生まれて初めてANA(全日空) ファーストクラスに搭乗!
記念すべき初めてのファーストクラスは、成田からヒューストンです。

この記事では、私たちが経験した成田空港のANAファーストクラスラウンジからファーストクラスの機内などの搭乗記をご紹介します。
特に普段なかなか経験できないファーストクラスの機内食(洋食と和食の2種類)の様子も詳しくお見せしています。

また搭乗中に結婚記念のお祝いとしていただいたサプライズプレートも合わせてお伝えします。

それでは、ANAファーストクラスへどうぞ!

 

記事が長くなってしまったので、シートや食事の様子をコンパクトに紹介したスライドショーを作りました。

 

 

ANAファーストクラス旅行の始まり

ANAのファーストクラスは片道だけでも100万円以上の価格がします。
ANAのビジネスクラスには何度か搭乗したことがあります、そのカーテンの先にあるファーストクラスなんて自分たちにはまったく縁がない世界だと思っていました。

今回、考えてもいなかったANAファーストクラスに特典航空券(マイル)を利用して搭乗する機会を得ました。
記念すべき初めてのファーストクラスは、成田発ヒューストン行きのフライト(NH174便)です。

2017年末にパナマ運河と中南米を巡るクルーズ(ANAファーストクラスで行くパナマ運河クルーズ旅行記) 旅行が決まり、クルーズ船が出港するアメリカ・フロリダにあるフォートローダーデールまでは日本からの直行便がないためヒューストンを経由することにしたのです。

その際、成田からヒューストンまでのフライト (NH174) でファーストクラスに乗ることになったのでした。(ちなみに帰国時のシカゴから羽田間はビジネスクラスを利用)

まずはZカウンターでチェックイン

成田空港に到着した後、まずはチェックインをするために成田空港第1ターミナル(南ウィング)へ向かいます。

以前はファースト/ビジネス/エコノミーの各クラス毎にチェックインカウンターが並んでいましたが、2017年12月時点ではファースト・クラスは保安検査場に隣接するZカウンター「ANA SUITE CHECK-IN」でチェックインを行いました。

SUITE CHECK-IN は、ダイヤモンドメンバー、およびファーストクラス利用者専用のチェックインカウンターです。

成田空港第一ターミナルの全日空(ANA)ファーストクラス用のZカウンター
燦然と「Z」の文字が輝く場所へ突入です!

いやあ、それにしても入る時ドキドキしたなあ。この旅行で一番緊張した瞬間かもしれません。笑

成田空港第一ターミナル ANAファーストクラス用Zカウンター内部
中にはチェックイン用のデスクが並んでいます。その反対側の壁側にはソファーも用意されており、ホテルのフロントのような高級感満載な場所です。

私たちが入った時にはまだスタッフしかいません。だってまだオープンして10分くらいしか経っていませんから。
どうみても一番乗りでした。

成田空港第一ターミナル ANAファーストクラス用Zカウンターでのチェックイン
まず、おしぼりが出ました。おしぼりで手を拭きながらのチェックインなんて初めてです。
とはいえ、チェックインはいつもの通り淡々と終了。

さらにヒューストンからフォートローダーデールまでのユナイテッド(UA)のチケットも発券してもらえました。今回ANAとUAのチケットは別々で購入していたので、成田で出してもらえて助かりました。

手続き後、「SUITE CHECK-INは初めてですか?」と聞かれ、記念にと写真を撮ってもらいました。
いやあ、初心者丸出しがわかってしまったのですね。恥ずかし〜。

