ワールドフレーバー機内食の口コミ・レビュー|お取り寄せファーストクラス機内食の実食レポート

ワールドフレーバーの国際線ファーストクラス機内食

飛行機での海外旅行の楽しみといえば、やっぱり機内食。
日常にはない特別感を感じますよね。

そんな非日常をさらにアップグレードしてくれる国際線ファーストクラスの機内食を自宅で楽しめるオンライン販売サービスの「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」。

数多くの外資系航空会社の機内食を手掛けるゲートグルメジャパンの「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」は、実際にファーストクラス機内食を担当するシェフが調理したお料理をお取り寄せできる通販サービスです。

ファーストクラスなんてそう簡単に経験できるものではないので、お取り寄せでその気分を味わえるなんて嬉しいですね。

今回、WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の機内食をお試しさせていただきましたので、この記事ではWRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の実食レポート・口コミをお届けします。

さて、国際線ファーストクラス機内食のお味はいかに?

 

ファーストクラス機内食のシェフが低温真空調理で作る本格的な味

ゲートグルメのケータリングトラック
ゲートグルメは、スイス・チューリッヒに本社を持つ世界最大の機内食会社で、エミレーツ航空やターキッシュエアラインズなど、世界中の20社以上の航空会社に機内食を提供しています。
私たちも空港で何度もゲートグルメのケータリングトラックを見たことがありますよ。

「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」は、ゲートグルメジャパンが2021年1月から始めた国際線ファーストクラスで採用されている機内食メニューのオンライン販売サービスです。

WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の大きな特徴は

  • 実際にファーストクラス機内食を担当するシェフが調理した本格的なメニューをお取り寄せできる

  • 低温真空調理(Sous Vide Cookin)という調理方法を採用


外資系エアラインの機内食を作っているゲートグルメジャパンには、その国々の本場の味を提供するためにいろいろな国のシェフたちがキッチンで腕を振るっているそうです。
そのシェフが調理した洋食・和食・中華などの本格的なメニューを自宅で手軽にいただけるオンライン販売サービスが「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)というわけです。

また低温真空調理(Sous Vide Cooking)は、フランスで開発された「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ第4の調理法と言われています。

食材と調味料を袋に入れ、密封して加熱する調理方法で、これにより食材に含まれる旨味や風味、栄養素の流出を防ぎ、食材の中に閉じ込めることができるのです。

低温真空調理は日本でも広まっていて、自宅でもできるように調理器具も販売されていますよね。

そんな低温真空調理法を使ってファーストクラスシェフが調理するお料理。
期待が膨らみますよね〜。

 

【口コミ・レビュー】スイス郷土料理のローストポークと牛肉の煮込み

今回いただいたのは、

  • ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク

  • スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み

のスイスの郷土料理2種類です。

それぞれ上記のメイン料理だけではなく、付け合わせも一緒にセットになっているので、あとは自分でパンなど主食を用意するだけで完了!

スイス料理なんてチーズフォンデュのイメージしかなかったのですが、調べてみるといろいろな郷土料理があるのですね。

 

ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク

ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク
ベルナー・オーバーラントは、スイスのベルン州の南部にある一帯で、アイガー、ユングフラウなどアルプスの名峰が連なる風光明媚な場所です。

そのベルナー・オーバーラントの郷土料理であるローストポークに使われている豚肉は千葉県香取市のブランド豚「恋する豚」。
「恋する豚」は、環境が美味しい豚を作るというポリシーのもと、エサや育て方などにこだわった豚だそうです。

恋する豚をバジルオイルとハーブでマリネし、低温でじっくり真空調理したローストポークです。

実はハーブの香りはあまり得意ではないのですが、気にすることなく食べることができました。

特に封を開けた時に広がる香がとても良く、これは美味しそう!と予感させてくれました。

ショルダーというと脂肪が少なく、ちょっと固いイメージがありますが、低温真空調理によりしっとり柔らかく調理されていることもあり、固さを感じることはまったくありませんでした。
またクセや臭みがなく、お肉自体の味がよく、とても食べやすかったですよ。

恋する豚を使ったローストポーク


2人前で届けられますが、お肉が大きくてビックリ!

パッケージを見たら480gとありました。
一回では食べきれず、2回にわけていただきました。^^


サイドメニューは2種類。

パスタ シュペッツレは、スイスや南ドイツなどで食べられているショートパスタです。
肉料理の付け合わせとしてよく食べられているそうです。

今回初めて知ったシュペッツレ、日本ではあまり馴染みのない料理かもしれませんね。
麦粉、卵、水、塩をこねた生地を沸騰したお湯に削り落として作るそうです。

パスタだけで食べた時は特に印象はなかったのですが、マッシュルームソースを絡めると格段に美味しくなりますよ!
モチモチの食感も◎

もう一つのサイドメニューはグリーンキャベツ&ベーコンです。

キャベツがベーコンの味を吸っていて、とても美味しくて気に入りました。
ザワークラウトみたいな感じ?(でも酸っぱくはありません)
スイスの家庭料理としてよく食べられているそうです。 

 

ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク(2人前)の内容


ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポークには、以下の食材が含まれています。

  • スイススタイル ポークショルダー(480g)

