。

ごちそうさまでした 😀

 

ANA機内食の口コミ・評判

ところで他の人はANA機内食に対してどのように評価しているのでしょうか。
最後にツイッターの口コミをピックアップし、ANA機内食の感想をご紹介します。

ツイッターはリアルな声が拾えるので、投稿者の本音を見つけやすいですよね。
ここでは実際に購入した人の口コミ・評判をピックアップしてみました。

 

 

 

 

 

 

ビーフハンバーグステーキ、鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース、大阪大黒ソースチキンカツカレー共に好評のようですね。
悪い口コミもないかと探してみたのですが、見当たりませんでした。
多くの人に好かれる味なのでしょうね。

 

ANA機内食は楽天で購入できます

ANA国際線エコノミークラス機内食の価格は、9,000円(税込)です。
12食入っているので、1食あたり750円になります。

現在は毎週月曜日と木曜日の午前10時、楽天市場のANA公式ギフトショップ で購入できます。

ですが人気の商品のようで、毎回販売開始後すぐに売り切れてしまうこともあります。
気になったらすぐにチェックした方が良いですね。

 

 ANA機内食には「肉の感謝祭」の他にもシーフード系の機内食もあります♪
 シーフード系の機内食も見てみる

 

 ANA機内食の次回の販売日、開始時間などネット販売での購入に関する最新情報はこちら
【ANA機内食】通販での販売開始は何時から?ANA機内食の販売情報をまとめて紹介

 

 ANA以外の機内食も気になる方はこちらをどうぞ
機内食をお取り寄せしておうちで旅行気分!ANAやJALのオススメ機内食

 

関連記事