チェックイン後は専用通路より隣接の保安検査場へ直接進みます。
ファーストクラス専用のレーンのため、検査待ちで並んだりしません。

緊張が続いていたせいか手荷物からタブレットは出したのですが、液体などは入れたまま。でも何も指摘されませんでした。

ANA SUITE LOUNGE へ

出国手続きも終え、次のお楽しみ SUITE LOUNGE ヘ!
今日の搭乗口は54番ゲートのため、第5サテライトのラウンジを利用します。

成田空港第一ターミナルのANA ラウンジ
いつもは左側のビジネスラウンジを利用する機会が多いのですが、今日は右側のスイートラウンジです。

ANA SUITE ラウンジは、ファーストクラス搭乗以外に、ANAダイヤモンドメンバー、STAR ALLIANCE加盟各社のファーストクラス利用者が利用できます。 

どんな煌めく世界が待っているのか? 期待で胸がはずみます。(笑)
(写真は2016年に撮影したものです)

成田空港第一ターミナルのANAファーストクラス用のANA SUITEラウンジ
中は白と黒を基調としたインテリアでビジネスラウンジとまったく同じ雰囲気です。一瞬、ここはビジネスラウンジ?と錯覚してしまいます。

成田空港第一ターミナルのANAファーストクラス用 SUITEラウンジの内部
このように窓に向かったシートもあります。この時間(朝8時過ぎ)はまだ人も少なく空いています。

成田空港第一ターミナルのANA ファーストクラス用のSUITEラウンジの食事カウンター
さあ、食事です!
と勇んで行っても、実は事前にメニューをチェックしていたので、どのようなものがあるかはわかっていました。
残念ながら、朝はあまり種類が多くなく、11時過ぎになるとかなり充実するようです。

でも私たちのフライトは10時50分なので、11時までいられません。。。(涙)
(11 時までは朝食メニューで、その後はランチ&ハイティーメニューとなります)

成田空港第一ターミナルのANAファーストクラス用のSUITEラウンジでの朝食
おにぎりやサンドウィッチはビジネスラウンジとあまり変わらない?
でもオムレツとソーセージ、ベーコンはビジネスラウンジにはないメニューですね。

器に入っている「あおさわさび昆布」は美味しかったです。3杯もおかわりしちゃいました。笑

アルコールももちろんありますが、諸事情によりここでは我慢してソフトドリンクを飲む旦那。

成田空港第一ターミナルのANAファーストクラス用のSUITEラウンジでの朝食時のアイス
デザートも11時以降の提供のようで、朝はアイスのみでした。
デザートは美味しいと聞いていたので、ショック。(号泣)



食後はマッサージチェアを利用しましたが、あっという間に搭乗時間になってしまい、途中でマッサージは終了。
時間が気になり、くつろぐことができず、あまりリラックスできませんでした。。。
本当はシャワーも利用してみたかっだけど、そんな余裕はなし。

ちょっと消化不良のANA SUITE LOUNGE 体験でした。

 

  ANA SUITE LOUNGEの食事メニューなどを詳しくレポートしています。
ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)レポート

 

いよいよ搭乗〜ファーストクラスの機内とシート〜

搭乗開始のアナウンスが流れたので搭乗口へ向かいます。

ANA搭乗口
ラウンジを出て搭乗口に向かうと、既に優先搭乗は終わっていました。一番乗りしたかったのに残念。

ボーディングブリッジを進むと、いつもは何の迷いもなく右側に進む入口を今回は「FIRST CLASS」と書かれた左側に進みます。

ANA Boeing 777-300ERのファーストクラスのシートマップ
今回搭乗するBoeing 777-300ERのファーストクラスの座席は8席です。
この時の乗客は私たちを含め5名でした。

そして私たちが座るシートは、2G と 2D の中央列2席です。
可動式の仕切り板(扉)が間にあり、扉を開けておくと隣とも会話ができます。
がシートからは少し離れた位置にあるので、実際に会話する時には身体を起こさないと難しかったです。(まあ、あまり会話なんてないのですが。笑)

それにしてもたった8席(人)のためにトイレが二つもあるなんて、なんて贅沢なのでしょう!さすがファーストクラスですね。

ANA Boeing 777-300ERのファーストクラスのシート
通路とは高い壁で仕切られていますが、完全な個室にはなりません。
もっとも通路を人が通ることはほとんどありませんので、そんなに気にはなりませんが。

