【ホーランドアメリカ ウェステルダムで行く桜咲く日本と台湾・韓国を巡る早春のクルーズ旅行記㉑ Day6-3】 絶品!シーフードディナー

/ 2019年4月5日(金)クルーズ6日目 その3

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ6日目は、那覇(沖縄)に寄港しています。



ゆいレールの県庁前駅まで歩き、そこからタクシーでクルーズターミナルに戻りました。
ターミナルに到着した途端、雨が激しくなりました。あと少し遅かったら大変なことになっていました。^^

ターミナル内では再びパスポートチェックがありました。


ランチでお腹いっぱいになったはずなのに、すぐさまリドに向かい、デザートを食べます。


それも一人2個ずつ。^^

いつものように船内アプリで今夜のメインダイニングのメニューをチェックします。すると、あまり好みのメニューがなさそう。。。
では、思い切って今夜のディナーはメインダイニングではなく、有料レストランにしよう!ということになりました。

早速、船内アプリから予約を入れてみようとしましたが、アプリからの当日予約は受け付けていないよう。仕方ないので直接レストランへ行き、無事に予約を入れることができました。


8時、今夜のディナーは Rudi’s Sel de Mer(ルディズ セルドゥメール)です。
ルディズ セルドゥメール)は、ホーランドアメリカのマスターシェフ Rudi Sodamin のプロデュースによる有料のフレンチ レストランです。

今回の14泊15日クルーズでは、セルドゥメールはクルーズ中に2回だけしか行われません。
2回だけしか提供されませんが、当日でも予約することができたのは料金が少し高めのせいかもせいれませんね。


テーブルに着くと、食材で人の顔を描いたウェルカムプレートが迎えてくれます。

メニューを見て悩んでいると、担当のサーバーが日本語メニューを用意してくれました。助かった〜。


これはバケット用のバター。
バターにかかっている塩が美味しかった。


アミューズはホタテと海藻。


前菜のRudi’s SEAFOOD TOWER。
それぞれの器に、カニ、エビ、たこのサラダが入っています。


もうひとつの前菜は、BOUILLABAISSE MARSEILLAISE。ブイヤベースです。
サーブされた時、ブイヤベースがビニール袋に入っていて、それをテーブルで破いてお皿に注いでいました。これもおもしろい演出ですね。
旦那はこれを食べただけでもセルドゥメールに来た甲斐があったと絶賛していました。


メイン料理の WHOLE DOVER SOLE MEUNIÈRE。


もう一つのメインは、Broiled Maine LOBSTER。
ロブスターはプリプリ。


デザートの APPLE TARTE TATIN。

もう一つは、RUDI’S SOUFFLÉ。
かなりの大きさにビックリしたのですが、フワフワなので見た目ほどボリュームはありません。

セルドゥメール のメニューは こちら

楽しい演出、そして何と言ってもどの料理も美味しく素敵なディナーとなりました。

【レストランレポート】Rudi’s Sel de Mer(ルディズ セルドゥメール)

有料のフレンチ レストラン。お料理が美味しいのはもちろんのこと、お料理の提供の仕方、オシャレな食器など楽しい時間を過ごすことができます。


明日は石垣島に寄港します。
お天気が良くなってくれますように。


to be continued 7th day

次の旅行記へ (day7-1)

前の旅行記へ (day6-2)

旅行記の目次へ

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事