【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記④ Day1-4】 初ディナーでハプニング?

/ 2019年3月31日(日)クルーズ1日目 その4

デッキ10 にあるラウンジ Crow’s Nest (クロウズネスト) で休憩した後は、4時30分からの Drill (ドリル:避難訓練)です。
場所はデッキ3、さらにグループごとに細かい場所が決められており、それはシップカードやキャビンのドアの避難場所の案内に記載されています。
ライフジャケットはキャビンに備え付けられていますが、避難訓練時には着用の必要はありませんでした。


避難訓練はデッキで行われるため、目の前には大桟橋から船を見学している人も。
昨年のフォーレンダムでのクルーズ時はドリルが夜の7時過ぎだったので、日が暮れた中で行われた避難訓練でしたが、今年はまだ明るい時間なので、見学されるのはちょっと恥ずかしい?

その後は大桟橋での出航イベントを見ていたのですが、寒い!
ダウンを持ってきて正解!というくらい寒かったです。。。


8時、ディナーの時間です。

ディナーはこのメインダイニングの他にも、ランチをとったブッフェレストラン Lido でも行っています。またルームサービスを利用して部屋で食べることもできます。

メインダイニングでのディナーは、予約制(5:45または8:00)またはオープンシーティングがあります。
前回(フォーレンダムでの日本周遊クルーズ)と前々回(ザイデルダムでのパナマ運河クルーズ)では、8時の予約制で希望を出したのですが、希望がかなわずオープンとなってしまいました。

オープンの場合、自分たちの好きな時間に食事をすることができますが、混雑しているとテーブルが空くまで待たなくてはいけません。また毎回違うテーブルで食事をすることになり、なんか落ち着かないのですよね。

今回は8:00の予約がとれました。^^


前菜は2人とも同じもの、Sashimi Salmon。


こちらは旦那のスープ、French Onion Soup。


私のメイン、Pork Katsu。
ポーツカツです。薄いけど、かなり大きい。。。


旦那のメイン、Broiled New York Strip Loin。

ディナーは基本的に毎日メニューが代わるのですが、French Onion Soup とBroiled New York Strip Loinは「Available Daily」といって毎日食べることができます。 
そして旦那は、クルーズ初日のディナーは必ず Broiled New York Strip Loin を選んでいるのです。

ところが、昼から少し調子の悪かった旦那がディナー中にさらに体調が悪化し、デザートを食べずに部屋に戻ることに。
サーバーは驚いてテーブルに飛んできましたが、体調が悪く部屋に戻りたいことを告げて、テーブルを後にします。

クルーズ初日に体調を崩すことは今までもあったのですが、だいたいはその日の夜には回復していたので、ディナーを途中で切り上げてしまうなどということは初めてです。
明日には体調が戻ってくれれば良いのですが。

ちなみに今夜のディナーのメニューは こちら




部屋に戻ると、リピーター向けのノベルティ(エコバッグ)と明日の船内新聞が置いてありました。
この不織布のバッグは乗船するたびにもらっているのですでに何個か持っていますが、ペラペラで家ではほとんど使ってません。。。

この日の夜のメインステージでのショーは、8時からの1回のみ。
「Marquee」というタイトルのウェステルダムのシンガーやダンサーによるショーのようです。
また、メインステージ以外でもジャズやクラシックなどの演奏が行われていたのですが、もちろんどれも参加できず。

さて、明日は終日航海です。


to be continued 2nd day

次の旅行記へ (day2-1)

前の旅行記へ (day1-3)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事