このシートは、寝る時にはフル・フラットになります。もちろんビジネスより横幅があって広いです。
また有名寝具メーカーのベッド・パッドが使われており、とても寝心地が良かったです。

ただリラックス・モード(リクライニング)時の微妙な角度の調整が難しかったです。

ANAファーストクラスのシートコントローラー
シートコントローラーは画面タッチ式です。

ANAファーストクラスの大型モニター
座席に座ると目の前には大きなモニターが設置されています。23インチ大型液晶ワイドスクリーンです。
でもあまりに距離があるので老眼の旦那には、宝の持ち腐れ?

ANAファーストクラスのモニター下の収納
モニターの下にも棚がありますが、座っていると手が届きません。
足元はもちろん広いので、頭上の手荷物入れを使う必要などありませんでした。

ANAファーストクラスのシート脇の収納
シート横にはメガネなどを入れる収納ボックスがあり、どこに何を置いたのか忘れてしまいそうなので、なるべく荷物は一ヶ所にまとめておきました。

またモニターのコントローラもシート横の壁にあります。

ANAファーストクラスのモニター下のテーブル
モニターの下からテーブルを引き出します。テーブルの表面がピカピカ光っていますね。

JALのファーストクラスに搭乗したある知人から、JALはテーブルを挟んで2人が向かい合って座れる仕様になっていると聞いていました。もしかしたらANAも同じかな?と思ったけど、残念ながらそうではありませんでした。

向かい合うことができれば、一緒に食事ができて楽しいですよね。ANAもぜひそうしてくれればと思いますが、この先ファーストクラスに乗る機会はないか。

ANAファーストクラスの通路側にある収納
通路側にはジャケットなどを収納できるスペースもあります。
とにかく収納場所が多く、どこに何を入れたのか忘れてしまいそうです。

ANAファーストクラスの高級アメニティ

ANAファーストクラスのアメニティのリラックスウェア
さて、アメニティを見てみましょう。

まずはオーガニックコットンを100%使用したパーカーとズボンのリラックスウェアです。とても着心地が良いです。
持ち帰り可能なので、旦那はクルーズ中も船内でパーカーを着ていました。(ただし、持ち帰り用に新品をもらえるわけではなく、機内で着ていたものをそのまま持ち帰りました)

ズボンのウェストは紐で絞れるようになっていますが、かなり大きくMサイズでも気を緩めるとズボンが下がってきてしまいます。
自宅に持ち帰りましたが、私は残念ながらその後はまったく着用していません。

ANAファーストクラスのアメニティのサムソナイトのボックス
サムソナイトのケースに入ったアメニティグッズです。

anaファーストクラスのアメニティのセット
中には、ザ・ギンザの化粧品の他、歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグが入っていました。
(もらって嬉しいけど、荷物が増えるのが難点。。。)

ANA ファーストクラスのアメニティのザギンザの化粧品
ザ・ギンザの化粧品は、
・モイスチャーライジングエマルジョン(乳液)
・エナジャイジングローション(ローション)
・クリーミークレンジングフォーム(洗顔料)
の3点です。

現品の価格が、
・モイスチャーライジングエマルジョン(乳液):¥20,000
・エナジャイジングローション(ローション):¥18,000
という高級化粧品です。

もちろんアメニティは現品よりかなり小さなサイズとなりますが、それでも金額を換算してみるとかなりの高額!
やはりファーストクラスのアメニティは違いますね。

ANAファーストクラスのソニーのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン
ソニーのデジタルノイズキャンセリングヘッドホンと、私が気に入ったカシミアのブランケット。
とっても肌触りがよくて気持ちよかったです。

自宅に戻ってから調べたところ、テネリータ というブランドで結構なお値段がするものだとわかりました。
(ヘッドホンとブランケットは持ち帰れません)


座席に着き、暫くすると チーフパーサー が挨拶にきてくれました。
『 Hxxx様、本日もご搭乗頂きありがとうございます 』
でも庶民の私たちには、こう言うのはとにかく照れるのです。^^

ウェルカムドリンクをいただく頃、L1 Door はクローズ。
 さぁ、初めてのファーストクラスでのフライトを楽しみましょう!