  • パスタ シュペッツレ(250g)

  • グリーンキャベツ&ベーコン(200g)

  • クリーミーマッシュルームソース(80g)

 

スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み


もう一品のスーラモッカ スイス風牛肉の煮込み(ビーフ ザウアーブラーテン)もスイスの郷土料理です。

ドイツ語のザウアー(酢漬け)と、ブラーテン(焼いたもの)の言葉が示すように、ビーフショートリブの固まりを、赤ワインや香味野菜、香辛料を合わせたマリネ液に数日間漬け込み、両面をローストしてから低温でじっくり16時間真空調理したお料理です。

長時間調理したお肉は柔らかくて、口の中でホロホロと崩れていきます。

また赤身と脂身のバランスが良いのか、脂っぽさは感じません。
赤身が大好きな旦那もまったく気にしていませんでした。

そして赤ワインの香りがしっかりと効いていて、食欲をそそります。

香味野菜やお肉の旨味が溶け込んだデミグラスベースのソースも芳醇な風味でお肉にあっています。

自宅で牛肉の固まりを食べることなんてめったにないので、贅沢に厚めにカットしてみました😀


スーラモッカ スイス風牛肉の煮込みにも2種類のサイドメニューがついています。

赤キャベツブレイズ&栗は、赤キャベツを赤ワインとワインヴィネガーに一晩漬け込み、リンゴ・栗と共に調理した、スイスではよく食べられているメニューだそうです。

最初食べた時にはちょっと酸っぱさが気になったのですが、食べ進めるうちに慣れてきました。
マッシュポテトが甘めなので対照的で良かったのかも。

そのもう一つのサイドメニューのマッシュポテトは、とても滑らかで口当たりが良く、丁寧に作られているのがわかります。
そしてソースとの相性も抜群!


飛行機に乗って海外旅行に行く時、機内食で各国の料理を味わうことも楽しみの一つですよね。
とはいえ、本場の味すぎて口に合わないこともありますが、今回いただいた2つのスイス料理は味付けが日本人好みになっているのかとても食べやすかったです。

 

スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み(2人前)の内容


スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込みには、以下の食材が含まれています。

  • ビーフ ザウアーブラーテン(280g)

  • マッシュポテト(250g)

  • 赤キャベツブレイズ&栗(220g)

  • ブラーテンソース(80g)

 

調理方法(食べ方)と賞味期限は?


商品はそれぞれのメニュー(食材)ごとに真空パックされ、冷蔵の状態で届けられます。


自宅での調理はとても簡単!

すべての食材をそのまま湯煎するだけです。
湯煎する温度も時間もすべて同じなので、ちょっと大きめのお鍋を用意して、そこにすべてを投入!

これだけで簡単にファーストクラスの味を楽しむことができちゃいますよ。

ただし注意する点があります。

湯煎する温度は85度です。
また冷蔵の食材をお湯に入れるため、一時的に温度が下がります。
それを85度に戻し、そのまま15分間キープさせなくてはいけません。

というのも高温度で湯煎し続けると、お肉が硬くなってしまうからだそうです。

私は調理用の温度計を持っていないため、沸騰する手前と思うタイミングを見計らって湯煎しました。
この85度というのが、なかなか難しかったですね。

でも美味しくいただけたので、そんなに神経質にならなくても良いかも。

なお賞味期限は食材の裏側に書いてあります。

ワールドフレーバーのwebサイトには、「商品が届いてから7日くらいの賞味期限になるように発送している」と記載されています。
私たちの場合は、商品到着後から約10日後の日付になっていました。

冷蔵ですが、1週間から10日くらいの賞味期限があると慌てて食べなくても良いので嬉しいですね。

 

国際線ファーストクラス機内食オンライン販売サービス「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」

今回スイス料理をいただきましたが、WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)には他にも西洋料理、和食、中華料理、タイ料理、韓国料理など美味しそうなメニューが揃っています。

さらに料理に合ったワインも選ぶことができます。
シニアソムリエとテイスティングを重ねて厳選したワインですので、お料理がもっと美味しくなりますね。
ワイン好きにはオススメです。

 

WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の国際線ファーストクラス機内食メニューを見てみる icon

WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の韓国料理の実食レポート・口コミを見てみる icon

 

簡単!本格的!普段の食卓がファーストクラスに早変わり!


今回いただいたのはWRLD FLVRS(ワールドフレーバー)の

  • ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク

  • スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み

です。

プロの手で調理されたお料理を自宅で美味しくいただけるなんて、本当に贅沢!

それも湯煎するだけという超簡単さ。
こんな本格的な料理を食卓に出したら、手の込んだ料理を作ったとびっくりされますよ!

次は家族の誕生日や記念日にいただきたいと思います。

ごちそうさまでした 😀

 

 「ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク」と「スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み」の2つセットだとお得になりますよ!
「ベルナー・オーバーラント スイス風ローストポーク」と「スーラ モッカ スイス風牛肉の煮込み」セットを見てみる icon

 

 他の機内食も気になる方はこちらをどうぞ
機内食をお取り寄せしておうちで旅行気分!ANAやJALのオススメ機内食

 

関連記事