【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記㊶ Day13-4】アジアンな夜

2019年4月12日(金)クルーズ13日目 その4

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ13日目は、鹿児島に寄港しています。

シャトルバスで船に戻ってきました。
結局、天文館などには行かず、桜島をまわっただけでしたが、十分に満喫できました。(当初は、天文館で鹿児島名物の「しろくま」を食べる予定でしたが)

クルーズは、朝に港に到着し、その日のうちに出港することが多いので、寄港している時間内にどれだけ効率的に観光できるかがポイントになりますよね。

さて船に戻った後、いつものようにリドでデザートを食べながらくつろいでいると


今夜のリドでは、Asian Themed Dinner というディナーイベントがあるということで、アジアっぽい(?)飾り付けが始まりました。
 

今夜もディナーはメインダイニングでとるつもりだったので、とりあえずAsian Themed Dinner がどのようなものか見るだけにしておこう、


と思ったのですが、普段はサーブされないフルーツがあったので、とりあえずフルーツだけ食べてみようかと。


巨大な魚や、豚や鶏の丸焼きなどもあるようで、


思わず、マグロやスモークサーモンもとってしまいました。

さらに美味しそうなサラダや生春巻きも。


少しなら食べても大丈夫かな。


と思ったけど、結局点心も全種類を一つずつもらい、


デザートまで食べたら、もうお腹いっぱい!
今夜の食事はこれで十分というくらい食べてしまいました。^^

昨年乗船したVolendam (フォーレンダム)での日本発着クルーズでもあったように、ホーランドアメリカではこのような航路にちなんだディナーイベントが行われることがあります。


食事中、獅子舞のような出し物もありました。


クルーもそれぞれの国の衣装を着ていました。
彼女はこのクルーズで一番仲良くなったフィリピンクルーです。
旦那の喜んだ顔をお見せできないのが残念ですが。


Asian Themed Dinner は5時30分から8時まででした。
ディナーにしては少し終了時間が早い気がしますが、通常リドのディナータイムは8時までなので、仕方ないですね。

リドでの夕食の後はスパへ。
いつもと違う遅い時間のためか、ハイドロプールもサーマルスイートも貸切状態。静かで良いのですが、ちょっと寂しい?


Asian Themed Dinner でお腹いっぱい食べたはずなのに、食べた時間が早かったので、夜遅くにお腹が空いてしまった旦那のために、10時30分過ぎ、再びリドへ。
リドでは、8時にディナーが終了した後、10時30分から11時30分まで軽食を提供しているのです。


軽食といっても、結構ボリュームのある物もあります。


もちろんデザートも用意されています。


というわけで、旦那はサラダと


ピザを食べていました。
私はさすがにこんな遅い時間に食べたら、食べた分だけ身になってしまうので、フルーツのみ。


今夜のタオルアートは、昨日の旦那の 猿 に対抗して(?)のゴリラです。
サングラスをかけている旦那作の猿と並んで仲良くぶら下がっていました。笑


ベッドの上には Disembarkation Package (下船案内)が。
今回のクルーズも明日の洋上日を残すのみとなってしまいました。


to be continued 14th day

次の旅行記へ (day14-1)

前の旅行記へ (day13-3)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事