ANAファーストクラス機内食 〜空の上での極上フルコース〜

成田ーヒューストン便では搭乗後にメインの洋食と和食のコースと、1食目の食事の後にいただける軽めの和食・洋食のセット、アラカルトが用意されています。

ANAファーストクラスでのKRUG (クリュッグ)
まずはドリンクサービスからスタート。

旦那のシャンパンは KRUG (クリュッグ) です。
シャンパンには疎い旦那ですが、事前に調べたらクリュッグはフルボトルで2万円超もする最高級シャンパンで気軽に飲めるようなお酒ではありません。

シャンパーニュ・クリュッグ グランド・キュヴェ
シャンパーニュ、フランス
比類なきシャンパーニュ・クリュッグ グランド・キュヴェ。1843年以来、創業者ヨーゼフ・クリュッグの理念を体現し続けています。120種類を超える10年以上の異なるヴィンテージのワインを配合し、各年でアッサンブラージュ。セラーでさらに7年熟成し、毎年新たなEditionが誕生します。収穫年の異なるワインを多種ブレンドするため、単一ヴィンテージでは表現できない複雑な味わいとアロマが生まれます。

引用:ANA


なぜかクリュッグ用には シャンパン用に2つのグラス が用意されました。

チーフパーサーの説明によると細長いグラスは従来から使用している物、もう一方の少し丸みを帯びたグラスは最近シャンパン・メーカーが推奨しているものだそうです。

確かに従来のグラスと比較するとメーカー推奨のグラスは、より芳醇な香りが増すようと言っていました。(本当に違いがわかっているのか?)

まあ、めったに飲めない高級シャンパンを満喫した旦那のようです。

アルコールは、シャンパン、白ワイン、赤ワイン、ポート、日本酒、カクテル、ウィスキー、スピリッツ、ブランデー&リキュール、ビールなど多くの種類が用意されていました。

ANAファーストクラスの香るかぼすジュース
私は「香るカボス(はちみつ入り)」をオーダーします。

ANAに乗るといつも飲んでいるANAオリジナル “かぼすジュース” を今日も飲みます。
以前ビジネスクラスに搭乗した時にCAの方に勧めていただいて以来、ずっと飲んでいるのです。

アルコールは多くの種類が用意されていましたが、ソフトドリンクは「香るカボス」以外に数種類のみ。アルコールが苦手な私は少々つまらない。

ANAファーストクラスのアミューズ
ドリンクと共にアミューズをいただきます。

トリュフ風味のフムス、鴨の生ハムとマッシュルームのマリネ タイム風味、アプリコットとバターのロール仕立て、ソフトスモークホタテ貝 オレンジのソース。

そして食事がサーブされます。

ANAファーストクラス機内食でのテーブルセッティング
まずはテーブルにクロスがかけられ、カトラリーがセッティングされます。
カトラリーにはANAのロゴが入っています。

機内食 〜洋食のコース〜

1食目は和食と洋食から選べます。私は洋食のコースをチョイスしました。

洋食は、アペタイザー、サラダ、コーンスープ、メインディッシュ、ブレッドセレクション、チーズプレート、デザート、プティフールから構成されています。

ANAファーストクラスの洋食のアペタイザー
まずは3種類から選べるアペタイザーから。
オマール海老とそのコンソメジュレのガトー仕立て バニラ風味 キャビア添え。

お皿の後ろにこっそりと控えているのは、

ANAファーストクラスのキャビア
そう、キャビアが瓶ごと提供されるのです!

噂には聞いていたけど、本当に瓶まるごとなのですね。
残念ながら、私は塩分控えめ生活を送っているので、ほとんどは旦那が食べました。

ANAファーストクラス機内食のガーデンサラダ
アペタイザーに続き出てきたのは、ガーデンサラダ 柚子風味のパルメザンチュイール添え。
ドレッシングは、「柚子胡椒のドレッシング」「ノンオイルトマトドレッシング」の2種類から選べます。

この後、コーンスープ がサーブされるはずだったのですが、気流の関係で機体が揺れだしてしまい、落ち着いてからサーブすると言われたのですが、結局それっきりでした。

ANAファーストクラスのメインディッシュ
メインディッシュは、鮟鱇のロースト 木の子とトリュフ香るソース。

他にも和牛フィレなどもありましたが、鮟鱇なんてあまり食べる機会がないので、魚をチョイス。
トリュフソースとありますが、よくわからない。。。いろいろなキノコが添えられていましたが、苦いのがあったなあ。

ANAファーストクラスのブレッド
ブレッドは4種類(バゲット、くるみパン、紅茶ブレッド、グラハムブレッド)から選べます。
私は、バゲットと紅茶ブレッドをいただきました。

ANAファーストクラス機内食のデザート
デザートは、4種類の中からチョイスできました。
私が選んだのは、フィナンシェオランジュ 柚子と苺ソルベ。焼き菓子とシャーベットの組み合わせです。

あれ、チーズはサーブされなかった。私はお酒を飲まないから聞いてもくれないのかな。

ANAファーストクラスのプティフール
さらにプティフールを紅茶と共にいただきます。
このチーズケーキが甘すぎず、とても美味しかった。紅茶は高級ブランド TWG TEA。さすが美味しい!

私がいただいた洋食コースは

< 洋 食 >
アペタイザーオマール海老とそのコンソメジュレのガトー仕立て バニラ風味 キャビア添え
サラダガーデンサラダ 柚子風味のパルメザンチュイール添え
主  菜鮟鱇のロースト 木の子とトリュフの香るソース
デザートフィナンシェオランジュ 柚子と苺ソルベプティチーズケーキ

 

機内食 〜和食のコース〜

一方、旦那は和食を選んでいました。

和食のコースは、先附、前菜、お椀、お造り、炊き合わせ、小鉢、主菜、ごはん、和菓子と品数が多いです。
一つ一つの量はそれほど多くないのですが、すべてを食べたらかなりお腹いっぱいになったようです。

ANAファーストクラスの先附
先附:海老と筍の海老味噌

ANAファーストクラス機内食の前菜
前菜:ジャンボマッシュルーム百合根黄身焼き じゃが芋ビーフ生ハム巻き 公魚甘露煮氷餅まぶし 車海老 干し柿抹茶揚げ 叩き牛蒡  慈姑せんべい

ANAファーストクラスのお椀
お椀:焼き目鱈と白子豆腐

ANAファーストクラス機内食のお造り
お造り:真はた焼き霜造り

ANAファーストクラスの炊き合わせ
炊き合わせ:北海道和牛バラ肉の角煮

ANAファーストクラス機内食の小鉢
小鉢:つぶ貝と根三つ葉 蜜柑おろし和え

ANAファーストクラス機内食の主菜
主菜:クエ照り焼き

ANAファーストクラスの炊き合わせと小鉢、主菜にごはん、味噌汁、香の物
炊き合わせと小鉢、主菜にごはん、味噌汁、香の物。

お米は「青森県 五所川原産 つがるロマン(金芽米)」を使っているそうです。
このお米は、日本の高校で初めて国際水準の第三者認証グローバルGAP1を取得した青森県立五所川原農林高等学校の生徒達が育てたものだそうです。

ANAファーストクラス機内食のデザートのフォレノワール
和食では食後のデザートとして とらや羊羹「夜の梅」というのが用意されていたのですが、旦那は羊羹はお好みではないので、洋食のフォレノワールに代えてもらっていました。

旦那の和食コースは

< 和 食 >
先付け海老と筍の海老味噌
前 菜ジャンボマッシュルーム百合根黄身焼き, じゃが芋ビーフ生ハム巻き, 公魚甘露煮氷餅まぶし, 車海老, 干し柿抹茶揚げ, 叩き牛蒡, 慈姑せんべい
お 椀焼き目鱈と白子豆腐
お造り真はた焼き霜造り
炊き合わせ北海道和牛バラ肉の角煮 
小鉢 つぶ貝と根三つ葉 蜜柑おろし和え 
主菜 クエ照り焼き
デザートフォレノワール


今回私たちが搭乗した時のファーストクラスでの1食目の全メニューです。(画像をクリックすると拡大します)

ANAファーストクラスの1食目のメニュー
空の上でこんなに美味しい食事ができるなんて、本当にすばらしいひとときでした。

ANAファーストクラス機内食 〜オリジナルカレーとお茶漬け〜

さて、ヒューストン到着2時間前に2食目をいただきました。

今回、1食目があまりに多くの量だったので、さすがにあまりお腹が空いていない旦那。
当初、夜食に 一風堂のラーメン “そらとん” を食べようと思っていたらしいが、1食目の影響で夜食は断念したそうです。

ANAファーストクラス機内食の2食目のテーブル
1食目と同じようにテーブルクラスがかけられ、食事が始まります。

ANAファーストクラスの鹿児島産つけ揚げと河豚茶漬
私は、「鹿児島産つけ揚げ」と「河豚茶漬け」。
飲んだ後の〆のような組み合わせですね~。でも1食目で食べ過ぎたので、お茶漬けはちょうど良かったです。

ANAファーストクラスのANAオリジナルカレー
旦那は、「ANAオリジナルカレー」と

ANAファーストクラスの2食目のガーデンサラダ
「ガーデンサラダ 柚子風味のパルメザンチュイール添え」。

これは1食目で私が食べたものと同じです。

今まで到着前の機内食では和食をチョイスしていた旦那ですが、今回は以前から気になっていたカレーにしたようです。
旦那いわく、「すっげー美味いと言う訳ではないが、至って普通に美味いカレーライス」だったそう。

2食目はカレーやお茶漬けの他にも、和食や洋食のセット、単品でもいろいろなメニューが用意されています。
でもデザート系がなかったのが残念。。。

私たちが搭乗した時のファーストクラスでの1食目以降に提供されるメニューです。(画像をクリックすると拡大します)

ANAファーストクラスの2食目のメニュー
以下は搭乗した時のアルコールやソフトドリンクメニューです。

●シャンパン/Champagne

シャンパーニュ・クリュッグ グランド・キュヴェ(Champagne Krug Grande Cuvee)
シャンパーニュ・ルイ・ロデレール ブリュット ミレジメ 2009
 

●白ワイン

アルテッサ エステート・リザーブ・シャルドネ・カーネロス・ナパ・ヴァレー2014
シャブリ・プルミエ・クリュ・ニコラ・ポテル 2014
ウォルフベルジェ ピノ・グリ グラン・クリュ ペルシベルグ 2014
テンボルスクレフ・ヴィオニエ2016

●赤ワイン

ダックホーン・ヴィンヤーズ・ナパ・ヴァレー・メルロー2013
ボーヌ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・ムース、ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス2012
ドメーヌ・デ・セネショー・シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュ2013
キンタイ・キュー・グランド・レゼルヴァ・シラー・カサブランカ・ヴァレー2014

●ポート/Port

グラハム・トゥニー 30年

●日本の銘酒/Sake and Shochu

山形政宗 純米吟醸 雄町、紀土 あがらの純米大吟醸、鶴齢 純米吟醸、村尾、佐藤 麦
飛乃流 朝日、角玉梅酒

●アペリティフ&カクテル Aperitifs & Cocktails

ドライシェリー、ドライヴェルモット、カンパリソーダ、カンパリオレンジ、スプモーニ、キール
キールロワイヤル、ミモザ、マティーニ、ブラディマリー、スクリュードライバー

●スピリッツ Spirits

ボンベイ・サファイア、ウォッカ

●ブランデー&リキュール Brandy & Liqueur

ヘネシーXO、ベイリーズ オリジナル アイリッシュクリーム

●ビール Beers

アサヒ スーパードライ、キリン 一番搾り、サッポロ 黒ラベル、サントリー ザ・プレミアムモルツ 

●ウイスキー Whiskies

サントリーウイスキー 響21年、バランタイン リミテッド、ジャック ダニエル グラック 

●ソフトドリンク Soft Drinks

ANA オリジナルドリンク「香るかぼす」(はちみつ入り)、オレンジジュース、アップルジュース
グレープフルーツジュース、トマトジュース、コカ・コーラ、コカ・コーラ ゼロ
スプライト または セブンアップ、ジュンジャーエール、令緑茶、スパークリングウォーター
ミネラルウォーター、ミルク

●日本茶/Japanese Teas

辻利 宇治煎茶、ほうじ茶、抹茶

●ティーセレクション/Tea Selection

ロイヤルダージリン、アール グレイ、1837 ブラックティー、ミッドナイト アワー ティー(デカフェ)

●ハーブティー(カフェインフリー)/Heral Teas

ANAオリジナルブレンド mitoco (ローズ・ジャスミンフラワー・ペパーミント) カモミール TWG Tea

●ANA スペシャルティコーヒーセレクション/ANA Specialty Coffee Selection

エスプレッソ、ホットコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、カフェマキアート アイスコーヒー、アイスカプチーノ

それにしてもあの狭い機体の中に、こんなに多くの種類の飲み物を用意しているなんて驚きです。
いつもの「香るかぼす」だけではなく、他のドリンクも味わえばよかったとちょっと後悔。。。

ANAファーストクラスの機内食はいかがだったでしょうか。
普段はいただけない美味しいものを味わえてるファーストクラスでの時間。楽しく贅沢な時を過ごせました。

最後にサプライズ! でも。。。

ANAファーストクラスの結婚記念日のお祝いプレート
今回の旅行中に結婚記念日を迎えるということを旦那が CA に伝えたていたようで、なんと着陸体制に入る直前にお祝いのフルーツをいただきました。

以前にも同じようなサービスを受けた事がありますが、ANAさん、いつも心遣いいただきありがとうございます!
(でも既にお腹いっぱいだし、着陸体制前の慌ただしい時に出していただかなくても、という気持ちも少しあったりして。すみません!)

お祝いをいただいた後すぐに NH174 は IAH RWY8R に着陸。
地上走行の後、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港 Terminal-D #5 に到着しました。

そしてL1 Door が開くのを初めて見て、飛行機を降りました。

ファーストクラス搭乗時のドレスコード

実は、搭乗前に一番悩んだのが、どのような洋服でファーストクラスに乗れば良いのか?ということでした。

事前にイネターネットなどでいろいろと調べたのですが、明確な答えを見つけられませんでした。

ただ、いろいろな記事を読んでみて、厳格なドレスコードがあるわけではないものの、やはり上位のクラスに搭乗するのであればそこに相応しい服装が良いのではないかと思うようになりました。

ANAファーストクラス搭乗時の記念写真
というわけで、いつもはビジネスクラスでもスニーカーで乗る私ですが、今回はジャケットに少しきれい目のカーゴパンツにローファー。
カバンも少しおしゃれな物にしました。

旦那もジャケット着用ですが、いつものようにリュックを背負って。
もちろんこれが正解かどうかはわかりません。
(これは機内に入る時に地上係員の方に撮ってもらった写真です)

以前おしゃれして革靴で飛行機の乗った時に、足がむくんでしまい、降りた時には靴に足が入らなくなってしまったのでした。
その時は無理やり足を突っ込み、泣きながら(?)空港内を歩いたものでした。

長時間飛行機に乗る時は、おしゃれも大切ですが、このようなトラブルも避けなくてはいけませんね。
そのため今回はヒューストンに到着し、スーツケースをピックアップした時にすぐにスニーカーに履き替えました。笑

とはいえ、ファーストクラスのような日常とは違う空間を心地よく過ごすために、少しオシャレしてみるのも良いのではないでしょうか。
旅行がより楽しくなるのではないかと思います。

成田ーヒューストン(NH174)搭乗概要

夢のような体験をしたフライトは以下の通りです。

便名NH174
出発地東京(成田)
到着地ヒューストン
出発時刻10:50発
到着時刻7:45着
所要時間11時間55分
座席番号2D/2G

 

ANA国際線ファーストクラス設定路線と値段

最後にANA国際線でファーストクラスが設定されている路線と正規の値段をご紹介します。

ANAは世界中の多くの都市に直行便を就航していますが、ファーストクラスが設定されている路線は限られており、すべての路線にファーストクラスが設定されているわけではありません。

ファーストクラスがある路線は以下の通りです。(2019年10月現在)

出発地到着地時間価格
成田サンフランシスコ  9時間25分約180万円
 ロサンゼルス10時間00分約180万円
 シカゴ11時間45分約230万円
 ニューヨーク12時間55分約230万円
 ワシントン12時間40分約230万円
 ヒューストン12時間20分約230万円
 ホノルル  7時間35分約150万円
羽田ロサンゼルス10時間00分約180万円
 シカゴ11時間50分約230万円
 ニューヨーク12時間55分約230万円
 ロンドン12時間35分約280万円
 フランクフルト12時間10分約300万円

*価格は往復した場合のものです。

私たちがファーストクラスを利用したのは成田からヒューストンへ行く便(NH174)です。
往復で230万円!!
とても自腹では乗ることなんかできません。。。

本当は以前にも利用したシカゴ、ワシントン、ニューヨークが良かったのですが、すでにこれらの特典航空券の枠はなく、残っていたのがヒューストンのみだったのでした。
それでも特典航空券を確保できただけでもラッキーでした。

ANA国際線特典航空券に必要なマイル数

私たちがファーストクラスに搭乗できたのは、ANAマイルを使い国際線特典航空券を得ることができたためです。

ではファーストクラス搭乗に必要なマイル数はどのくらいなのでしょうか?

下記は私たちが利用したヒューストンを含む北米エリアを往復した場合の必要マイル数です。(2020年2月現在)

 ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
日本⇄北米150,000150,000165,000


私たちが搭乗したのは12月25日でハイシーズン。
さすがに往復ともファーストクラスに搭乗するだけのマイル数はなかったので、復路はビジネスクラスでした。。。

ANAファーストクラスに搭乗してみて

最初で最後であろうファーストクラス。

Zカウンター「ANA SUITE CHECK-IN」に入る時から緊張が始まり、搭乗してからもしばらく経つまで続いていました。それほど普段の生活では体験できない世界でした。

ただ残念だったのは、今回はお昼前に成田を出発するフライトだったため、SUITE LOUNGE に滞在できる時間が短く、また朝はあまりメニューが多くなかった点。

とはいえ、チェックインからラウンジ、そして機内でのサービスは、やはりビジネスクラスとは比較にならないほどの気遣いやおもてなしを感じました。
美味しい食事に快適な空間で過ごすことができ、ヒューストンまでの12時間もあっという間。

再びファーストクラスに搭乗する機会はないとは思いますが、今回のファーストクラス体験は人生の中での良い思い出になりました。

 

タウンライフ バナー

旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」をみてみる>>>

 

関連コンテンツ

 

オススメ記事